【FC東京】東京、無敗の広島に3-1勝利!首位まで2ゲーム差に迫る【J1第10節第1報/広島撃破記念特別無料記事】

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、タグマ!に掲載されているJリーグクラブ記事を全文掲載いたします。


東京、無敗の広島に3-1勝利!首位まで2ゲーム差に迫る【J1第10節第1報/広島撃破記念特別無料記事】トーキョーワッショイ!プレミアム

4月25日、FC東京は味の素スタジアムに首位のサンフレッチェ広島を迎えてJ1第10節に臨み、3-1の勝利を収めた。試合開始前には9離れていた勝点差は6に縮まり、独走の広島に"待った"をかけた。

○東京、優勝戦線へ
チャン ヒョンスを丸山祐市に替えた以外は前節と同様の東京。試合開始直後からチャンスを重ね、前半3分、髙萩洋次郎のスルーパスに対して走り込んだディエゴ オリヴェイラが足を引っかけられ、PKをゲット。前半5分にディエゴ自身が広島ゴールキーパー林卓人の動きをよく見てゆっくりと蹴り、右に流し入れて東京が先制した。
前半9分には東慶悟のインターセプトからディエゴがペナルティボックス内でチャンスを迎えるが、あえて広島の林を食いつかせ、より可能性の高い永井謙佑へマイナスのパス。これを永井が冷静に決め、東京は点差を2に拡げた。
ファーストハーフの45分間は、より圧の高い東京が広島につけいる隙を与えず、その後も前半25分の室屋成のクロスなどのチャンスをつくり、2-0のままハーフタイムに入った。
後半6分には髙萩のスルーパスに飛び出したディエゴが巧みなシュートをゴールの遠いサイドに突き刺し、スコアは3-0に。このまま試合が終わるかと思われたが、相手もさるもの、首位の意地を見せる。稲垣祥が途中投入からわずか2分後の後半15分、こぼれ球を叩く3次攻撃のシュートを勢いよく蹴り入れ、広島が1点を返した。しかしその後は東京が得点を許さず、2点差を保ったまま試合終了。東京は重要な一戦で首位を下し、優勝戦線に加わる権利を得た。

○勝因を語る長谷川健太監督
前節までは1失点以上していなかった広島が連続失点。記者会見を終えたあと囲み取材に臨んだ広島の城福浩監督は「年間を通じてアベレージを高く持ちたいということで言うと、そこは見直さないといけない」と、自分たちに厳しかった。事故での失点があったとしても、それを1で抑え、90分間通じていく試合運びが広島の身上。そのいつものサッカーができなかった。
させなかったのは東京だ。試合後、長谷川健太監督に「広島があまり前から来ないで、いわゆる"セット"してくる感じになるのは予想していたのか」と訊ねると、肯定する答えが返ってきた。
「メンバーを見るとそういう顔ぶれ。川辺(駿)とティーラシンを使ってきたので、引っかけてカウンターを狙うのだろうなと思っていました。(それに対して)ウチはウチらしく行くしかないので。初めから全開で行けたことがよかったのだと思います。(ずばり勝因?)そうですね。立ち上がりに2点獲ることができて前半を無失点に抑えて。広島が後半にギアを上げて、というのはわかっていましたけれども、1点に抑えられたのはよかったと思っています」
記者会見でも似たような意味の言葉があった。序盤に点を獲って広島を焦らせようという狙いがあったのか──と問われた長谷川監督は「まずそんなプランを持っても、かんたんにはできない(笑)。そんなプランはいっさいないです」と言い、会見場の笑いを誘った。
「われわれはすべてを出しきって挑んでいくしかないと思っていましたので、あまり駆け引きをせずせず、試合に集中して入ったことがよかったと思っています。広島は勝点差もありますし、三連戦を見据えた選手起用をしてきたのだと思いますが、東京の場合は一戦一戦、ベストのメンバーで、ということで戦い、ここまで来ています。きょうも駆け引きすることなく始めから飛ばして、終盤に疲れるのは致し方ないと思って見ていましたが、最後はよく粘ってくれたと思っています」
開幕から無心でハードワークをつづけているうちに、いつの間にか首位が見えてきた。しかし東京イレヴンに油断はない。守護神の林彰洋も「全然まだまだですね。ひとつでも緩めば、崖のように崩れていきますし。昨年もことしの頭もそういう状況を味わっているので、緩みなくやりたいと思います」と、気を引き締めた。青赤軍団はひたすら己の向上のみを求めて、次の試合のための準備をつづける。

*****
トーキョーワッショイ!プレミアム」のオススメ記事


青赤と紫のエクスタシー。"名将"城福浩を"三冠"長谷川健太が迎え撃つ【J1第10節Preview/無料記事】

東京、暑熱と強風に苦しみながらも清水に勝って2位浮上! 【J1第9節第1報】

RANKING

タグマ! RANKING

    RECOMMEND

      Facebook