【水戸】「みんなファン感謝デーに『アツマーレ』!選手らが700人のサポーターとミニゲームや綱引きで対決!」

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、タグマ!に掲載されているJリーグクラブ記事を全文掲載いたします。


【HHレポート】「みんなファン感謝デーに『アツマーレ』!選手らが700人のサポーターとミニゲームや綱引きで対決!」(2018/2/13)※無料記事デイリーホーリーホック

【写真 米村優子】

新加入選手の一発芸やトークショーも大盛況!

シーズン前恒例のファン感謝デーが1月28日、城里町小勝の城里町七会町民センター「アツマーレ」で開かれ、選手らと約700人のサポーターがミニゲームや綱引きでの対決を楽しみながら、交流を深めました。

【写真 米村優子】

【写真 米村優子】

沼田邦郎社長、長谷部茂利新監督が挨拶した後、ほとんどの新加入選手が自己紹介をしながらお馴染みの一発芸を披露。ユニークなギャグで会場を沸かせると、いよいよミニゲームやトークショーがスタート!
選手とサポーターが混合チームとなって競う玉入れ、チーム全員で輪からはみ出ないようにドリブルする「選手と輪になれ!」で対決をしたり、「何がでるかな?選手トークショー!」では選手の意外な一面が明かされたりと、各ブースは大盛り上がり。
最後はちびっ子サポーター対選手の綱引き大会へ。本気で勝利を狙ってくる子供達に対し、選手も一丸となって挑み、会場の熱気はヒートアップ!
互いの健闘を称え合い、大歓声の中、約2時間の楽しい交流が終了しました。

【写真 米村優子】

細川淳矢新キャプテンがサポーターへ熱いメッセージ

今季の新キャプテンは細川淳矢選手が就任。
その最初の挨拶では、サポーターへ向けて熱いメッセージが伝えられました。
「僕はキャプテンということで、ちょっとドキドキして上の空でした。恋をした感じのようなひとときでした。何を言い出したんでしょうかね?笑いを取ろうとしたんですけれども...。皆さん、こんな僕ですがよろしくお願いします!」と細川選手らしい"掴み"で、会場は大爆笑!
それから仕切り直し、「今回、(冨田)大介さんが帰ってきて、水戸が小さなクラブだった頃を知っている人が増えて、このチームは本当に強くなるだろうと思っています。昔は試合の観客が200人ぐらいしかいなかった時代もあったそうです。今は観客が4000人、5000人と増えていっている。これまで歴史を築いてくれた方々、ファンの皆さま、クラブスタッフの皆さま、練習場を提供してくれた城里町の方々に本当お世話になって、少しずつ大きくなっているんだなと感じます。僕らはこれから一万人、二万人と観客を呼ぶための歴史の一つとして、今年戦いたいと思います。ファンの皆さんの力次第でこれからも大きくなっていけるんじゃないかと思いますし、その力に負けないよう、選手一人ひとり自覚を持って戦いたいと思います。皆さんと一緒にビッグクラブにしていきたい。皆さんに心から応援したいと思ってもらえるチームにしたいと思います。今年一年、本当に宜しくお願いします!」と真剣な表情で呼び掛けました。

【写真 米村優子】

新キャプテンの言葉に胸が熱くなった方、チーム、クラブとの「一体感」を感じた方も多いのではないでしょうか?
沖縄から水戸へ戻って来た選手らは、このアツマーレで15日からトレーニングを開始。「一新」へ向けて、全員で全力疾走します!

【写真 米村優子】

(米村優子)

*****
デイリーホーリーホック」のオススメ記事

【練習レポート】2月12日練習試合FC琉球戦 「またしても『ミス』と『セットプレー』で失点重ねる。課題克服できず、危機感を抱いてキャンプを終える」(2018/2/12)

【コメント】練習試合FC琉球戦後 長谷部茂利監督「悔しいけど、これが現在の自分たちの実力だと受け止めたい」(2018/2/12)

RANKING

タグマ! RANKING

    RECOMMEND

      Facebook