[J論] - これを読めばJが見える

論コラム週替わりのテーマについて有識者が物申す!

テーマ敗退。コロンビア戦を受けて、日本サッカーが考えるべきこと

ugkawabatashimizuoosimahojoetonakanofujimotokawajikotanitetsutsuchiyakitakenasanoendomoritanaitowatanabefumofumogotosimozonogelmatsuoikedamaedaandoejimahiranoiwamotohigurashitakinishibesatotakuyoshidasuzukijunkamiyagototaoyamaozawasatomadokatanakayoshikirokukawakatamura55nakakuranonakagunzifujiimatsuojunmaeshimaonakakawanokumamotojronmatsumotoodayunoatsushi

川端暁彦

2014 06/26  16:58

夢を笑い、挑戦を腐す国に未来などあるものか。四年後も、その先も、日本代表は大志を抱け

3戦を終えて、1分2敗。勝利の美酒に一度も酔うことのないまま、日本代表はブラジルの地を去ることとなった。この結末を受けて、何を考えるべきか。週替わりに複数の論者が一つのテーマを語り合う『J論』では、「敗退。コロンビア戦を受けて、日本サッカーが考えるべきこと」と題して、この問いについて議論したい。今回はJ論編集長・川端暁彦が、敗戦後に覚えた違和感について語る。大志、忘れるべからず。


▼出る杭を打つ精神性に思う
 一夜明けて、予定調和のような戦犯捜しが始まるのかと思ったが、どうやらこの国の大手メディアはたった一人の選手にすべてをかぶせる方針のようだ。

 単にプレーについての批評ならばいいだろう。実際、賛否が分かれるであろうパフォーマンスだった。しかし、「彼だけ」が悪かったのでないことは明らかだったとも思う。言ってしまえば、質の低いプレーをしてしまった選手はほかにいた。同時に彼が勝利のために一所懸命に戦っていたことに関しては、およそ疑う余地のないものだったとも思うのだが、これも見え方の違いだろうか。

 厳しさはあっていいと思うのだが、これは厳しさなどではなくて酷薄さではないか。強い言葉を放ってきた「生意気な若造」をやり込めるチャンスが来たとばかりに叩きまくる、出る杭を打ち込む快感に酔いしれる様には違和感しか覚えない。

 大きな夢を抱き、高い理想を掲げ、飽くなき挑戦をしてきた若者に対して、「ざまあみろ!」「だから言ったことじゃない」とばかりに冷笑と嘲罵を浴びせかけるのが、この国の老人たちの態度なのかと思うと、怒りを通り越して悲しみすら覚える。この流れから日本人が得る経験は、「普通が一番」「無難が一番」「失敗の可能性がある挑戦はしないほうがいい」「目標は達成できそうな低めのものを設定しておこう」「夢は語らないでおこう」という結論なのだろうか。「生意気な若僧を成敗してやった」と溜飲を下げている人たちは、一体この国の未来に何を望んでいるのか。

 次回大会に臨む日本代表選手たちがもしも「いや、ベスト16が精一杯の目標ですね」「前回は0勝だったので1勝できればいいんじゃないですか」「目標は特にありません」とか言い出したら、この人たちは満足なのだろうか。出る杭を打つのは気持ちいいのだろうけれど、その杭は日本の支柱になるかもしれないというのに。

▼成功の母を忘れるな
 本田圭佑が「優勝」を公言したときは正直に言って驚いた。長友佑都が同調してさらに驚いたけれど、前回大会で「ベスト4」という敗北を前提にした目標を掲げた経験を踏まえてのものだと察し、理解することはできた。「選手は優勝できるなどと自分の実力を勘違いしていた」という評論もあるけれど、勘違いしているのは評しているほうだろう。欧州の舞台で常に戦ってきて、実際に優勝候補筆頭のブラジルには大敗した彼らが、その「優勝できると自分の実力を勘違い」などできるはずもない。極めて厳しい目標設定だと分かった上で、それでもなお掲げた言葉が「優勝」だった。そこに込められた志について、私は今でも好ましいものだと思っている。

 今回の日本代表は最終的に失敗した。それは紛れもない事実だ。ただ、夢を抱き、挑戦をしたこと自体を、チャレンジした精神性自体を攻撃するのは、未来の可能性を摘み取るだけだ。

 私は4年後の日本代表にも、8年後の日本代表にも、36年後の日本代表にも、大きな夢を語ってほしいと思うし、それに挑戦してほしいと思っている。そして同時に、そうやっていくら失敗を重ねてもなお継続するくらいでなければ夢なんてかなうはずがないとも確信している。夢も語れないヤツが、挑戦する前からあきらめているようなヤツが、強くなれるはずがないのだ。

 この大会で本田の夢はかなわなかった。日本代表は負けた。その事実は率直に受け止めるべきだし、敗因の検証もなされるべきだろう。ただ、「本田個人が大きな夢を掲げたこと自体は間違いでなかった」とは言っておきたい。

 若者の夢を嘲り、挑戦を腐す国に未来などあるものか。次回大会に本田の名前があるかは分からないが、高く掲げた夢と志は、継承されていくと信じている。夢と挑戦は、成功の母である。



川端暁彦(かわばた あきひこ)

1979年、大分県生まれ。2002年から育成年代を 中心とした取材活動を始め、2004年10月に創刊したサッカー専門新聞『エル・ゴラッソ』の創刊事業に参画し、2010年からは3年にわたって編集長を 務めた。2013年8月からフリーランスとしての活動を再開。古巣の『エル・ゴ ラッソ』を始め、『スポーツナビ』『サッカーキング』『月刊ローソンチケット』『フットボールチャンネル』『サッカーマガジンZONE』 『Footballista』などに寄稿。近著『Jの新人』(東邦出版)。

テーマ: 敗退。コロンビア戦を受けて、日本サッカーが考えるべきこと に関するコラム
J論編集部

J論編集部

川端暁彦  その他のコラム

投票

納得(20票)

匿名(IP:114.17.186.20)

サッカーについて論ずる方も4年後に向けてブラッシュアップしていこう。

2014年6月26日 19:33

匿名(IP:210.20.104.141)

こういう時こそ・・・

2014年6月26日 21:38

匿名(IP:119.106.101.241)

古来から続く日本の悪しき文化に
この流れの機会に矛を突き付けたことを強く評価する

2014年6月26日 21:39

匿名(IP:153.194.60.39)

本番直前の試合で2G(PK1とはいえ)した本田を、結果を出しても賞賛せず、「不調、いらない」等言ってたメディアが、挑戦が失敗に終わったら真っ先に本田だけを叩くのはどう考えてもにフェアじゃないと思う。
メディアとしての役割を果たそうとしてるのではなく、記者個人の好き嫌いでメディアの力を使って特定個人を攻撃してるようにしか見えない。

それと、そもそも優勝宣言を初めにしたのは4年前の本田だが、それに追随する形で香川長友遠藤(他にもいるかも)も優勝宣言をしてるんだよね。
この3人に対して優勝宣言の批判をちゃんとしないのは、ものすごく失礼な事だと思う。
批判されないってことは、みそっかす扱いしてるのと一緒だから。

2014年6月26日 21:59

匿名(IP:182.171.122.119)

この記事はほっとしました。
メディアの中でこういうふうに思ってくれる人もいるんだと。
本田長友香川達は欧州のなかに身を置いて想像絶する自分との戦いをしている。
そんな彼らがW杯優勝がどれだけ難しいか実際わかってるよ。
それでもチームを鼓舞して引っ張ろうと必死だった。
そんなサッカーに人生をかけた若者を讃えるべき。
酷いねメディアは。人間の恥。
他の選手は良かったの?シュートを外しまくった選手は?
あれらのシュートが入ってれば違ってたかも
皮肉にも1G1Aと結果出したのは本田。
生意気な若者とここぞとばかりに卑劣な言葉を並べる
それを世に出して同調する人も増えるよ。マヒするしね。
これが日本の現実。
他の国に比べて無難がいい、皆と一緒、の考えだよね日本人って!
出る杭は打たれるみたいな風潮はメディアにも充分責任はある。
活字で書く以上覚悟して発信すべき。

2014年6月26日 22:47

匿名(IP:114.151.24.205)

本田よりパフォーマンスの悪い選手はいくらでも居たし、1G1Aの本田より結果を出せた選手はいない。優勝を目標に掲げていたのだって本田だけではない。エースも、本田ひとりではない。

それでも本田だけが叩かれるのは、「派手で生意気な若者に見える」からとしか思えない。

そもそもチームへの批判ではなくて、本田個人への批判なのが全てを物語ってる。要するに「出る杭打たれてざまーみろ」って言いたいだけなんだろう。レベルの低さにうんざりするね。

2014年6月26日 22:51

匿名(IP:118.8.25.31)

ライターという”マスコミ”側の立場から、こういった意見を表明するのは勇気のいることだと思います

「井の中の蛙だった」「世界を舐めていた」といった意見がメディア各種では飛び交っていますが
本田圭佑以上に「世界のレベル」を知っている日本人が何人いるのか

同世代の主力の中でいち早く海外へ進出し、7年間、チャンピオンズリーグという本気の舞台でレアルマドリードやバイエルンと戦い
前回のワールドカップも経験した選手にたいしそのような論理を振り回すのは、まさしく感情論であり、暴論といえるのではないか

影響力云々の話を抜きにしても(実際のところ私は、メディアの報道が世間に与える影響は小さくないと思っているが)
これが”報道”としてまかり通っていることが残念だし悔しいです

2014年6月26日 23:21

匿名(IP:121.117.134.153)

素晴らしい記事を書いてもらって本当に感謝です。
溜飲が下がるとともに、なぜか涙が出てきました。

本田にはぜひ是非頑張って欲しい
本田のコロンビア戦後のコメントなどを見ていると本当に切なくなる

努力が報われないときもある
しかし人一倍ストイックに努力してきたその行動は、いつか必ず報われるときがくるはず。報われて欲しい・・・

サッカー選手でこれほど社会的な影響力を与えられている選手は珍しい
カズも素晴らしいが、また違ったスタイルで、知らず知らずのうちに大きな影響を与えている

これからも不器用ながらも、ぜひ頑張って、子どもたち、日本国民に夢の大切さを説き続け、スター選手としての重荷を背負いながらも、明るい未来を指し示し続けて欲しい
がんばれ本田!!!

2014年6月26日 23:43

匿名(IP:60.238.23.54)

至極ごもっともだと思います。優勝を口に出した中で結果を出した本田のみが叩かれて、なぜ他の選手は触れられないのか
この構図は外から見ていても色々と考えてしまいますね。あいにく私は部外者なので、推察に留めておきますが

メディアに疑義を抱くことはそれこそサッカーのみではないのですが、特にサッカー。とりわけ代表に関して、メディアの負の部分が凝縮されてしまっている現在の状況は実に悲しいですね
振り返ればサッカーを取り巻く環境は、この20年何も変わっていないのかもしれませんね

2014年6月26日 23:45

匿名(IP:218.110.71.188)

「中二病」なんて言葉が流行るのが日本です。
レベルアップが必要なのは外野のメディアだけではなく評論家も一緒。

2014年6月27日 00:22

匿名(IP:114.69.102.127)

成功を信じないで競争することに何の意味があるんだ
大マスコミには何の期待もしていないが、せめてネットでは建設的な意見を交わしたいものです

2014年6月27日 00:23

匿名(IP:180.2.233.151)

サッカーはチームスポーツです。であるのに、個人に依存したり、個人に責任を責任を擦り付けるのは、このスポーツの本質を理解していないのだと思います。国家の代表チームなのですから、それを取り巻く環境すべてに何らかの要因はあるはずで、その環境にはマスコミ自身も含まれているはずです。まず、マスコミは自身の報道姿勢を反省し、それも公の場で述べるべきではないでしょうか。その上で選手や監督の評価もすれば良い。スポーツに携わる報道者として、誰かの責任にして、自身に非が無いかのような報道は、報道ではない。

2014年6月27日 06:31

若者の足を引っ張っているのは若者(IP:113.33.227.42)

俺は中年男性だが、俺の周囲に本田の大口を嫌うものはいない。むしろネット上で若造が(大した努力もできない連中のくせに)叩きすぎじゃないの。そもそも若造を叩く年寄りなんてあんたたちにとっては都合のいい仮想敵でしかない。

2014年6月27日 12:52

匿名(IP:219.111.59.157)

叩くのであれば「優勝するために具体的に何が足りないのか、今回のチームは何を怠ったのか」を分析・指摘することが最低限必要でしょう。発言の一々にヤジを飛ばすだけで中身が無ければそれこそ「口だけメディア」に他ならない。

2014年6月27日 13:45

匿名(IP:220.98.131.148)

本田を叩いて云々という趣旨は大賛成、メディアの愚かさを批判するのはいい、
但し、それが日本を象徴するものだというのは完全に間違い

それともうひとつ、関連することだが、「この国」と言う表現は止めてほしい
その表現はサヨク(正しい意味での左翼ではなく、日本の足を引っ張りたいだけの連中)が好む表現であり、まさにゴミのような叩きしかできない今のメディアに巣食っている奴らの常套句だからだ

貴方が批判している連中は、平素から日本を貶めている主成分でもある
そんな奴らのロジックを日本の特徴だのましてや日本文化などと言われるのは見当違いも甚だしい

2014年6月27日 17:50

匿名(IP:36.54.152.222)

各選手はそれぞれよくやっていたと思う。監督だってそれなりにね。
でも、それでも勝てないときは勝てないもんだ。

戦犯探しをしたところで、進歩にはつながらない。

2014年6月27日 22:24

匿名(IP:221.40.37.254)

新聞で個人をただ叩く、内容は薄い。これが普通のわけがない。欧州も南米もおかしい。

2014年6月27日 23:15

匿名(IP:220.145.19.241)

> 次回大会に臨む日本代表選手たちがもしも「いや、ベスト16が精一杯の目標ですね」「前回は0勝だったので1勝できればいいんじゃないですか」「目標は特にありません」とか言い出したら、この人たちは満足なのだろうか。出る杭を打つのは気持ちいいのだろうけれど、その杭は日本の支柱になるかもしれないというのに。


ソウじゃネーだろう! オマエは完全に見誤ってるッテ!!!
大体、目標なんてモノは本人の心の中で期するもんダロ!
ソレをペラペラとカンナ屑の様に大ボラ吹き過ぎなんダヨ!
穢多非人部落民以外、亀田や本田みたいなハリボテの Big Mouth に拍手喝采してるバカは日本人じゃネーよ!!!!!!
日本人なら田中マーやダルヴィッシュの様に何も言わずとも真の結果を出し続ける奴コソが真のヒーローなんダゼ。
批判するのは大会が終わってからにして下さいトカ何とか言っておきながら、惨めな結果が現実として突き付けられた途端、皆とは別行動でキャプテン共々 現地で逃走とか(笑)格好悪スギ、弁解・擁護の余地なんかアル訳ネーだろ!!!!!!
何から何マデ 亀田ソックリやん!
サムライなら自害やね!

2014年6月28日 11:18

匿名(IP:125.202.152.170)

賛同します。
私は不言実行などというものは決して美徳だけとは限らず、保身の意味合いも強いと考えていますので。
それに本田選手や長友選手などの「優勝を目指す」という言葉は、マスメディアによって引き出された部分も多分にあると思いますので。
それを言質にして結果が出た後にどうこう言うつもりならば、最初から「目標は?」などと聞かなければ良いのではと。
そもそも彼らが「優勝します」と言ったところで、本当に優勝するんだなと思った人がどれほどいたでしょうか。
サッカーのワールドカップを少しでも知っている人ならばほぼ100%有り得ないと思ったはずです。
私は単に「志や良し!ただしそれを口にしたからには努力しろよ」と感じただけですけどね。

オリンピックの時の煽りとスタンスがまるで正反対ですね。
どう考えても足りていない選手に、視聴率などを目当てにメダル候補だとか何だとか・・・。
メディアも商売でしょうからのしょうが無いのでしょうが呆れます。

サッカーに限らず次世代の方々には大志をもって頂きたい。
それを口に出すことでモチベーションになるならばぜひそうして頂きたいと思います。

2014年6月29日 17:54

匿名(IP:220.96.74.148)

先日矢口史靖監督の映画WOOD JOBを観てきました。
この映画のテーマになっている林業では、結果や成果が出るまで100年かかることもあるそうです。

つまり、今日植えた苗木が成長して、売り物として通用するようになるまでに、100年かかることもある。こういうことです。

そのため、100年前に曾爺さんが植えた木を、曾孫の世代が斧やチェーンソーで切っていく。
こういうことが、ざらにあるようです。

このため、この映画の舞台になっていた村ではたいていのことは「なあなあ」で済んでしまう文化があるようです。
まあ、その村そのものは映画の中の架空の物であったとしても、やはりモデルとなった実在の村では、そういう文化は有るのでしょう。

もともと、日本はいい意味で「なあなあ」が通用する社会だったはずですが、いつからか、それが通用しない社会なってしまったようです。

それも、「目先の結果」、「目先の勝ち負け」だけを重視する。そういう風になってしまったからなのでしょうが。

2014年6月30日 08:01

異論(12票)

匿名(IP:36.54.185.208)

スポ新及びタブロイド紙が強い見出しで売ろうとするのなんてどこの国でもある事で、
それが、いいか悪いかではなく、別にこんなのは大した影響がない。と解ってますよね編集長も。

それに大層なタイトルを付けて反論するのはポーズが取りたい、もっと言えばええかっこしいにしか見えないです。 ソーシャル受けはし易いでしょうが、J論はそんなくだらない事する為に作ったメディアなのかと。

自信の論調の為に”悪影響”を誇大に想定してるのも気持ちが悪い。
他の国、例えばブラジルではどうですか、一人を叩く事ないですか、その悪影響がどれだけ出てますか?

2014年6月26日 21:01

匿名(IP:114.150.96.80)

出る杭を打つことに必死な人達(主に年配の方)がメディアに数多く居る問題については同意です。
ただ、高すぎる目標設定は過信を産む可能性があります。本人達だけでなく回りも含めて。
実際にその本田、長友、遠藤の「優勝」という言葉を信じたのもメディアでグループリーグは楽に突破出来るような雰囲気を作ってしまった面もあったんじゃないかと思います。
Jリーグでも「優勝」を目標として降格していくチームがここ数年ありました。
逆に2連覇した広島の今年の目標は「勝ち点40」という地に足を着けたものです。

2014年6月26日 21:16

東郷ビール(IP:153.160.83.210)

サッカーに詳しい人は「出る杭を打つ」コメントをしているのではなく
「出る杭」がいないことを嘆いているんです

パス回しをしてゴールが見えたらダイレクトシュート。そればっかり
「優勝!」という大風呂敷に相応しく
無謀でもゴール前に肉薄するプレイが見たかった

2014年6月26日 23:20

匿名(IP:153.174.180.71)

子供が宇宙飛行士なりたいと言ったら、頑張れよと思うが、30才前後の大人が宇宙飛行士になりたいと言うのでは意味合いが違う。
では本田圭佑の場合どちらか、無論前者である。はっきり言って現実感がまるでないので、実際はリスクがない目標にしか思えない。
例えば彼が「サッカーを日本の国技にしたい」と言うのなら非常に賛同できるし、協力もしたいと思う。
世界で勝つ前に日本ですらサッカーはまだ勝ってない。

2014年6月27日 02:57

匿名(IP:124.35.203.1)

勝ったら賞賛・負けたらボロクソに叩く。いいじゃないですか。それでこそ普通のメディアですよ。
負けてもなお「試合内容では勝っていた」だとか「内容は悪くなかった」とか言っている様では意味が無い。
ガゼッタ・デッロ・スポルトとかどうでしょうか。負けたらこれでもかと言うくらいにボロクソですよ。逆に勝ったら手のひら返し。それが普通なんですよ。普通の行為に文句を言う、それこそ理解できないです。

2014年6月27日 07:01

匿名(IP:122.16.113.109)

納得も異論もない。
これが挑戦する人間としない人間の違いの表れだから。 
何か大きなことを成し遂げる人間、成し遂げようとする人間は少数派で、それ以外が多数派である。
挑戦しない人間には到底理解のできない領域の物事なので、受け入れようがないだろう。
この論に納得した者も異論を唱える者も本質の部分はわからないだろう。
夢半ばであきらめた人間からすると、共有したいが当事者にしかわからない世界だ。
逆にそれを見た人間がどう評価しようとみんなの自由だ。


わかってもらえないからこそ燃える。結果で黙らせてくれ!
そうしてくれることを強く望まずにいられない。

2014年6月27日 18:15

匿名(IP:80.134.93.138)

半分賛成、半分異論といった感じ。
プレー面以外での個人たたきは正直賛同しない。

ただ、問題は選手も協会も「夢」と「目標」の区別をつけてなかったことだと思う。
夢はW杯優勝で構わないが、それとは別に現実的な目標としてGLでの勝ち点数、トーナメントでの現実的な到達点を協会側が示すべきだったと思う。
陸上100mであれば、「夢は金メダル、ただ目標として10.00秒をまずは目指したい」と言えば文句をいう人は少ないだろう。
「優勝したい。そのために目標はGLでの勝ち点4だ。」といえば納得してました。
でも協会もまともなことは言ってなかったと思う。
むしろ、ぎりぎりの場になって夢しか語れなかった選手の少し普通でない精神状態をケアしなかった周囲が批判されるべきではないかと。

2014年6月27日 21:40

匿名(IP:220.145.19.241)

ソウじゃネーだろう! オマエは完全に見誤ってるッテ!!!
大体、目標なんてモノは本人の心の中で期するもんダロ!
ソレをペラペラとカンナ屑の様に大ボラ吹き過ぎなんダヨ!
穢多非人部落民以外、亀田や本田みたいなハリボテの Big Mouth に拍手喝采してるバカは日本人じゃネーよ!!!!!!
日本人なら田中マーやダルヴィッシュの様に何も言わずとも真の結果を出し続ける奴コソが真のヒーローなんダゼ。
批判するのは大会が終わってからにして下さいトカ何とか言っておきながら、惨めな結果が現実として突き付けられた途端、皆とは別行動でキャプテン共々 現地で逃走とか(笑)格好悪スギ、弁解・擁護の余地なんかアル訳ネーだろ!!!!!!
何から何マデ 亀田ソックリやん!
サムライなら自害やね!

2014年6月28日 11:21

匿名(IP:49.129.40.28)

別に大きな夢を掲げるのはいいですよ。
ただそれが実を伴わない結果になったとき、筆者のような態度をとることが
果たして本当に「誠実」なことですかね?
選手は結果を出さなければ叩かれる世界で生きていて、真剣にプレーしています。
だったら私達も本気で怒ったり嘆くのが、むしろ彼等に向かい合うことになるんじゃないですか?
金子さんの文を読んでも感じましたが、
誰も傷つかないことは決してプラスではないですよ?

2014年6月28日 11:41

匿名(IP:220.145.19.241)

ソレと気になったのは、大ボラ吹きの本田を批判するコトが一体ドウシテ「夢を笑い、挑戦を腐す」ことに成っちまうんカイ?????? 全然 関係ネーじゃん! オマエのタイトル自体 支離滅裂、論理の飛躍のし過ぎダッツーの!!!!!!
田中マーやダルヴィッシュは夢を持って無かったノカ? 挑戦しなかったノカ???
勿論、彼等も夢を持ち、挑戦して結果を出し続けている。
しかし、真の実力者である奴等に亀田や本田の様な無用な Big Mouth は必要ネーんダヨ、アホ !

2014年6月28日 11:41

匿名(IP:203.191.222.134)

本田選手はプロである
プロである以上実現性のある目標を公言しなければならないし
自分のクオリティ以上の事をやってのけると言うのはもはや大志でなく詐称に近い
本田選手がCLでチームを優勝に導くようなクラスの選手であれば、誰も笑ったりはしないのだ
少なくとも、大志を抱くのは「少年」であって28歳のプロ選手がやるべき事じゃない
未来探しはそういう甘えを卒業してから取り組んでもらわないとね

そしてもう一つ、とある学者さんが言っていた
日本はヤンキー社会化しつつあると
まさにその通りで、具体性の伴わない気持ち良さだけのうす甘いスローガンと
その場のノリと勢いだけで安易に突き進んだ結果どうなったか
これは日本社会の共通した病巣とも言えるものだけど
プロ(選手&ライター)がきちんと考えるべきはここじゃないかな

いつでも、目の前に立ちはだかるのは想定している以上に厳しい現実なのだ
4年後に向けてまた耳障りの良い言葉で立ち向かって
それで再起できるだろうか

2014年7月24日 06:54

匿名(IP:133.158.251.222)

ただ、昨今は「メディアが選手に『高すぎる目標を言わせている』」という側面がないだろうか。
水泳の北島康介選手が「有言実行」をやってしまって以来、どうもそういう風潮があるように思う。
高い目標を掲げるのは悪いことではないのだろうが、それにとらわれすぎると、選手が
「自らの言葉によるプレッシャー」で固まってしまう弊害もある。

2014年7月25日 11:49

論 アクセス ランキング

  1. 奇妙な試合に消えた浦和レッズ。その敗北が偶然の産物とは思えない 5580PV
  2. J1【浦和vs松本】松本山雅FC 試合後の選手コメント『体を張るということを90分通してやらないといけない』(田中隼磨)+前田・飯田 5343PV
  3. ハリルホジッチと右翼のフットボール 5280PV

論 最新ニュース