[J論] - これを読めばJが見える

論コラム週替わりのテーマについて有識者が物申す!

テーマ早すぎる終幕。準々決勝に散った日本代表の進むべき道とは?

ugkawabatashimizuoosimahojoetonakanofujimotokawajikotanitetsutsuchiyakitakenasanoendomoritanaitowatanabefumofumogotosimozonogelmatsuoikedamaedaandoejimahiranoiwamotohigurashitakinishibesatotakuyoshidasuzukijunkamiyagototaoyamaozawasatomadokatanakayoshikirokukawakatamura55nakakuranonakagunzifujiimatsuojunmaeshimaonakakawanokumamotojronmatsumotoodayunoishiiatsushisatoisaotatsujyuni

博識の党首・大島和人

2015 01/23  23:06

【日本vsUAE超速レビュー】切り替えるしかない敗戦を受け、新しい井戸を掘るときが来た。希望は、足元にある

2015年1月23日、日本代表のアジアカップは終幕を迎えた。早々に先制点を奪われ、一方的に攻め込んで同点としたものの、勝ち越しはならず。1-1からのPK戦の末、アギーレ・ジャパンの挑戦は早すぎるエンディングとなってしまった。果たしてこの敗戦から読み取るべきこととは何か。まずは試合そのものを振り返ってみたい。



▼表出した個のミス
 これぞアジアカップ――。

 日本代表が苦難と逆境を、とことん味わい尽くすのがこの大会だ。しかしアギーレ・ジャパンは試練を乗り越えられなかった。そこが2004年、11年との違いだった。

 キックオフから7分間の攻防が、結果的には試合を左右した。UAEはこの短い時間に3つの決定機をつかんだ。日本DFに大きな脅威を与えたのが俊足アタッカー、マフブード。彼は3分に左サイド、6分に中央とスペースを破って決定機を演出すると、7分にはエリア右に抜け出して右足を一振り。対角ネットを揺らす、鮮やかな先制弾だった。

 この場面を見て気になったのが、やはりCBである吉田麻也の対応だ。彼は並走された相手にあっさり振り切られる場面が多く、1対1になったときの安心感がない。酒井高徳のボールロスト、カバーリングの遅さもピンチを招く要因になっていた。また日本は中盤も、奪われた後の切り替えに鋭さがなかった。

 組織が機能していれば"個"のミスは表出しなかっただろう。誰かを入れ替えれば解決するというほど問題は単純でない。しかし最終ラインの不安感は、ザッケローニ監督時代から続く難題だ。昌子源、植田直通といった若手CBを引き上げる時期が、そろそろ来たのではないだろうか? アジア大会のような短期決戦ならともかく、W杯予選は長く、当然ながらケガやコンディションによる主力の離脱も起こるだろう。となれば、なおさら新しい井戸を掘るべきだ。

 試合運びについても明白な課題があった。中2日の疲れは当然あっただろう。ただ逆に言えば疲れがあるからこそ、相手の出方が分からぬ立ち上がりは慎重に試合を運ぶべきだった。"3つの決定機"は、いずれも単純にDFの枚数が足りていなかった。攻撃で不要なリスクを負わず、中盤でフィルターをかける、一人がミスをしてもカバーするという組織ができていれば、3つの決定機は未然に防げた。慎重さが足りなかった。

 勝負に"たられば"はないが、あの失点さえなければ日本は勝っていただろう。「もったいない」としか言いようのない失点だった。

 一方、UAE目線で見れば、守備の狙いが実にハマっていた。前の4人が縦のパスコースを切り、遠藤保仁、香川真司の"受け"を遮断。日本を減速させつつ外に押し出し、外に入ればサイドMFが一旦引いて前に踏み込む。ボールを外で奪って外で作り、機を見て縦へ一気に出る――。彼らにはそういう攻守の狙いがあったのだろう。この試合に限れば外は安全地帯でなく、UAEが罠を張る危険地帯になっていた。そして日本はそこに誘い込まれていた。

▼これがフットボール
 その後の110分間は、ある意味で必然に近い展開だったと思う。チェイシング、帰陣で"足"を使っていたUAEは、後半20分過ぎから完全に専守防衛モードになった。日本はボール持ち放題、クロス上げ放題という状態になる。ただエリア内に5人、6人と"邪魔"がいる状態で、シュートを決めることは想像以上に難しい。もどかしい場面が続くとリズムが狂い、今度はフリーの場面でも力みが出て、決められなくなる。それがフットボールだ。

 後半の日本は魅入られたようにシュートミスが続く"サッカーあるある"に出てきそうな状況だった。90分間のボール保持率7割近く。シュートも30本超というワンサイドゲームながら、日本は1得点にとどまった。

 UAEはグッドチームだった。各年代の世界大会では既に常連で、2012年のロンドン五輪も3つしかないアジアの代表枠をつかんでいる。とはいえ、試合の内容はどう見ても日本が上だった。あのPK戦を制していれば、04年の準々決勝・ヨルダン戦や、11年の準決勝・韓国戦と同じく、正当化できる120分になっただろう。"これでいい"という気持ちを味わえただろう。

▼希望は足元にある
 この1試合でアギーレ・ジャパンを全否定するのはナンセンスだし、徐々に見えてきたチームの輪郭もある。しかし結果は何より雄弁だ。この敗戦はサポーターや選手の心に傷となって残る。何かを変えなければ気持ちが晴れない。そして"切り替えてもっと上を目指す"ことが、再起のエネルギーになる。一番オーソドックスな方法が、若手の抜擢だろう。

 日本サッカーの育成が間違っているとは、断じて思わない。ヨーロッパの有力リーグでプレーする選手が代表に顔をそろえる現状は、むしろポジティブだ。日本の育成年代が世界大会に出られていないことを悲観する人もいるが、本田圭佑や岡崎慎司の世代は13年前にU-16のアジア予選で惨敗している。香川真司や酒井高徳も、U-19代表で世界を逃した。しかし彼らはその後の活躍により、目先の結果からその将来を否定してはいけないことを証明した。

 その次の世代を見ても、見事な同点弾を決めた柴崎岳のような人材が控えている。G大阪を三冠に導いた宇佐美貴史もいる。アギーレ監督もこの半年で、Jリーグの選手を知る時間があっただろう。希望は、Jリーグという足元にあるはずだ。

大島和人

出生は1976年。出身地は神奈川、三重、和歌山、埼玉と諸説あり。ヴァンフォーレ甲府、FC町田ゼルビアを取材しつつ、最大の好物は育成年代。未知の才能を求めてサッカーはもちろん野球、ラグビー、バスケにも毒牙を伸ばしている。著書は未だにないが、そのうち出すはず。

テーマ: 早すぎる終幕。準々決勝に散った日本代表の進むべき道とは? に関するコラム
J論編集部

J論編集部

博識の党首・大島和人  その他のコラム

投票

納得(6票)

あつ(IP:1.75.229.239)

競争はどんな世界にも必要

2015年1月23日 23:25

すめし(IP:49.96.27.32)

育ってないですね
本来は遠藤なんて呼びたくなかったけど柴崎が不甲斐なかったのもあるでしょうし
宇佐美やもっと下の世代の待望論も沸くでしょうが無理矢理実力のない若手を嵌めてもあまりいいとは思えないです
テストならともかく、奪うのはあくまでも実力で

2015年1月23日 23:51

匿名(IP:1.75.3.90)

若手の抜擢、良いじゃないですか。
遠藤の後釜には柴崎も目処が立ちましたし、同学年の大島も良い競争相手ですしね。
CBに関してもそうですが、やはりGKも替え時ではないかな?と。

そしてこのタイミングで金曜日foot!のゲストが城福浩氏とは…笑

2015年1月24日 00:32

くまお(IP:66.249.82.153)

センターバックの吉田は安定感に欠ける。若手を試してみるべき。

2015年1月24日 05:10

ちゃんぽん(IP:121.110.18.111)

何人も連れて行って結局は鉄板スタメン+交代要員5人だけでサッカーしてた。
日程が詰まってることはわかってたのに予選とかである程度ローテーション出来なかったのだろうか?

2015年1月24日 12:52

AbbeyYSearcy(IP:141.105.85.142)

Thanks for finally talking about >【日本vsUAE超速レビュー】切り替えるしかない敗戦を受け、新しい井戸を掘るときが来た。希望は、足元にある
- [J論] <Loved it!

2015年7月29日 02:09

異論(6票)

たんご(IP:117.55.68.132)

育成に失敗してるでしょ、どうみても。
どの世代も結果残せてないもの。

2015年1月24日 00:56

じゅん(IP:114.145.83.31)

正直Jリーグの試合を見ていても、この選手はすごい!ってのはあまり見当たらない
足元にあるはずだ という願望ではなく、党首さんにはもう少し選手名を挙げてほしかった

2015年1月24日 01:35

(IP:125.54.194.162)

代表は育成の場ではない

そして代表監督が認めた選手が基本先発 そして交代で使われるだけであると

調子の上がらなかった本田に岡崎 全く駄目だった香川 そしてケガをした長友は 誰が監督でも不動のメンバーで 彼らを追いやってスタメンになる選手はいない

そして 大ベテランの遠藤や一度は落とされたキャプテン長谷部も使ってみて実際に接してみたら やはり他の選手と明らかに違う技術の差経験の差 実力差を感じて 先発で使うしかなかったというのが実情でしょう

其れにケガで離脱した形の内田を加えて

これらの選手と他の選手との間には明確な力の差が存在し
そしてこの層の薄さが日本代表の弱点となってると思います

2015年1月25日 21:19

(IP:125.54.194.162)

続きです

ですから 例えば今回の柴崎のように少しでも結果を残して 次は先発で使いたいと思わせていくしかないのです

柿谷や大迫 最近の乾 そしてさっぱりの豊田 そして呼ばれない宇佐美など

また替わりに名前の上がらないDFも含めて

まだまだ スタメンとして代表で活躍するには力不足でしょう

セルジオ越○さんのいうようなメンバーが交代しないことが問題なのではなくて 交代して使いたい選手が育たない 育ってこないことが問題であって それは代表監督のせいではありません


海外に旅立った久保くんや中井くん達の成長を待つしかないのかもしれません

希望としてはJ から活躍出来る選手がでてきてほしいですが

2015年1月25日 21:30

匿名(IP:153.180.65.24)

スケープゴートにする対称がいかにも分かりやすくプロのジャーナリストなのかなと疑問に思う。まずサッカーは点取競技であり決定機で外しまくった日本の10番様や武藤という若手に触れようともしないこの不自然加減。武藤は若いから無罪放免?10番様は大事なスポンサー様が付いてるからですか?、マスコミがエグらなきゃならん部分でこれじゃあ強くならんわな。

2015年1月26日 18:20

CristenKKellebrew(IP:104.227.38.105)

I think that everything said made a lot of sense.

But, what about this? what if you were to write a killer headline?

I ain't suggesting your content is not solid, but suppose you added something to possibly get a person's attention? I mean 【日本vsUAE超速レビュー】切り替えるしかない敗戦を受け、新しい井戸を掘るときが来た。希望は、足元にある - [J論] is a little vanilla.

You might glance at Yahoo's home page and note how
they create article headlines to grab people interested. You might add a related video or a pic or two to
get readers interested about what you've got to say.
In my opinion, it would bring your posts a little bit more interesting.

2015年7月27日 04:03

論 アクセス ランキング

  1. 奇妙な試合に消えた浦和レッズ。その敗北が偶然の産物とは思えない 5580PV
  2. J1【浦和vs松本】松本山雅FC 試合後の選手コメント『体を張るということを90分通してやらないといけない』(田中隼磨)+前田・飯田 5343PV
  3. ハリルホジッチと右翼のフットボール 5280PV

論 最新ニュース