G大阪大逆転優勝にまたも見えた「逃げ切れぬ日本人」という弱み

12月6日、2014年のJ1リーグは最後の一戦を終え、ガンバ大阪の優勝、大宮アルディージャの降格という結末をもって閉幕した。今週のJ論ではそんなJ1リーグを振り返りつつ、現状のJリーグをあらためて見つめ直す。来季からは2ステージ制が採用され、短期決戦の要素を強めるJ1リーグ。それだけに1シーズン制のラストイヤーで見えてきたものはあるはずだ。続いては大ベテラン・後藤健生が、今年あらためて見えた「日本の弱点」を指摘する。

RANKING

タグマ! RANKING

    RECOMMEND

      Facebook