【Jリーグ】ACLでのJクラブ3チーム敗退について「力不足と言わざるを得ない、今の現状の力量を痛感している。この戦いはまだまだ続きますので、しっかり分析した上で次につなげていきたい(村井チェアマン)」

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、タグマ!に掲載されているJリーグクラブ記事を全文掲載いたします。


【無料】ACLでのJクラブ3チーム敗退について「力不足と言わざるを得ない、今の現状の力量を痛感している。この戦いはまだまだ続きますので、しっかり分析した上で次につなげていきたい(村井チェアマン)」『Jウォッチャー ~日本サッカー深読みマガジン~』

4月24日、JFAハウスにて4月のJリーグの理事会が行われた。理事会後に記者会見が行われた。

会見の中で、村井満チェアマンは「ACLではグループステージでJクラブが3チーム敗退するということで、非常に残念な結果となりました。今後は鹿島に期待を託して頑張っていただくことになりますが、力不足と言わざるを得ない、今の力量を痛感しています。この戦いはまだまだ続きますので、しっかり分析した上で次につなげていきたい」と悔しさをにじませながらコメントした。

また本日、2018JリーグYBC ルヴァンカップにおける競技ルールの変更も発表された。

■対象試合
・プレーオフステージ第2 戦
・ノックアウトステージ各回戦の第2 戦
・決勝

■変更内容(交代要員の数)
・変更前
最大3名までの交代を行うことができる。
・変更後
最大3名までの交代を行うことができる。
ただし、試合が延長戦に入った場合、4人目の交代を行うことができる。
※これは、サッカーのルールを決定する国際サッカー評議会(IFAB)の年次総会において、競技規則に追加することが決定されたことに伴い、導入することとなった。

その他、本日Jリーグから決議事項・報告事項がリリースされています。
詳細はこちら

※会見でのコメントは後日掲載する予定です。


*****
『Jウォッチャー ~日本サッカー深読みマガジン~』」のオススメ記事


「(理事会メンバーの)全体像が非常に大事だと思います。一人のパーソンで何かできることは限りがあります。この18人が一体となってチームにならなければうまくいかない(村井チェアマン)」~Jリーグ社員総会後の記者会見より(3)~

為末理事「『スポーツのために何ができるか』ではなく、『スポーツを使って社会に何ができるか』」藤沢理事「『忖度をしない』理事の一人としてお役に立てたら」~Jリーグ社員総会後の記者会見より(2)~

RANKING

タグマ! RANKING

    RECOMMEND

      Facebook