やめられない、止まらない。あなたにとって、フロンターレとは?【Jに魅せられて/川崎フロンターレ編・後編】

近年のJリーグは新規ファン層の開拓に向けて積極的に取り組んでいるものの、満員の観衆で埋まる日本代表の公式戦と比べて、まだまだJリーグの動員力にはさまざまな課題が残っている。新規層に響くJリーグの魅力とは何か。その女性的視点で、女性ファン拡大の取り組みを続けている団体が『Jユニ女子会』だ。J論では定期的なシリーズ企画として、Jユニ女子会のメンバーにインタビューを敢行し、Jリーグの新規ファン層拡大のために、私たちができることを検証していく。第5回は独特な企画力で人気を集めている川崎フロンターレから二人のサポーターが登場する。
(前編「絶賛勢力拡大中。フロサポたちの"合言葉"とは?」)

GNJ_8705.jpg

(写真・左)
みやまぃさん
愛知県名古屋市出身。川崎フロンターレのサポーター歴は7年。イチ押しの選手は新井章太選手、阿部浩之選手。

(写真・右)
いずみさん
神奈川県横浜市出身。攻撃的なパスサッカーと独創的な企画の数々でサポーターを楽しませてくれるフロンターレに魅了されてサポーターに。好きな選手は中村憲剛選手。今年の目標はホーム全試合参戦!

▼"直筆"に惹かれる理由

ーーちなみにいつもどの席で試合を見ているのですか?

みやまぃ 私はバックスタンド1階席の前方・中央あたりです。極力一番前を取りに行きます。試合当日の朝に抽選で決まります。

ーーそれはどんな抽選形式なのですか?

みやまぃ 後援会限定抽選という仕組みがありまして、試合前日の夕方までに抽選申し込みをすると、当日の朝6:30にWebに結果が出ます。でもWebで結果が出るだけではダメで、抽選結果の順番で並ぶためには朝7時までに等々力に行かなければなりません。でも6:30に結果が出て、7時には等々力に行こうと思うと、とりあえず抽選の結果は見ずに家を出なければいけません。等々力に行く途中で「今日は1500番か」といったように結果が出るのですが、その抽選番号を持っていて、かつ等々力に7時に間に合った人だけが後援会抽選の先行入場の資格を手にすることができます。その後ろに後援会の会員ではない人や抽選を申し込まなかった人たち、そして一般の人が並ぶ形式になっています。

いずみ 中にはそのために等々力の近くに引っ越してくる人もいますよね。

みやまぃ 昔は多くても最高で700番ぐらいだったのが、最近は浦和戦などの目玉試合は1500番ぐらいまでいく。

ーーもしかしたら、あえて盛り上げるためにそういう状況を作っているのかもしれませんね......。

みやまぃ そのほかの後援会の特典はファン感に参加できる権利やポイントを貯めるとグッズをもらえたり、抽選クジを引くこともできます。

いずみ あとは試合後のウイニングハイタッチとか、『中西哲生シート』もありますよ。

みやまぃ 中西さんの解説付きの席です。

いずみ 中西哲生さんの解説を聞きながら、試合を見られる席がありまして、それも抽選で選ばれるのですが、倍率がめちゃくちゃ高いんです。

みやまぃ あとは例えば後援会の更新特典でうれしいことは、年内に翌年の更新をすると、フロンターレから年賀状が届くんです。また翌年になってしまっても、更新したときに選手手書きのお礼の手紙も届きます。

いずみ ランダムに一人の選手から直筆のサイン入りの手紙が届くのですが、「後援会を更新してくれてありがとうございました。昨シーズンはこんな年でした」というメッセージが書いてあるんです。外国籍選手はカタカナで直筆のサインをしてくれます。

みやまぃ 今年、私はエドゥアルド選手から来たのですが、衝撃でした。「エドウ」と書いてあった(笑)。その時期は「私、大島僚太選手でした」みたいにtwitterで画像が出回ります。

いずみ 私は三好(康児)選手でしたが、自分が推している選手ではなくても、直筆だと送られてきた選手を応援したくなります。

みやまぃ 感情移入しやすいよね。


GNJ_8682.jpg

▼"初心者"に優しい企画の数々

ーーそのほかに何か面白かった企画や取り組みはありますか?

みやまぃ ファン感(ファン感謝デー)ですね。家族を巻き込みがちなファン感(笑)。

ーー家族を巻き込みがち?

みやまぃ 選手の実家であるイチゴ農家が、ファン感でイチゴスイーツを売るとか、昔(鄭)大世選手がいた頃は"大世ママ"がファン感に来て、料理を振る舞う屋台をやるとか......。

いずみ そのほかにはサッカーとは関係のない企画ですが、クラブOBの伊藤宏樹さんが『那須どうぶつ王国』をツアーするという企画。

みやまぃ 那須どうぶつ王国から豚やアルパカをホームゲームに連れてくることもあります。アルパカはキックインで花束贈呈をしたときにピッチを食べてしまって、それからピッチ立ち入り禁止になったり、亀がのらりくらりと花束贈呈をするなど、異色の企画も多いです。バックアップ度合いがすごいです。

ーーそのように"フロンターレ初心者"をサッカーとは関係のないことで呼び込むのが上手ですね。

みやまぃ 「"鉄オタ"を等々力に集結させろ!」みたいな、鉄道会社さんとのコラボレーションもありましたね。バスや電車を等々力の公園内に持ち込み、記念写真を撮れるイベントをやったり、鉄道の廃材の部品販売なんてこともありました。ビックリするぐらいの望遠カメラを持っている人が等々力に来たり、あまり等々力にいなさそうな人たちが集まるんです。あとは女子向けの企画も面白いかな。

いずみ 昨年あった女子力MAXの企画『Are You LADY!』DAYとか。

みやまぃ 選手が執事のような格好をして、その等身大のパネルの前で記念撮影をする企画でした。

いずみ 少女漫画とのコラボ企画でしたが、執事の格好をした選手のパネルや関連写真・グッズなどが販売されて、もう飛ぶように売れました。普段は見られないような選手の一面が見られて面白かったです。

▼精神安定剤と活力

ーーお二人がJユニ女子会に入ったきっかけは何でしたか?

みやまぃ twitterやFacebookを見ていたら、Jユニ女子会の活動がタイムラインに流れてきて、最初は「そういうことをやっているんだ」ぐらいでした。私の場合は先ほどもお話したとおり、両親が熱狂的なフロンターレサポーターでウチが住んでいるマンションが50世帯のうち、5世帯が熱狂的なフロンターレサポーターでよく集まっています。

でも家族ぐるみの付き合いはあったものの、同世代の友人や観戦仲間がいなかったので、タイムラインの画像を見ると、かなりの数でフロンターレのサポーターがいるなと、それでポチっと登録ボタンを押しました。ただJユニ女子会の全体のイベントにはまだ行ったことがなく、昨年の夏に開催された鹿島とフロンターレサポーターのコラボイベントには参加したことがあります。

いずみ そのイベントはJユニ女子会の中でも最大勢力を誇る"シカ子"とのイベントで中目黒で開催されました。Jユニ女子会のメンバーでも、もちろん座って試合が見たい派もいますが、いつもGゾーン(応援中心エリア)で跳ねていますといった熱狂的なサポーターも一定数います。

女子はサッカーが好きと言うと、「どうせ顔でしょ」と言われることが結構多いのですが、純粋にプレーを見ることは楽しいですし、先ほどのみやまぃさんの話にもあったように、声を出してストレスを発散できるような熱いものが見られます。「顔でしょ」と言われても、実際にプレーしている選手はたしかにかっこいいと思いますが、顔には着目していません。

純粋にサッカーが好きな子たちが多くて、そういった方々と話しているのはすごく楽しいです。他チームに移籍した選手がその移籍先のメンバーの方から「元気でやっているよ」という言葉を聞くこともありますし、年末年始の移籍が決まった時期には「よろしくお願いします」とか、「いただきます」とかそういうやり取りもあります。

みやまぃ (大久保)嘉人選手がFC東京へ行ったときには「嘉人選手をお願いします」といったやり取りをしたよね。

いずみ 好きなことがあると、もっと知りたいとか追求したい、探求したいという欲が出てくると思います。その中で自分よりも詳しい方がいると、その方から得られる情報もありますし、それこそ私みたいな新参者はすごくファン歴の長い方に「こうこうこういう時代でこの選手はこうだった」といった細かい情報を聞けます。このJユニ女子会はすごく貴重だなと思います。

ーー何かクラブに対してリクエストなどはありますか?

いずみ 特にリクエストはありません。いつもいろいろな企画で楽しませていただていますし、サッカーを見に行くだけではなく、プラスαのことで楽しませていただいています。このフロンターレというクラブに出会えたことに本当に感謝しています。

みやまぃ 私は一生フロサポです。

ーーそれでは最後に「あなたにとって川崎フロンターレとは」?

みやまぃ リポDのほうが良いんだろうけど、"精神安定剤"。ただボロ負けをしたときなどは"精神不安定剤"になるときもあります。そういうときはフテ寝、ヤケ酒。ときには勝っても、ですけど(笑)。でもなんだかんだ言っても、"精神安定剤"です。毎日見るものにフロンターレがないと嫌だなと思って、家の鍵の頭にはカブが付いています(笑)。

いずみ 私は頑張る活力です。月曜日から試合まであと何日と、カウントしています。だから月曜日は一番憂鬱。ミッドウィークにACLがあるとカウトダウンが早くなります。仕事でも卓上カレンダーやファイル、ペンなど会社の机が結構水色で、かなり影響されています(笑)。

RANKING

タグマ! RANKING

    RECOMMEND

      Facebook