ハレ舞台としての選手権。リーグ戦文化が育った現代だからこそ持つ意味とは?

93回目を迎える伝統行事、高校サッカー選手権大会が12月30日より首都圏で開催される。今週の『J論』では、高校サッカーを取材してきた6人の筆者が、それぞれ少し視線と論点を変えながら「高校サッカーの風景」を描いていく。二番目に登場する博識の党首・大島和人は、ちょっと大きな視点から「現代の選手権」を語る。リーグ戦文化が広がりつつある今だからこそ見えてきた選手権の価値とはなんだろうか?

RANKING

タグマ! RANKING

    RECOMMEND

      Facebook