香川真司の発言に思うこと。そして、アジアでの地位が低下していく時代に思うこと。

2015年1月23日、日本代表のアジアカップは終幕を迎えた。早々に先制点を奪われ、一方的に攻め込んで同点としたものの、勝ち越しはならず。1-1からのPK戦の末、アギーレ・ジャパンの挑戦は早すぎるエンディングとなってしまった。果たしてこの敗戦から読み取るべきこととは何か。流浪のフォトジャーナリスト・宇都宮徹壱は香川真司の言動に注目。日本サッカーの過去と未来に思いを寄せる。

RANKING

タグマ! RANKING

    RECOMMEND

      Facebook