【大宮】横谷繁「ゴール前ではシュートチャンスを逃さず、意識を高く持っていられれば」【練習コメント】

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、タグマ!に掲載されているJリーグクラブ記事を全文掲載いたします。


★無料記事:横谷繁「ゴール前ではシュートチャンスを逃さず、意識を高く持っていられれば」【練習コメント】OmiyaVision

2列目での先発出場が続く横谷繁。前々節・横浜FM戦での得点が記憶に新しいが、より得点を奪っていくためにさまざまな面での向上を誓っている

■横谷 繁
――C大阪と中3日での再戦となるが?
「前線には非常に良い選手、個で打開できる選手が多いので、チームとしてしっかり守れたらいいなと思います。個でもやられないことは大事ですけど、やられたときにも周りがどれだけ反応できるかも大事です。それを90分間続けていくこと。あとはやはり点を取らなければ勝点3は取れないので、どういう守備をしてくるかは分からないですけど、今週練習しているコンビネーションとか、ゴール前ではシュートチャンスを逃さず、意識を高く持っていられればと思います。それによって空いてきたほかの選手も使いながら、攻めていけたらなとは思っています」

――コンビネーションのイメージは対C大阪も含めて?
「毎回ですけど、守備の時間が少し長くなるのかなと思います。カウンターもありますけど、やはりマイボールになったときにどれだけボールを動かして、怖い位置で受けてスルーパスやシュートというイメージがあります。その回数を増やせればいいですけど、回数が少ない中でもチャンスを決め切るというイメージを持たなければいけないかなと思っています」

――C大阪は中央を閉めてくる印象だが?
「僕個人としてはどれだけイーニョ(奥井)を生かせるかだと思いますし、どんどん生かしていきたいと思います。マルセロ(・トスカーノ)が持ったときにはサイドチェンジのボールが来ると思うので、僕とイーニョのオフ・ザ・ボールの動きでどちらかがフリーになったりしながら、そこから右サイドからのクロスで点を取るとか、そういうイメージを持ちながら。オフ・ザ・ボールの動きで少し相手を惑わしたりできたらなと思います」

――横浜FM戦の得点のようにワイドな展開を使いたい?
「僕個人としてはマルセロからのボールでもバイタルで受けたいんですけど、今シーズンはなかなかそういう形のパスが来ないので、それなら割り切って自分が囮になってフリーランをして、イーニョにボールが渡るとか。少し我慢じゃないですけど、そこから自分のイメージに持っていけるような感じにしたいとは考えています。それプラス、マルセロの特徴を生かしながら、それを怖さにできるチームにしてあげたいなと思いますし、そこからの前線への人数の掛け方をより意識高くできれば、得点が生まれるんじゃないかなと思っています」

――人数の掛け方はまだ物足りない?
「そうですね。ボランチの選手がどれだけ1.5列目のFWを追い越して攻撃ができるのか、ワンツーで割って入っていったり、縦パスや斜めのパスを前線の選手に出せるかというところは、すごくカギかなと思います。いまは受ける側になっているので、もっともっと要求していきたいと思っています」

――残り4試合となっての思いは?
「負けたら終わりだと思っていますし、本当に全勝しないといけないと思っている中で、ここ3試合は引き分けてしまっている。どうにかして勝たなければいけないですし、そういう思いをピッチで表現して、結果が付いてくればいい」

――立ち上がりから勢い良く入りたい?
「やはり相手は得点能力が高いですし、無失点に抑えるのは正直難しいのかなとも思っています。なので攻撃陣は先に1点を取って、追加点も取れるようなゲームプランで入れたらいいなと、そういうゲームができればいいなと思います」



マルセロ・トスカーノ「スペースをしっかり有効に使えば、われわれも多くのチャンスが作れる」【練習コメント】


瀬川祐輔-迷いなく突き進むアグレッシブの体現者【コラム/PlayerVision】

RANKING

タグマ! RANKING

    RECOMMEND

      Facebook