[J論] - これを読めばJが見える

論コラム週替わりのテーマについて有識者が物申す!

テーマW杯の日々から思う、Jリーグという日常

ugkawabatashimizuoosimahojoetonakanofujimotokawajikotanitetsutsuchiyakitakenasanoendomoritanaitowatanabefumofumogotosimozonogelmatsuoikedamaedaandoejimahiranoiwamotohigurashitakinishibesatotakuyoshidasuzukijunkamiyagototaoyamaozawasatomadokatanakayoshikirokukawakatamura55nakakuranonakagunzifujiimatsuojunmaeshimaonakakawanokumamotojronmatsumotoodayunoishiiatsushisatoisaotatsu

フモフモ編集長

2014 07/10  08:19

サッカーはJリーグのみにあらず。僕らの「ホーム」はどこにでもある

週替わりで複数の論者が一つのテーマを論じ合う『J論』。今週のテーマは「W杯の日々から思う、Jリーグという日常」。いよいよW杯もクライマックスを迎えているが、J1リーグも7月15日から再開を迎える。この「僕らの日常」についてあらためて考えてみたい。第三回は、ネットメディアをリードするフモフモ編集長がJ論に初登壇。JリーグがW杯の「代替物」には決してなれないと断じつつ、「日常としてのサッカー」について大いに語ってもらった。



▼W杯の延長上にJはない
 W杯でサッカー熱が高まって、うっかりJリーグに行ってしまう。しばらくの間、そういう人がそれなりに発生することでしょう。W杯が終わった⇒サッカー見たい⇒よしJリーグだ、というのは自然な発想です。しかし、残念ながら、それは必ずしも幸せな選択とは言えないように思います。

身も蓋もない言い方になりますが、JリーグとW杯はまったくの別物です。W杯気分を引きずって観に行っても面白いもんじゃありません。ロッベンやネイマール、あるいはメッシのような、誰が見ても驚くほど速く・上手く・強い選手はJリーグにはいませんし、ワールドクラスのスーパープレーはそうそう飛び出しません。負ければ終わりという覚悟で、全身全霊をこの一戦に捧げる。そんな試合も滅多にありません。同じ0-0でも淡々と試合が終わったりさえします。世界のスターが死力を尽くし、勝利に涙し、敗北にうなだれるような「非日常」はJリーグにはないのです。

 多くのサポーターがW杯からJリーグに回帰するのは、彼らがすでにJを心の拠り所としているからです。言い換えれば、彼らにとってJは「ホーム」なのです。もともとJリーグをホームとしている人が、非日常の祭を終えて日常に帰るから、「あぁJリーグがあって幸せだな」「やっぱりホームは落ち着くな」「日本代表より俺らがチームのほうが楽しい」という話になっているわけです。

 現時点で、特にJリーグに何の思い入れもない人が、「W杯の代替物」としてJリーグ観戦に行っても、前述のような「非日常のないものねだり」になることでしょう。それはハワイの映像を見て、スパリゾートハワイアンズに行くような話であり、「何か違うな」となって当たり前。こうした不幸な行き違いこそが、「Jリーグはレベルが低い」的なイチャモンとなったり、「ニワカは来るな」という拒絶につながったりしているように思うのです。

 サポーターたちは「レベルが高い」からJリーグを見ているわけでも、「有名人がいる」からJリーグを見ているわけでもありません。サッカーに限らず、ファンとはそういうものだと思いますが、「好き」だから見ているのです。好きになれるかどうか。自分の心の拠り所とできるかどうか。まずそれを考えることが、今のサッカー熱を正しい方向に向ける術ではないでしょうか。

 ならば、選択肢は「Jリーグ」のみにあらず。

 少年たちは世界のプレーに憧れ、「自分もああなりたい」と思ったことでしょう。そのサッカー熱は、観戦よりも実践に向けたほうがいい。「実践」という意味では、Jリーガーを見るよりもチャンピオンズリーグのビデオを見た方が有益かもしれません。いっそ、現地に行ってみたらより刺激になるかもしれません。そこで盗んだテクニックを、学校のグラウンドでぶつけたら最高に楽しいでしょう。

 熱狂するサポーターに驚き、「あのお祭り楽しそう」と思った人は、そういう場所を選んで出向いたほうがいい。有名選手がおらず、カテゴリ的にもトップではないけれど、サポーターの熱さで名高いJ2松本山雅のホームスタジアムに行ってみるとか。勇気を持って、浦和レッズのサポーター席に飛び込むのもいいでしょう。

 日本代表を応援するときのように、我が事として勝敗に一喜一憂したい人は、その対象が本当に「川崎」や「広島」や「横浜」なのか、もう一度考えたほうがいい。何となく有名で、何となく強そうだったら愛せるものなのか。自分に縁も所縁もない街の兄ちゃんの試合を、我がこととして見つめられるのか。自分の母校のサッカー部や、近所の草サッカーチームのほうが、自分を熱くさせたりはしませんか。

 僕自身はJリーグと結構な距離感があるタイプで、「Jリーグという日常」「Jリーグがホーム」といった感覚は正直持っていません。僕が一番「ホーム」を感じるのは、家から歩いて5分のところにホームスタジアムを構えるJFLのチームに対してです。

▼あなたの「ホーム」はどこですか?
 ご近所の兄ちゃんの試合を、ご近所の紳士淑女と眺める。近隣の商店が提供する弁当を食べ、芝生席で寝転ぶ。試合のレベルは高いとは言えないけれど、僕の暮らす街にチームがある。その喜びこそが僕の「ホーム」であり、そこで過ごす暖かな週末こそが、僕が帰る日常なのです。日本代表もいませんし、客も少ないですが、そこではW杯でもJリーグでも決して感じることができなかった、「ホーム」を感じることができるのです。

 Jリーグだけがサッカーではない。

 無理にJリーグを見る必要はない。

 Jリーグを見ているからエライわけでも、Jリーグを見ることが日本サッカー発展の唯一の道でもありません。

 胸に灯ったサッカー熱をぶつける先をこれから探そうとしている人は、「Jリーグを見に行く」という発想は一度捨てて、ゼロベースで自分の「ホーム」はどこなのか考えてみてはいかがでしょうか。一番近所の草サッカーチームこそが、自分の「ホーム」かもしれません。あるいは自分が公園でボールを蹴ることこそが、自分の「ホーム」かもしれません。逆に、遠い遠い異国の地に「ホーム」を見つける人もいるかもしれません。

『J論』というサイトを訪れる、Jリーグおよびサッカーに精通した皆様におかれましては、「ホーム」を探してJリーグにやってきた人々を温かく迎え入れ、「何か違うな」となっていたら適切な場所へ導いていただければ幸いです。「スイスのバーゼルという街に行ってください」とか、Jリーグに限定されない広い選択肢・広い心でもって。

 Jリーグに新たなお客を取り込めなくても、W杯をきっかけにサッカー好きになってくれたら、それでいいじゃないですか。サッカーが日常の一部になってくれたら、それでいいじゃないですか。きっと、そのほうが、みんな幸せになれると思うのです......。


フモフモ編集長

サッカー、野球、大相撲、バレーボールや格闘技・モータースポーツに至るまで、日本のスポーツ界を広く浅く生温かく見守るぬいぐるみ。試合本編については大した洞察ができないが、「まぎれ込んできた犬」「おかしなことを言い出す解説者」「ポロリこぼれたおっぱい」などについては舌鋒鋭く追及する。  2005年3月にライブドアブログにて「スポーツ見るもの語る者~フモフモコラム」を開設し、日々駄文を撒き散らしている。

スポーツ見るもの語る者~フモフモコラム http://blog.livedoor.jp/vitaminw/

テーマ: W杯の日々から思う、Jリーグという日常 に関するコラム
J論編集部

J論編集部

フモフモ編集長  その他のコラム

投票

納得(10票)

匿名(IP:114.17.186.20)

フモフモさんは真面目な時は本当に素晴らしい文章を書く!

2014年7月10日 12:33

匿名(IP:1.33.10.125)

>サッカーが日常の一部になってくれたら、それでいいじゃない・・
この感覚、W杯後の余韻が回りまわってJリーグや地域に還元されると思いますよ
スポーツには様々な見方があるということですよ

2014年7月10日 17:21

匿名(IP:120.74.38.98)

サッカーとの幸せな関係。「身も蓋もない言い方」、その通りで笑いました。どんな形であれ、好きで興味を持ち続ける人が増えるといいですよね。短期的にJリーグの集客につながらなくても取り巻く環境は変わっていきます。

2014年7月11日 03:41

匿名(IP:202.219.53.162)

色んな意見をもつ人がいて当たり前なんだから、Jが存続していくためには、楽しめる人が集まれる&初めての人も気軽に来られるような環境を作ることが重要ですよね。
新しく来た人の中には「Jリーグはレベルが低い」的なことを言う人が当然いるけれど、楽しかった!という人もそこには一定数いるわけで、いちいち目くじらたてずによそを非難せずに(非難する人は放っておけば去りますから)それぞれの人がそれぞれ楽しめる場で楽しみましょう。
そうすれば色々な「場」が存続して発展していくんじゃないでしょうか。

ちなみに「目くじらをたてる」とは
>目をつりあげて人のあらさがしをする。他人の欠点を取り立てて非難する。
という意味です。
異論コメントを読むと分かる気がしますw

2014年7月11日 09:31

匿名(IP:36.54.185.208)

J論はW杯記事もそうだけど、PV稼ぎをする2chまとめサイトのようなものだと、よく解りました。

もう、プロサッカークラブ無くしてサッカー文化の発展はあり得ないのが理解できていないのだから話にならない。

筆者はボランティアで世の中を変えられると思っているのでしょうか、無理です。

何故ならビジネスではない、アマチュアやボランティアと言うのは”人の余剰”で運営されているので根本的にあらゆる面で弱いからです。

今後100年は資本主義において構成される社会なのは絶対に逃げられない中で、世の中を変えていくにはビジネスとして成功し続ける必要性があるんですよ。

2014年7月11日 12:54

匿名(IP:220.46.78.53)

サッカーは好きなのですが、正直、「Jリーグを観にいきたい!」と思ったことって殆どないです。

・ 会場までの距離が微妙に遠い
・ 全体的な雰囲気がわからない(地上派で放送があればいいんですけど)
・ 『サポーター』に混ざれる自信がない

・・・ただ、近くのスポーツクラブのグラウンドでたまに見かける、高校の女子サッカー部の練習はたまに見ています。
見ていて楽しいし、私もやりたいなーと思ったりします。
立ち止まって一緒に練習の様子を見ている、見ず知らずの人と、「将来のなでしこですかねー」「そうだねー」と会話をするのも楽しい。
で、そういう時にふと(Jリーグも見なきゃな)と思います。

そんな風に楽みながら見る女子サッカー部の練習風景が、いつの間にか、「J」を意識する土台になってるんですよね。

・・・でも、異論派の方のご意見を拝見すると、勉強にはなるものの、やっぱり行くのは遠慮した方がいいのかな?という気分にもなりますが。

海外のクラブチームって100年単位の歴史があるので、それに比べると、Jリーグは現状でも凄い勢いで進化しつつあるんだろうなと思うのですが。
今のJリーグがどんな感じなのかは確かめたいので、年内に一度はスタジアムに観にいきますよ。

2014年7月11日 14:26

匿名(IP:210.190.114.195)

「しょせんサッカー」という筆者の基本スタンスが、素晴らしい。それが正解だと思います。サッカーに「文化」とか「ビジネス」とかを押しつけること自体が間違いです。

2014年7月11日 19:24

匿名(IP:122.208.180.74)

サッカー大国って、日本みたいにトップリーグにこだわってない人達が多い気がします。
ドイツ人の友達は地元の8部?忘れちゃったけど、そこらへんを応援してます。
日本が強くなる、Jリーグの繁栄は、遠回りですが、そういうことなのかな、と思います。
無理をせず、それぞれのホームを探し、サッカーって競技自体に親しむ国民が増えれば、いづれサッカー大国に日本はなっていくのかな、と思います。

2014年7月11日 21:08

匿名(IP:124.25.115.252)

とにかく家から出てサッカーを生観戦して欲しい。という視点で賛成。
一歩でも先にマイボールにしようと体をぶつけ合っている選手の姿を自分の目で見て欲しい。
ボールスピードがー、テクニックがーとか言う輩にこそ、どのカテゴリーでもいい。
彼らが体を張って戦っている姿をテレビではなくて自分の目で見て欲しい。

2014年7月27日 00:02

名無しのリーク(IP:212.68.41.83)

香川県ルー餃子のフジフーヅはバイトにパワハラの末指切断の重傷を負わせた犯罪企業

2016年5月16日 23:42

異論(6票)

いっさ(IP:49.98.159.15)

何が言いたいのかわからないです。Jリーグを応援しているサイトに書くべき内容でしょうか?

2014年7月10日 11:30

匿名(IP:221.40.37.254)

最後の、Jリーグに新たなお客を取り込めなくてもいいというのには反対。潰れてしまうので。切実なんです。ぎりぎりでやってるんです。

2014年7月10日 15:14

匿名(IP:110.5.39.217)

Jリーグと代表が無くなろうとそんなに困るとは思えず、サッカーを踏台にしてるような人に「サッカーを日常の一部に」とか言われても説得力ゼロだし苛つくだけです。

2014年7月10日 19:59

匿名(IP:60.46.46.133)

Jリーグはワールドカップよりレベルが低いから代替物にならない。W杯の延長上にJはない。
勝利に涙し、敗北にうなだれるような「非日常」はJリーグにはない。

最後まで読むと少し印象は違いますが、Jリーグを馬鹿にしているような文章に思えました。
そんな意図はなかったといえばそこまででしょうけど。

2014年7月10日 23:40

愛読者です(IP:175.179.77.2)

フモさんには悪いんですが、サポーターに普遍的なサッカー愛を要求しすぎな気がしますw

例えば応援するJチームのの試合に誰かを連れて行くとき、その人がウチのサッカーを気に入ってくれるかはそこまで重要ではないんですよ。
勿論「面白かった!」「生観戦は迫力があるね」とか言ってくれれば最高ですが、ぶっちゃけ「試合はともかくマスコット合戦がかわいかった」「試合は退屈だったけど物産コーナーで美味しいもの買えて幸せ」でもいいわけです。そのうちに熱くなれる試合も出てくるかもしれませんから。
で、それすらなかった時にどうするか?それでももう一回誘うに決まってますよw一度負けたらそれでお終いなんてトーナメントじゃないんですからお客を一人でも連れてくる為には何でもします。
そこはフモさんが本来ブログでやってる事とそんなに変わらない思いますよ。

結論を言えば「押し付け、何か悪いんですか?」と。サッカーとの幸せな未来、なんて相容れません!それこそフモさんみたいな人にやってもらえば十分ですよ。

2014年7月12日 02:15

匿名(IP:122.211.205.212)

他方を悪く言って下げ比較して何かを持ち上げる文章。
酷いレベルの物書きがいるもんだなぁ。

2014年7月12日 09:46

論 アクセス ランキング

  1. 奇妙な試合に消えた浦和レッズ。その敗北が偶然の産物とは思えない 5580PV
  2. J1【浦和vs松本】松本山雅FC 試合後の選手コメント『体を張るということを90分通してやらないといけない』(田中隼磨)+前田・飯田 5343PV
  3. ハリルホジッチと右翼のフットボール 5280PV

論 最新ニュース