京都橘、土のグラウンドに見えた風と温度と男の背中

93回目を迎える伝統行事、高校サッカー選手権大会が12月30日より首都圏で開催される。今週の『J論』では、高校サッカーを取材してきた6人の筆者が、それぞれ少し視線と論点を変えながら「高校サッカーの風景」を描いていく。まず始めに登場するのは、古都の奇人・森田将義。2年連続して国立のピッチに立った京都橘高校を取材で訪れた彼は、そこにどんな景色を観たのだろうか。

RANKING

タグマ! RANKING

    RECOMMEND

      Facebook