[J論] - これを読めばJが見える

論コラム週替わりのテーマについて有識者が物申す!

テーマACL開幕!! 「アジアで勝てない時代」におけるJリーグ勢の第一歩

ugkawabatashimizuoosimahojoetonakanofujimotokawajikotanitetsutsuchiyakitakenasanoendomoritanaitowatanabefumofumogotosimozonogelmatsuoikedamaedaandoejimahiranoiwamotohigurashitakinishibesatotakuyoshidasuzukijunkamiyagototaoyamaozawasatomadokatanakayoshikirokukawakatamura55nakakuranonakagunzifujiimatsuojunmaeshimaonakakawanokumamotojronmatsumotoodayunoishiiatsushisatoisaotatsujyuni

川端暁彦

2015 02/24  11:53

「アジアで勝てない時代」で、Jリーグが勝ちに行くということ

2月24、25日からAFCチャンピオンズリーグが開幕する。2008年にガンバ大阪がこのタイトルを奪取して以降、Jリーグ勢は低迷を余儀なくされている。起死回生を期して望む今季、Jリーグ勢に戴冠のチャンスはあるだろうか。あらためて、ACLにおけるJリーグの現在地を考えてみた。

▼追う立場から追われる立場へ
「アジアで勝てない時代になった」

 特に昨年から、人によってはもう少し以前から、そんな言葉がサッカー関係者の間で交わされるようになった。

 日本のU-16、U-19、U-21、そしてA代表がアジアの公式戦において、いずれも「アジアのベスト8」にて敗退。負け方も、負けた相手もそれぞれ違うのだが、それはかえってアジア全体に対する日本サッカーの地力が相対的に低下していることを印象付けてしまった。

 その傾向はナショナルチームだけのものではない。

 アジア各国のリーグ上位チームやカップ戦覇者が集うAFCチャンピオンズリーグ。AFC(アジアサッカー連盟)の主催するアジアナンバーワンクラブを決めるこの大会でも、Jリーグ勢は苦戦を余儀なくされている。

 2002年に始まったこの大会においては、2007年に浦和レッズが、翌08年にガンバ大阪が優勝を飾っているのだが、今やこの2大会は例外的なケースとして記憶されつつある。09年以降の6大会で、日本のチームが4強に残ったのはわずかに2回。昨年は8強に残ったチームすら一つもなかったが、これも特段に例外的なケースではない。なにせ、09年以降の6大会中3大会は、8強に1チームも勝ち残っていないのだ。

 列強に追い付け!追い越せ!と走ってきた日本サッカー界だが、その列強との距離感が縮まらなくなってきた一方で、いつの間にか「アジアからの追撃」を受ける立場となった。その姿は日本という国そのものの現在地とも重なるものがある。

▼勝てなくなった理由
 Jリーグ勢がアジアで勝てなくなった理由は、いくつかある。まずは単純にJリーグの資金力が相対的に落ちてしまったことが挙げられるだろう。Jリーグのメインスポンサーは自動車や電機など、かつての日本の花形輸出産業がほとんどを占めている。その凋落の余波は、当然ながらJクラブの懐事情に影響を及ぼし、強力な外国人助っ人の「購入」、あるいは「維持」などにマイナスの作用を及ぼした。

 日本の最もメジャーな「助っ人生産国」だったブラジルの経済発展も、こうした現象を加速させている。国内リーグのサラリーが高騰したことは、Jクラブにとってある種の難しさを生んだ。思えば、07年の浦和にしても、08年のG大阪にしても、強力無比なブラジル代表に準じるクラスの選手を抱えていた。だが、そうしたトッププレーヤーはもはや、「高くて買えない」存在になっている。その一方で、若い選手たちの「海外進出」は目覚ましく、Jリーグ各クラブの「戦力」が全体に落ち気味なのは否めない。

 そして、近年はオイルマネーを持つ湾岸諸国に加え、中国がその経済発展を背景に、かつての日本のように世界クラスの助っ人選手を集めてアジアのタイトルを獲りに来ている。また東南アジア勢も着実に力をつけてきた。今大会の出場権を懸けたプレーオフで、タイのチョンブリFCがアウェイの不利をものともせずに柏レイソルを土俵際まで追い詰めた姿は、新時代の予兆とも言える光景だった。

▼今季こそ......
 だが、「そんな時代」になっているからこそ、Jリーグはこのタイトルを獲りに行く。

 かつてのようにスペシャルな助っ人の力に頼ることは、もはやできない。アジアのクラブシーンのクオリティは確実にワンランク上がっている。だが、絶対に勝てないような差が生まれてしまったわけでもない。広大なアジア特有の難しさは当然あるが、その克服のためのノウハウもJクラブは蓄積してきている。

 今季、Jリーグによるアジアタイトル奪還へ挑むのは、柏レイソル、ガンバ大阪、浦和レッズ、鹿島アントラーズの4チーム。それぞれがそれぞれの方法論で、このタイトル奪取へ邁進してくれることを期待したいし、その可能性がないとも思わない。

「アジアで勝てない時代」に終止符を打つ。願いと覚悟を込めたJリーグの戦いは、2月24日からアジア各地で幕を上げる。


川端暁彦(かわばた あきひこ)

1979年、大分県生まれ。2002年から育成年代を 中心とした取材活動を始め、2004年10月に創刊したサッカー専門新聞『エル・ゴラッソ』の創刊事業に参画し、2010年からは3年にわたって編集長を 務めた。2013年8月からフリーランスとしての活動を再開。古巣の『エル・ゴ ラッソ』を始め、『スポーツナビ』『サッカーキング』『月刊ローソンチケット』『フットボールチャンネル』『サッカーマガジンZONE』 『Footballista』などに寄稿。近著『Jの新人』(東邦出版)。

テーマ: ACL開幕!! 「アジアで勝てない時代」におけるJリーグ勢の第一歩 に関するコラム
J論編集部

J論編集部

川端暁彦  その他のコラム

投票

納得(1票)

匿名(IP:223.25.160.22)

勝てないのは勝てないのでしょうが、勝つメリットが余りにも無さ過ぎると思います。
逆に聞きたい。
ACLで日本勢は勝たなければいけないの?

2015年2月28日 14:31

異論(2票)

匿名(IP:36.54.196.246)

その前にACLという大会が、勝つ価値があるのか、と思います。

日本代表と違って各クラブは民間企業です。
ナショナリズムをベースに、勝てない事を責められ、勝てと言われるのはお門違いです。

Jのクラブにとっては多大な犠牲を払って優勝してもたったの2億円ぽっち、これが全て。
欧州CLはグループリーグ出場しただけで11億円確定、1勝1分1敗のボーナスで約2億ですよ。

皆さん会社にお勤めの方が多いと思いますけど、100%全てが上手く行っても赤字が確定してるビジネスに予算がつきますか?

2015年2月27日 19:32

 苦情欄を作るべき(IP:210.198.230.153)

  ・「注目サッカーニュース」
   【速報】JリーガーがTwitterでセフレに
   叩かれる:暇つぶしニュース
   【悲報】サンフレッチェ広島・宮原和也選手、
   セフレに晒される 「ヤリチン」「早漏」
   「彼女は小浜絵里花」「奈落の底に落ちて」
   【悲報】イケメンJリーガー・宮原和也メンヘラ
   セフレちゃんに暴露されるw
   【Jリーグ天王山】ヤットさんが浦和の選手を
   怒らせて知らんぷりするも、ネットは知らんぷりしなかった!
   【動画】大久保のカズダンス!
以上、貴サイト「注目サッカーニュース」項目の引用終わり

こんなものまで掲載して管理は全くしない、それで編集長だなんて聞いてあきれる。
それとも、これを読めばJが見えるとでも思ってるのでしょうか。
アナタに編集長は務まらないのは明白な訳だし、別の方にお願いしては如何でしょう。
こんな杜撰なサイトで、ゴミ記者の売文を垂れ流されてもJリーグの足を引っ張る事にしかならない、そう映ります。

2015年5月 2日 23:59

論 アクセス ランキング

  1. 奇妙な試合に消えた浦和レッズ。その敗北が偶然の産物とは思えない 5580PV
  2. J1【浦和vs松本】松本山雅FC 試合後の選手コメント『体を張るということを90分通してやらないといけない』(田中隼磨)+前田・飯田 5343PV
  3. ハリルホジッチと右翼のフットボール 5280PV

論 最新ニュース