鹿児島と琉球がJ2ライセンスを新たに取得。J1ライセンスは昨年と変わらず40チームに交付される

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、タグマ!に掲載されているJリーグクラブ記事を全文掲載させていただいております。
今回は「Jウォッチャー ~日本サッカー深読みマガジン~」からの記事になります。



【無料】鹿児島と琉球がJ2ライセンスを新たに取得。J1ライセンスは昨年と変わらず40チームに交付される。Jウォッチャー ~日本サッカー深読みマガジン~
2017年09月26日更新

9月26日、JFAハウスにて、2018シーズンに関するJリーグクラブライセンス判定結果発表および説明会が開催された。

bf15c471385cbf4e47f8ea0691ef9f47_1.jpg

会見にはJリーグ経営本部クラブ経営戦略部 部長 兼 ライセンスマネージャーの青影宜典氏が出席し、説明を行った。

33c4678b07db9b3ef6544c52c312b3cb_2.jpg

2017シーズンにJ1、J2もしくはJ3リーグに所属し、2018シーズンに関するJ1・J2クラブライセンスを申請したクラブが対象となった。

■J1クラブライセンス(40クラブ) ※2016申請と変更なし。
札幌・仙台・山形・鹿島・栃木・群馬・浦和・大宮・千葉・柏・FC東京・東京V・川崎F・横浜FM・横浜FC・湘南・甲府・松本・新潟・富山・金沢・清水・磐田・名古屋・岐阜・京都・G大阪・C大阪・神戸・岡山・広島・山口・徳島・愛媛・福岡・北九州・鳥栖・長崎・熊本・大分

■J2クラブライセンス(7クラブ)
水戸・町田・長野・鳥取・讃岐・鹿児島・琉球

■不交付
なし

※J3クラブライセンスは、Jリーグ独自にJ3クラブとして最低限必要とされる条件を示したものであり、J1・J2のクラブライセンス制度とは異なるものです。なお、J3クラブライセンスの交付判定は、Jリーグ理事会の決議事項となっている。

会見での内容、コメントの詳細については後日掲載する予定です。

クラブライセンス交付第一審機関(FIB)決定による 2018シーズン Jリーグクラブライセンス判定について(Jリーグ)

クラブライセンス制度について(Jリーグ)



Jウォッチャー ~日本サッカー深読みマガジン~」ではこのほかにも下記の記事などを掲載中です。

群馬・山口のクラブハウスについて「自治体の皆さんのクラブ愛の感じられる素晴らしい施設ができました(Jリーグ・佐藤氏)」~2017年のスタジアム動向より~(6)

神戸のノエビアスタジアムについて「ハイブリッド芝でのピッチが初めて生まれる(Jリーグ・佐藤氏)」~2017年のスタジアム動向より~(6)

RANKING

タグマ! RANKING

    RECOMMEND

      Facebook