ゼムノビッチ監督をWMイベントに招く理由 VONDS市原は地域CLの「死の組」にどう挑むのか?

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、タグマ!に掲載されているJリーグクラブ記事を全文掲載いたします。



【無料公開】ゼムノビッチ監督をWMイベントに招く理由 VONDS市原は地域CLの「死の組」にどう挑むのか?『宇都宮徹壱WM』

 今月から水曜日更新となったウィークリーコラム。今回は諸事情により、火曜日夜でのアップとさせていただいた。何卒ご了承いただきたい。さて先日の日曜日、JFAハウスにて地域CLの組み合わせ抽選会が行われた。各グループの顔合わせは以下の通りである。

●グループA(栃木会場)

松江シティFC(全社枠/中国)、VONDS市原FC(関東)、サウルコス福井(北信越)、鈴鹿アンリミテッドFC(東海)

●グループB(五色会場)

三菱自動車水島FC(中国)、FC TIAMO枚方(全社枠/関西)、アミティエSC京都(関西)、高知ユナイテッドSC(四国)

●グループC(鹿児島会場)

コバルトーレ女川(東北)、FC刈谷(補充枠/東海)、テゲバジャーロ宮崎(九州)、十勝FC(北海道)

 地域リーグに多少の関心がある方なら、グループAが最も厳しい「死の組」と感じるはずだ。とりわけ関東リーグチャンピオンで、先の全社(全国社会人サッカー選手権大会)で3位となった市原目線で見ると興味深い。松江とは、全社準決勝で延長戦でも決着がつかず、PK戦で敗戦。福井とは、2回戦で対戦して3点のビハインドをひっくり返すという奇跡の一戦を演じている。全社で優勝した鈴鹿との対戦はなかったが、共にベスト4に進出しているので、お互いに「スカウティングは十分」と感じているはずだ。

 その市原を率いるセルビア人監督、ゼムノビッチ・ズドラブコさんをメインゲストにお招きするのが、今週金曜日(27日)に東京・高円寺のスポーツバーKITEN!で開催されるイベント、『セルビア人指導者が見た日本のアンダーカテゴリー』である。ゼムノビッチさんには当初、全社の振り返りを中心にお話を伺おうと思っていたのだが、今回の地域CLの「死の組」について、どのような戦いを考えているのか、可能な限り聞き出したいと考えている。

 ゼムノビッチさんは清水エスパルスでの監督経験もあり、市原を率いるようになって今季で2年目。昨シーズンは関東リーグ2位で終わり、「全社懸け」で臨んだ愛媛での全社では、2回戦で延長戦の末にいわきFCに敗れている。今季は、ジョイフル本田つくばFCの追撃をかわして関東リーグを制覇。いわゆる「権利持ち」となって臨んだ今年の全社では、あえて「テスト」と割り切って毎試合スタメンを入れ替えている。

 ここで参考になるのが『地域CLを知る』というサイト。ここでは、ベスト4に進出した4チームの出場時間をグラフで可視化するという、興味深い資料を掲載している。これによると、他の3チームは400分(全社は40分ハーフなので5試合)出場している選手が最低でも1人はいるのに、市原だけがゼロ。かろうじて300分に達したのも峯勇斗と安藝正俊の2人だけである。レナチーニョという大駒を擁しながら、彼を含めた特定の選手に依存することなく、まんべんなく選手を使いながら幾通りもの組み合わせを試す。それが今大会における市原の戦い方であった。

 長年、全社や地域決勝を見てきた人間にとって、このような短期決戦でターンオーバーを敷くのは「禁じ手」とされてきた。実際、2年前の地域決勝で、FC今治は1次ラウンドの第2戦で7人の選手を入れ替え、結果としてこれが敗因となっている(参照)。ところがゼムノビッチ監督は、負ければ終わりの全社であえて「禁じ手」を行い、準決勝ではPK戦で敗れたものの、5試合を戦って3位という成績を残した。「権利持ち」だったことを差し引いても、これは非常に勇気ある決断であったと考える。

 全社や地域CLの過酷なレギュレーションについては、今さら多くを語るまでもないだろう。Jリーグしか知らなかった指導者や選手が、地域リーグの世界に身を置くようになって、まず面食らうのがアマチュア特有の過密日程。いくら日本での暮らしが長いとはいえ、欧州フットボールの世界から来たゼムノビッチさんであれば、当初の違和感は相当のものがあったはずだ。しかし今回の全社での戦いぶりを見ていると、「こんなレギュレーションはあり得ない!」と拒否するのではなく、むしろ「5日間連続の大会をどう地域CLに活かすべきか」と、柔軟に発想を転換していたのではないかと思えてしまう。

 今回のイベントではもうひとりのゲストとして、イビチャ・オシム元日本代表監督の通訳をされていた、千田善さんもお招きしている。日本語が堪能なゼムノビッチさんだが、日本のアンダーカテゴリーについて語る時、あるいは言語化が難しい部分があるかもしれない。その細かいニュアンスフォローしていただきつつ、逆にアンダーカテゴリーに馴染みのない千田さんからは、ストレートな問題提起をしていただくことも密かに期待している。そして可能であれば、地域リーグと欧州サッカーという、ほとんど接点のなさそうな両ジャンルを横断するようなトークが展開できれば、当イベントは「成功した」と言えるだろう。

 なおKITEN!さんによれば、まだイベントの前売りには余裕があるのとのこと。また、ゼムノビッチさんも千田さんも、二次会には時間の許す限り参加されるそうである。チケットはこちらから。そんなわけで27日の金曜日、KITEN!にて、スタッフ・出演者一同お待ちしております!

▼日時:

10/27(金)

OPEN 18:30/START 19:30/END 21:30予定

その後二次会

▼会場:

高円寺・スポーツ居酒屋KITEN!

▼料金:

イベントのみ

 前売¥2500 当日¥3000(ともに2ドリンク付き)

イベント+二次会参加 

 前売¥4000(ともに2ドリンク付き。二次会は1時間飲み放題)

▼チケット

PassMarketにて発売中


<この稿、了>


福井での全社と締め切りの嵐とスカサカ出演  徹壱の日記2017 10月16日(月)~22日(日)

宇都宮徹壱ウェブマガジン 「ただ今準備中!」10月後半戦その2! (編集部・森衿子)

RANKING

タグマ! RANKING

    RECOMMEND

      Facebook