これぞ天の配剤。これぞリーグ戦。まがい物ではない、本物の一騎打ちを楽しもうじゃないか

一つのテーマを複数の識者が語り合う『J論』。今回は「1シーズン制でのラストバトル。J1優勝争い大展望」と題して、J1リーグの終盤戦を占ってみたい。来季から2ステージ制が導入され、善くも悪くも年間を通してタイトルを争うリーグ戦の醍醐味を味わうことはなくなる。だからこそ、今季のこの戦いとそこで起きるダイナミズムを注視したい。第3回目に登場するのは、歩く蹴球事典・後藤健生。古今東西の事跡に通じる筆者が、Jリーグの醍醐味と、1シーズン制のラストシーズンに思いを馳せる。

RANKING

タグマ! RANKING

    RECOMMEND

      Facebook