【浦和】本人も「まさかの」センターバックにコンバート!森脇良太が新たな挑戦に挑む

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、タグマ!に掲載されているJリーグクラブ記事を全文掲載いたします。


無料記事:本人も「まさかの」センターバックにコンバート!森脇良太が新たな挑戦に挑む浦レポ by 浦和フットボール通信

(Report by 河合貴子)

32歳にして新境地なるか

「32歳にしてコンバート!まさかのね」と照れ笑いしたのは、森脇良太選手であった。

キャンプに入る前から、センターバックを任されていたのだ。もちろん、キャンプ初日の磐田戦でもセンターバックであった。

「自分のポジションの幅を広げるというか・・・。今までに見たことのない景色が、自分にとって良い刺激になっている。さらに、自分がレベルアップするために右サイドバック、右のストッパー、右ウイングに戻った時に、この経験が生きてくる」とポジティブに考えていた。

そして「でも、このまま戻らずにセンターバックであと1~2年ぐらい。センターバックで活躍するかもしれない。しっかりとプレーの幅を広げていきたい」と話した。

森脇選手にとってみれば、センターバックは馴染みのないポジションである。それでも、右サイドバックの平川忠亮選手がボール保持者にプレスをかけにいくと、素早くサイドへとスライドしてスペースを消す。逆サイドの場合もゴール前へとスライドして、中を閉める。さらに、ボランチとDFの間に出たボールに対しても、縦にプレスをしつこくかける森脇選手がいた。そして、DFラインを統率するように「苦しいけど上げよう」とか、「柴戸!そこしっかり!」とボランチの柴戸海選手へと声をかける。

「やっぱり、センターバックに入ると真ん中を空けたくないし、ラインの上げ下げ、リーダーをとっていかないといけない。味方に、声をかけることを一番意識している。ただ、センターバックをやってまだ間もない。ケガから復帰してからだからね。

合宿に入る1週間前の練習ぐらいから。自分でもチームを助ける動きというよりも、どうやってセンターバックのやり方を吸収していこうか・・・。考えながらやっている段階なので、手が回らない状況だ。それでも、リーダーシップをとっていきたい。

平さん(平川選手)を絞らすのか、ある程度幅を取らせるのか、あとセンターバック2人の距離感、ボランチとの間はどうなのか、注意深くプレーしている」と試行錯誤しながらであったが、リーダーシップをとってDFラインをコントロールしていく思いがあった。

しかし「難しいんだよね~」と厳しい表情をして「平さんがプレスに行った時に、どこまでカバーにいくのか、相手が下りたところ(退き気味になった)に対して、どこまで付いていくのか・・・。センターバックをずっとやってきて、ある程度の要領が分かっている選手だと、このぐらいで大丈夫っていうのがあると思う。でも、今の自分にはそこまでない」とセンターバックの要領をつかむまでには、まだ時間が必要であった。

センターバックを試行錯誤している森脇選手だが、ストッパーの時に見せる正確なビルドアップの武器をセンターバックでも生かすことができるだろう。

そして森脇選手の良いところは、プレスを掛けろと言われたら、とことん相手が嫌がるぐらいしつこくいくところである。さらに、自分のプレースタイルに固執しないで素直に監督の要求に応えようと努力できるところだ。プレーの幅を広げる絶好のチャンスと、ポジティブに考えられるところも森脇選手ならではだ。32歳にして、真逆のコンバート!森脇選手の新たな挑戦があった。

*****
浦レポ by 浦和フットボール通信」のオススメ記事


「静岡キャンプ4日目に挑んだ男たち」写真ギャラリー<50枚>

選手たちが予想するワールドカップロシア大会の優勝国予想と注目選手【こぼれ話】

RANKING

タグマ! RANKING

    RECOMMEND

      Facebook