【Jリーグ】Jリーググローバルアンバサダーにジーコ氏・ブッフバルト氏ら4名が就任!「私にとってJリーグは本当に大切なもの。(ジーコ)」「Jリーグの魅力を世界に伝えない手はない(ブッフバルト)」

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、タグマ!に掲載されている記事を全文掲載いたします。


【ニュース】Jリーググローバルアンバサダーにジーコ氏・ブッフバルト氏ら4名が就任!「私にとってJリーグは本当に大切なもの。(ジーコ)」「Jリーグの魅力を世界に伝えない手はない(ブッフバルト)」『Jウォッチャー ~日本サッカー深読みマガジン~』

6月27日、Jリーグはジーコ氏、ギド・ブッフバルト氏、ドゥンガ氏、洪明甫氏のJリーググローバルアンバサダー就任を発表。発表会見には元鹿島の選手・監督として活躍したジーコ氏と浦和で選手・監督として活躍したギド・ブッフバルト氏が登場した。


このJリーググローバルアンバサダーは、海外での影響力のるレジェンドとの継続的な関係性を再構築することで、Jリーグのすばらしさや価値を世界へPRするほか、かつて所属していたクラブでレジェンドと地域とのつながりを再構築することを目的としている。


発表会見に登壇した村井満Jリーグチェアマンは「アンバサダーとしては国際マッチにご招待して我々を支えていただき、現在150か国にJリーグが配信されていますが、Jリーグの現状をメッセージとして発信していただくお手伝いをしていただきたい。グローバル化を進めていくJリーグの橋渡し役としてご活躍していただければと思っています」と期待を込めて語った。
また同アンバサダーとして登場したジーコ氏は「私にとってJリーグは本当に大切なものです。私にできることがあれば何でも遠慮なくおっしゃってください」と抱負を述べると、ギド・ブッフバルト氏も「今回、この話を聞いた時、すぐに何とかお手伝いしたいと思いました。Jリーグの国際化を早くやってほしいと思っていました。Jリーグの魅力を世界に伝えない手はないと思います」と意気込みを語りました。


同アンバサダーに就任した4名は、Jリーグの広報活動の支援業務のほか、Jリーグを世界に紹介するスポークスマン、また元所属クラブとの活動や社会貢献活動へ参加・協力する予定となっている。

フォトセッションで笑顔を見せるブッフバルト氏とジーコ氏。フォトセッション後のトークコーナーでは、Jリーグや日本サッカーに対し、お互いに熱い思いを語った。

※会見の様子などの詳細は後日お届けする予定です。

*****
『Jウォッチャー ~日本サッカー深読みマガジン~』」のオススメ記事


3期連続赤字のFC琉球について「全体の営業収益の金額と比べると赤字額が大きく、なかなか油断できない状況ですので、引き続き経営努力を求めたい(Jリーグ・青影氏)」2018年度クラブ経営情報開示先行発表(5)


【ニュース】2019年6回目のJリーグの理事会を開催。「Jリーグの2030年ビジョン、それから中期の事業計画について議論しました(村井チェアマン)」

banner_soccerpack_640-300.jpg

RANKING

タグマ! RANKING

    RECOMMEND

      Facebook