北朝鮮戦は「内容どおりの正当な結果」。されど、遠藤航と武藤雄樹は確かな収穫だ

国内組で臨んでいる東アジアカップが、2日の北朝鮮戦から開幕した。海外組が不在の中、新戦力の発掘にはもってこいの大会で、"ハリル・ジャパン"はいかなる足跡を残すのか。今回の特集では北朝鮮、韓国、中国という東アジア列強国との各試合を識者が独自の視点で斬る。第1回は1-2の逆転負けを喫した北朝鮮戦に大ベテランジャーナリスト・後藤健生が迫った。

RANKING

タグマ! RANKING

    RECOMMEND

      Facebook