【Jリーグ】ユニフォーム要項の改定について「(イニエスタ選手が)改定の契機でしたが、経営のフレキシビリティが従前から我々のテーマでしたので、今回判断をしました(村井チェアマン)」

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、タグマ!に掲載されているJリーグクラブ記事を全文掲載いたします。


ユニフォーム要項の改定について「(イニエスタ選手が)改定の契機でしたが、経営のフレキシビリティが従前から我々のテーマでしたので、今回判断をしました(村井チェアマン)」~5月の理事会後の記者会見より~『Jウォッチャー ~日本サッカー深読みマガジン~』


5月30日、JFAハウスにて5月のJリーグの理事会が行われた。理事会後に記者会見が行われた。


この中で、Jリーグユニフォーム要項改定のお知らせが発表された。

■改定内容
<Jリーグユニフォーム要項>
【改定前】
第6 条〔選手番号・チーム名・チームエンブレム〕
(1) 選手番号は事前にJリーグに登録しなければならず、シーズン途中の変更は認めないものとする。
ただし、2種トップ可、特別指定選手制度により出場が認められた場合、この限りではない。

【改定後】
上記条項の削除

■適用開始予定日
2018 年5 月30 日

村井満チェアマンは今回の決定に際し「(イニエスタ選手が)直接的なきっかけにはなったとは思います。実はクラブ経営の選択肢を広げるために、様々な規制改革や細かなレギュレーションの変更は全体の動きとしてありました。今回ワールドカップの中断期間の前後で、もしかしたら海外から日本人選手が戻ってくるかもしれないし、W杯で活躍した選手が夏のウインドーで入ってくる可能性があります。そういう意味では彼の加入が契機でしたが、経営のフレキシビリティは従前から我々のテーマでしたので、判断をしました」とコメントしている。

また今回の改定について「J1・J2・J3実行委員会、そして今回の理事会でも事前に諮りました。全てにおいて反論はなかったと記憶しています」と付け加えている。

その他、本日Jリーグから決議事項・報告事項がリリースされています。
詳細はこちら


※会見でのコメントは後日掲載する予定です。

*****
『Jウォッチャー ~日本サッカー深読みマガジン~』」のオススメ記事

「我々やクラブの皆さん日本のことを考えている皆さんの力が結集できれば、54クラブというのが大きなパワーを持つのではないか(村井チェアマン)」Jリーグ25周年を前に未来共創『Jリーグをつかおう!』ワークショップより

【ニュース】Jリーグ、51クラブの経営情報を先行発表。事業規模がJリーグ史上初めて1,000億円を突破。営業利益・営業費用ともに拡大均衡で推移。

RANKING

タグマ! RANKING

    RECOMMEND

      Facebook