【審判批評】徳島ヴォルティス×ファジアーノ岡山戦の乱暴な行為を見極め一発退場レッドカードとした今村義朗主審、村井良輔・阿部将茂副審、堀格郎第四審判

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、タグマ!に掲載されているJリーグクラブ記事を全文掲載いたします。


無料:徳島ヴォルティス×ファジアーノ岡山戦の乱暴な行為を見極め一発退場レッドカードとした今村義朗主審、村井良輔・阿部将茂副審、堀格郎第四審判【審判批評コラム】石井紘人のFootball Referee Journal

2018J2リーグ第1節の徳島ヴォルティス×ファジアーノ岡山FC戦で「酷いファウルがあった」と読者からコメントがあった。



そのシーンは78分。



動画で見ても、ボールと関係ない所での行為、【乱暴な行為】であり、審判団にとっても難しいシーンだ。

今村義朗主審も何が起きたか分からなかったと思う。ボールと無関係な所での行為であり、レフェリーが見極めるのは難しい。

おそらくコミュニケーションシステムにA1副審、もしくは第四審判から進言があり、審判団で【乱暴な行為】をしっかりと見極めレッドカードを出した。

副審の村井良輔、阿部将茂。第四審判の堀格郎。今村主審率いるチーム審判団での的確なジャッジだった。

*****
石井紘人のFootball Referee Journal」のオススメ記事


読者からのコメント「サガン鳥栖×ヴィッセル神戸戦で田川への那須のホールディングに得点の機会阻止で一発退場レッドカードが出なかったのは?」【西村雄一審判団批評】

ジェフ千葉増嶋への得点の機会阻止での一発退場レッドは妥当か?東京ヴェルディドウグラスヴィエイラにテクニカルファウルを出来なかった?【三上正一郎審判団批評】


RANKING

タグマ! RANKING

    RECOMMEND

      Facebook