疑惑の時点で詰んでいた。この空虚な結論は未来への新たなリスクを生む

ハビエル・アギーレ監督が解任された。アジアカップの早期敗退を巡る引責ではなく、あくまで「八百長疑惑」による日本代表チームへの悪影響を懸念しての交代だった。果たしてこの決断はどう見るべきなのか。今週の『J論』では複数の識者があらためてこの問題に切り込む。まずは大島和人によるオブジェクション。解任という判断の根っ子を思う。

RANKING

タグマ! RANKING

    RECOMMEND

      Facebook