[J論] - これを読めばJが見える

論コラム週替わりのテーマについて有識者が物申す!

テーマ先発? 戦術? 記者会見? 私は新生日本代表の初陣でこの一点を注視する

ugkawabatashimizuoosimahojoetonakanofujimotokawajikotanitetsutsuchiyakitakenasanoendomoritanaitowatanabefumofumogotosimozonogelmatsuoikedamaedaandoejimahiranoiwamotohigurashitakinishibesatotakuyoshidasuzukijunkamiyagototaoyamaozawasatomadokatanakayoshikirokukawakatamura55nakakuranonakagunzifujiimatsuojunmaeshimaonakakawanokumamotojronmatsumotoodayunoishiiatsushisatoisaotatsujyuni

サッカーメディアのマエストロ・西部謙司

2015 04/02  08:15

ハリルホジッチと右翼のフットボール

3月27、31日とハリルホジッチ監督が就任してから初の国際Aマッチが実施される。招集されたメンバーは新顔を多数含む大所帯。『J論』では、「先発? 戦術? 記者会見? 私は新生日本代表の初陣でこの一点を注視する」と題して、あらためてこのシリーズにフォーカスする。ジャーナリストの西部謙司はハリルホジッチ監督の姿に故事を思う。曰く、「フットボールは二つに分類できる」と――。



▼つかみはOK
 ブラジルW杯とアジアカップで溜まったフラストレーションを解消するような連勝だった。ハリルホジッチ監督は最初の2試合で選手、メディア、ファンの気持ちをガッチリとつかんだに違いない。

 固定化したメンバー、ボールは持てるけど点が入らない煮え切らないゲーム展開、球際の弱さ......。それらを一新してみせた。バックアップも含めた異例の代表選手大量指名、しかしほぼ全員使い切り、対アジアと対W杯の2通りの戦術を試した。新戦力も旧戦力もそれなりの活躍をみせた。誰もが気になっていた部分にメスを入れ、ちゃんと結果も出してくれたので、大変スッキリした気持ちになれたわけだ。

 ただ、最初がこれだけ上手くいってしまうと続きが心配になってくる。

▼戦術的なテスト自体は不発
 チュニジア戦の3トップは永井謙佑、川又堅碁、武藤嘉紀のスピードスターを並べた。ウズベキスタン戦は本田圭佑、岡崎慎司、乾貴士のアジアカップ組が先発。チュニジア戦はW杯を想定した堅守速攻型、ウズベキスタン戦をアジア用のポゼッション型とみることができる。

 アジアとW杯、その間のギャップが大きいので、試合の半分以上を占める対アジアでの戦い方がそのままW杯への強化につながらない。日本の抱えている構造的な悩みだ。日本がボールを持つ時間が長い試合と、逆に相手に持たれる時間が長い試合、それぞれに対応できるチームであればそれが一番いい。

 ただ、どんな局面になっても強いチームというのは世界中探してもほぼない。昨季の欧州CLで優勝したレアル・マドリーはそれに近かったが今季はそうでもなくなっている。プランAに最適化したチームをプランBにも最適化させるのは、とてつもなく高いハードルなのだ。

 しかも、チュニジア戦もウズベキスタン戦も、それぞれの戦術に合ったメンバーを組みながら前半はどちらもあまり上手くいっていない。チュニジアを"強豪"と想定してみたものの実際にはさほど強豪でもなく、後半は疲労して前に出てこなくなった。

 日本がボールを支配する展開になったので、本田、香川、岡崎、宇佐美貴史を投入してリズムを変えて勝っている。ウズベキスタン戦は後半に水本を入れ、相手を引っ張り出してカタをつけた。

▼軸足をどちらに置くか
 堅守速攻とポゼッション、それぞれに最適化したメンバーでプレーすればそれなりに機能するとしても、公式戦で代えられるのは3人までだ。負傷を考えると、2人の交代でプランAをBに変更できなければならない。

 例えば、堅守速攻型でスタートしても、相手が先制して引いてしまえばカウンターのためのスペースはなくなる。ディフェンスラインの背後は20メートルしかない。そのときにはプランBを発動しなければならないが、それを2人の交代でやれるかどうか。また、首尾良く逆転に成功して再びプランAに戻したいときに残り1人の交代でそれができるか どうか。

 そもそもプランAとBを同等のレベルでやるのはまず不可能なのだから、どちらかに軸足を置かなければならない。

▼右翼のフットボール
「右翼のフットボールと左翼のフットボールがある」

 一生、左派にとどまると言った政治思想的にも左の人であるメノッティの言葉だ。アルゼンチンに初の世界一をもたらした名将による"右"の説明はこうなる。

「右翼のフットボールは『人生は闘いだ』と思い込ませる。そして犠牲を求める。我々は鉄にならなければいけない。勝つためにあらゆる方法が用いられる」

 ちなみにアルゼンチンサッカーにおける右翼の代表格はカルロス・ビラルドで、メノッティ派vsビラルド派は今でもときどき話題になっている。簡単に答えは出ないサッカーの神学論争だ。

 ハリルホジッチ監督は、メノッティ基準に当てはめれば相当に右寄りになる。というより、世界のサッカー自体がすっかり右寄りなのだ。メノッティは「大衆のためのフットボール」を掲げていたが、肝心の大衆が勝利以外に価値を見いだせなくなっている。問題にされるのは描かれた絵の美しさよりも、それがいくらで売れるかだ。

 ハリルホジッチ監督は「ビクトワール」をてっぺんに掲げて勝利至上主義を明言している。ドイツとイタリアに挟まれながら、どうやって強豪を倒そうかと機略をめぐらすのを常としていた旧ユーゴスラビア人にとって、勝つためにあらゆる方法を用いることこそが彼らのアートだ。

 整然としたゾーンの張り方、球際の強さ、相手のライン裏のスペースが20メートルになる前に仕掛けること・・最初の2戦で強調されていたことをつなぎ合わせると、90年代のヨーロッパを支配した「右翼のフットボール」そのものといっていい。

 これから負けられないアジアの戦いが続くことを考えると、ボール支配を前提とする従来路線の継承が無難そうだが、はたして新監督がそれで満足するかどうか。アジアカップ敗退が物語るように、日本は依然としてアジアの強豪ではあるが、以前ほどの優位性はなくなっている。少なくとも「自分たちのサッカー」という生ぬるいことを言い出すタイプではない。アイデンティティの追求に興味はないと思う。生きるか死ぬかの闘いの場で、やはり"右足"にウエイトをかけるのではないか。

 仮定の話で恐縮だが、香川・本田・岡崎の美しい連係に「日本」を見出しているファンにとっては、これから全く違うものを見せられるフランストレーションが待っているかもしれない。逆に、これまで見過ごしていた新しい可能性に期待するファンも現れるだろう。ハリルホジッチ監督は勝利のためには、「鉄」になって何かを踏みにじることも躊躇しないと思う。勝てば許されると知っているからだ。

"フィリップ・トルシエ"の免疫を持っている人々には目新しい事象ではないとはいえ、もう15年以上前なので知らない人も忘れている人もいる。老練な監督なのでスマートにやり切ってしまうかもしれないが、日本版メノッティズモvsビラルディズモをここらでもう1回やっておくのも悪くないかもしれない。

西部謙司(にしべけんじ)

1962年9月27日、東京都生まれ。「戦術リストランテⅢ」(ソル・メディア)、
「サッカーで大事なことは、すべてゲームの中にある2」(出版芸術社)が発売中。ジェフユナイテッド千葉のマッチレポートや選手インタビューを中心としたWEBマガジン「犬の生活」を展開中。http://www.targma.jp/nishibemag/

テーマ: 先発? 戦術? 記者会見? 私は新生日本代表の初陣でこの一点を注視する に関するコラム
J論編集部

J論編集部

サッカーメディアのマエストロ・西部謙司  その他のコラム

投票

納得(4票)

 運動バカの演説にウヨクもサヨクもない(IP:221.119.203.52)

たとえば、蹴球記者の中には大昔から、ドイツの体育大学を出たというだけで、外交文書や外交史を全く読んでいないのに卒然と”地政学”を持出して意味の解らないサッカー談義をぶちかましたり、また門外漢どころか、人文書や西欧キリスト教文化・儒教文化全般に渡る基礎的な知識も一切なく、社会・文明史に関する概要すら知らない、それであるにも関わらず「狩猟民族と農耕民族のゴールへの意識づけ、その違いとは」と出鱈目の比較ブンカ(体育会系限定)論をやって指導者として思考停止している人までいる。
従って、そういう類いの雑文は何もこの筆者に限った話ではない。
つまり新約・旧約聖書を一度も読んだ事がなくとも”神学論争”と書く事はできる。また大卒の基礎教養として、たとえば経済思想から近代法、あるいは哲学の要件となる哲学書を体系的に読んだ事がなくとも左翼・右翼を持出す事はできる。だが、書いている本人も解っていない事で大仰な措辞、修辞を弄ぶことは無意味である――あるいは「ろくな本は読んでいないのがハッキリ手に取れる」、そういう見本として至極立派な感想文だと思う。
さておき、一般的にサッカー記事は学もないのにプライドだけ高い雑文が多すぎる。これでは(報道と言う点での)ジャーナリズムとして到底通用しない。こんな勿体つけただけで無学を晒すばかりのスポーツ記者では、まともな成人の知的興味を引く議論は困難だろう。人材の在り方として大いに再考を要する停滞、そして十年一日と映るが…

2015年4月 2日 19:38

匿名(IP:36.2.143.116)

運動バカの演説にウヨクもサヨクもないさん、のコメントにすごく納得しました。

2015年4月 2日 22:52

匿名(IP:118.155.119.85)

運動バカの演説にウヨクもサヨクもないの粘着質なコメントが気持ち悪くて寒気がする。

あと偉そうなこと言っている割には中身が無いし、接続詞の使い方がおかしい。

2015年4月 3日 03:55

名無しのリーク(IP:85.248.227.163)

香川県ルー餃子のフジフーヅはバイトにパワハラの末指切断の重傷を負わせた犯罪企業

2016年5月27日 15:03

異論(3票)

匿名(IP:46.193.0.184)

もう左右の単純な二項対立はやめましょう。21世紀ですよ。
右であれ左であれ、どちらかに妙な幻想を持たせた言説にはうんざりします。
この素朴な二項対立は「実質2人の交代枠なので堅守速攻orポゼッションの二項対立しかない」という着想と繋がっているんでしょうが、でも実際はそうじゃないですよね?旧ユーゴはBrazilians of Europeでもあったわけですから。同じ選手が時間帯や試合展開に応じて戦い方を変えられる、そのためのオプションを増やす、それができる選手を作る探す、これが日本の目指している方向性じゃないんでしょうか。大衆のサッカーファンのほうがぼんやりながらもそうやって現実的に理解していると思いますが。

2015年4月 3日 11:53

匿名(IP:153.224.96.97)

かつて中日の落合GMが監督だった時、「勝利こそが最大のファンサービス」。と言い切った。
その後、落合はセリーグを2連覇しながらフロントから契約の更新を見送られた。
なぜ中日のフロントが落合と契約を更新しなかったのかは明らかにはされていないが、当時のフロントが勝利よりも他の何かを優先し結論を導き出したのは明白だ。
しかしながら、落合が去った後の中日から勝利よりも優先した何かを感じ取ることは恐らく誰もできなかった。
ザッケローニ体制の日本代表はポゼッション重視、攻撃重視でW杯まで一貫して戦った。勝利という概念よりも自分たちのサッカーという哲学を貫き、そして、惨敗した。
日本の国民が「勝利」よりも「自分たちのサッカー」を求めていたのであろうか。
「自分たちのサッカー」は「勝利」よりも優先されるモノであったのだろうか。
その答えは「勝利」にこだわる、ハリルホッジ体制の日本が導き出してくれるだろう。
今の日本代表に求められているものは左か右かの議論ではなく、「勝利」を探求する監督下の日本代表から何を感じ取ることができるのかをじっくり確認していくことが重要なのではないだろうか。

2015年4月 3日 12:54

匿名(IP:126.255.218.209)

なんだこれ?

2015年4月20日 10:19

論 アクセス ランキング

  1. 奇妙な試合に消えた浦和レッズ。その敗北が偶然の産物とは思えない 5580PV
  2. J1【浦和vs松本】松本山雅FC 試合後の選手コメント『体を張るということを90分通してやらないといけない』(田中隼磨)+前田・飯田 5343PV
  3. ハリルホジッチと右翼のフットボール 5280PV

論 最新ニュース