【大宮】江坂任 - 大宮のエースとして背負ったもの(前編)【選手レビュー2017】

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、タグマ!に掲載されているJリーグクラブ記事を全文掲載いたします。


★無料記事:江坂任 - 大宮のエースとして背負ったもの(前編)【選手レビュー2017】OmiyaVision


■ジレンマを抱えた序盤戦

今季の大宮における"エース"と呼ばれる存在が江坂任だったということに、異論はないだろう。敬愛していた家長昭博が去り、副キャプテンにも就任。結果も含めてチームを牽引するべき立場であることは、自身も開幕前から重々承知していた。

「ポジション的にも前の選手で副キャプテンなのは自分だけなので、そういう意味では前を引っ張りたいと思います。期待も込めてのことだと思うので、その期待に応えられるように攻撃を引っ張りたいし、得点・アシストの部分で結果を出したいなと思います」

今季のチームが歩む道としてイメージとしていたのは、昨季終盤戦に家長が不在でも見せていた戦い。全体がコンパクトさを保ち、素早い守備から勢いのある攻撃を繰り出す――。自身がトップの位置に入ることで率先して体現し、新たな色を浸透させるべくプレシーズンから奮闘した。

その意欲は開幕戦・川崎F戦、第2節・FC東京戦の好内容に表れた一方、チームは無得点で敗戦。ポジションは前に移ったものの、増加したタスクによってゴール前で勝負する回数を増やせず、初得点は第7節・清水戦まで待たなければならなかった。

チームの意識がゴールに向きにくくなったことを感じつつ、「自分はしっかりゴールを狙いたい」とも常々口にしていたが、攻撃の多くを担って忙殺される中、意欲とは裏腹にゴールから遠ざかるジレンマを抱えることになった。

●後編へ続く


*****
OmiyaVision」のオススメ記事


江坂任 - 大宮のエースとして背負ったもの(後編)【選手レビュー2017】

★無料記事:熊本から嶋田慎太郎の完全移籍加入が決定【チームニュース】



RANKING

タグマ! RANKING

    RECOMMEND

      Facebook