【町田】福井光輝「コーチングスタッフやベンチメンバーも含めて、全員でつかんだ勝利だった」【東京ヴェルディ戦/選手コメント】

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、タグマ!に掲載されているJリーグクラブ記事を全文掲載いたします。


【★無料公開】福井光輝「コーチングスタッフやベンチメンバーも含めて、全員でつかんだ勝利だった」【東京ヴェルディ戦/選手コメント】町田日和

■明治安田生命J2リーグ第12節・5月3日(木・祝)14:00キックオフ
味の素スタジアム/6,505人
東京ヴェルディ 1-4 FC町田ゼルビア
【得点者】東京V/14分 林陵平 町田/17分 吉濱遼平、48分 森村昂太、58分 吉濱遼平、88分 中島裕希

【マッチサマリー】

相馬直樹監督が体調不良によりチームの指揮を執れず、代わりに村主博正ヘッドコーチが采配を振るうなど、試合前から"不測の事態"が起きた町田だったが、その逆境をはねのけ、4-1で東京ヴェルディとの『東京クラシック』を制した。

14分に畠中槙之輔の縦パスを出発点として、林陵平に復帰後初ゴールを奪われた町田は、失点直後の17分、森村昂太のロングフィードから中島裕希を経由し、吉濱遼平が冷静に同点弾を決めた。「すぐに追いつけたことは大きかった」と吉濱。失点直後の同点劇で落ち着きを取り戻した町田が、相手の背後を徹底的に突く形で主導権を掌握し、ハーフタイムを迎えた。

後半は開始直後に畠中のパスミスから最後は森村が左足で逆転弾を奪うと、選手交代で変化をつけてきた東京Vに対して、効果的な攻めを許さない。2-1で迎えた58分には奥山政幸からグラウンダーのパスを受けた吉濱が巧みなワンタッチで冷静にシュートを流し込める状況を作り出し、3点目を決めた。

そして終盤の88分には鈴木孝司が畠中をブチ抜き、中島によるチーム4点目をアシスト。「われわれを上回っていた彼らの勝利を祝福したいと思います」と敵将のロティーナ監督が語るほど、町田は敵地でライバル相手に会心の勝利を奪った。

GNJ_1038.jpg

■福井光輝
ーー試合を振り返って、まずは勝利の喜びから聞かせてください。
「初出場でチームが勝つことができて、すごくうれしいです。コーチングスタッフやベンチメンバーも含めて全員でつかんだ勝利だったと思います」

ーーどのタイミングぐらいから先発で出られるチャンスがあると思っていたのでしょうか?
「GKコーチの方から今週の練習から『チャンスが近づいてきているぞ』という話はされていました。ただそれを言われたからではなく、自分は常に準備をしていました。コーチングスタッフからセットプレーの練習で先に入るようにと言われて、その流れの中での先発出場でした」

ーーどんなプレーをしようと心がけたいたのですか?
「無失点にこだわってゴールマウスに立ちました。最終ラインの選手もカバーして助けてくれましたし、1失点はしましたが、それで堪えられたことは良かったです。無失点であれば負けることはないので、それは常に思っています」

ーーファーストプレーはいかがでしたか?
「風があったことで、最初のプレーでバウンドが読めずに、後ろにボールが行ってしまうプレーがありましたが、試合の入りからピッチ状況を読んで準備をすることの大切さを再認識しました。でも、先輩たちが試合が終わったあとに『お前は焦っている様子には見えなかったけど、顔が焦っていたぞ』とイジってくれました。実はそこで焦ると、相手に隙を与えてしまうので、冷静を装っていたんです」

*****
町田日和」のオススメ記事

吉濱遼平/意識改革の裏に隠された秘話【東京ヴェルディ戦/コラム】

中島裕希「今日の勝利は危機感がある中でチームのみんながその責任を果たした結果」+鈴木孝司、藤井航大【東京ヴェルディ戦/選手コメント】

RANKING

タグマ! RANKING

    RECOMMEND

      Facebook