【栃木SC】J2第41節松本山雅FC戦後の横山雄次監督「感謝の気持ちが自然と沸き起こってくる。改めてこの場を借りて、僕がそう思っていることをサポーターの皆さんにも伝えたい」

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、タグマ!に掲載されているJリーグクラブ記事を全文掲載いたします。


【無料掲載】【コメント11/11】栃木SC J2第41節松本山雅FC戦後の横山雄次監督「感謝の気持ちが自然と沸き起こってくる。改めてこの場を借りて、僕がそう思っていることをサポーターの皆さんにも伝えたい」栃木フットボールマガジン

2018明治安田生命J2リーグ第41節

2018年11月11日14時キックオフ 栃木県グリーンスタジアム
入場者数 11,562人
天候 晴、無
気温 18.3
湿度 51%
ピッチ 全面良芝、乾燥

栃木SC 0-1 松本山雅FC
(前半0-0、後半0-1)
得点者:72分 田中隼磨(松本)

<スターティングメンバー>

GK 1 竹重 安希彦
DF 42 パウロン
DF 19 服部 康平
DF 17 福岡 将太
MF 29 川田 拳登
MF 5 ヘニキ
MF 6 古波津 辰希
MF 26 夛田 凌輔
FW 9 大黒 将志
FW 14 西谷 和希
FW 37 浜下 瑛
控え
GK 33 石川 慧
DF 28 温井 駿斗
MF 40 寺田 紳一
MF 50 二川 孝広
MF 41 西谷 優希
FW 16 榊 翔太
FW 49 アレックス

横山雄次監督


77分 古波津→アレックス
78分 浜下→寺田
83分 夛田→西谷優

(撮影は永島一顕)

■横山雄次監督

「栃木SCにとってホーム最終戦でしたが、松本のサポーターも含めて、多くのファン・サポーターに来ていただいて、素晴らしい雰囲気を作っていただきました。だからこそ勝って、皆さんの年間通したサポートや声援に応えたい一戦でした。負けてしまったことは申し訳なく思っています。試合については山雅さんの今の状況、そしてプレースタイル、栃木SCのプレースタイルががっちりとぶつかる堅いゲームになると予想していましたが、実際にそうなったと思います。ただ、1点を奪われて負けたという結果になりました。栃木SCとしてはその逆のパターンを狙っていたんですが、結果として点が取れなかったこと、逆に松本さんはそこで獲り切ったことには力の差があったと思っています。これで山雅さんは最終節に昇格を懸けることになりました。今日の勝利を祝福したいと思います」

――前半から予想通りだったと思いますが、後半の失点する前の時間帯に少しセカンドボールが奪えなくなった時間がありました。どうご覧になっていましたか?

「まさにそういう時間が長くなるなかで、相手がどこで勝負をかけるのか、そう山雅さんは思っていたと思うし、栃木も考えていました。だからこそ失点場面でいえば、お互いがその状況をわかっているなかでやられたと。最後の攻防でクロスを挙げさせたこと、失点場面でいえば、少しもったいないシーンがあったと思います。ただ、その前段階で押し込まれる時間帯があることがある程度は想定していたので、どうにかそこを凌ぎ切りたかったと思っていたし、あそこを凌げていれば、最後の時間帯をもう少しオープンな展開にもって行けたと思っています」

――その後も大黒選手のシュートが枠内に飛んでいました。最終的に入らない状況についてはどう見ていましたか?

「山雅さんはここ数試合もそうですが、最後のところはやらせません。それはこの1年、2年の話ではなく、積み上げてきたものなので、ペナルティエリア内の守備については非常に堅いと思ったし、今日はそれを再確認したということです」

――試合後、サポーターへの感謝の言葉を述べていました。今日は監督自身、この3年間の集大成という位置づけの試合を見せたかったと思います。その思いを聞かせてください。

「試合前のミーティングでも選手に伝えましたし、僕自身、自分の胸に手を当ててこの3年間のことを色々と考えました。格好つけるわけでもなく、一番に思うのは、感謝の気持ちです。2016年や2017年に所属していた選手やスタッフも含めて、感謝の気持ちがあります。今年についてはJ2に残留して、さあ次だ、というイメージがあると思いますが、残留はそんなに簡単にできるものじゃないと思います。選手たちがひとり一人が自分に向き合い、自分を犠牲にしながら懸命にプレーをしてくれたからこそ、今年の残留に繋がったのだと思っています。その意味で今年の選手たちに対する感謝の気持ちがあります。さきほどのセレモニーの挨拶でも話しましたが、僕自身、この3年間は楽しかった思い出よりも、辛かった思い出のほうが多くて、そういう状況でサポーターの皆さんに、日々の練習グラウンドで直接『信じている』という声をかけてもらって、その言葉に励まされることが本当に多かったんです。とにかくその人たちの期待に応えないといけないという一心でやってきた3年でした。だからこそ、感謝の気持ちが自然と沸き起こってくるものがあります。改めて、この場を借りて僕がそう思っていることをサポーターの皆さんにも伝えたいです」

――ご自身と向き合う時間になったと思いますが、改めてご自身の監督としての3年の経験についてはどう捉えていますか。

3年間栃木で監督をやらせてもらい、毎日がトライ&エラーの連続でした。日々、すべての面で成長させてもらったと思います。栃木SCの監督をやらせてもらったことに感謝の気持ちがあります」

*****
栃木フットボールマガジン」のオススメ記事


【コメント11/11】栃木SC J2第41節松本山雅FC戦後の夛田凌輔「悔いのないようにプレーしようと」西谷和希「自分たちが3年間やってきたことは今日もしっかり出せた」

【コメント11/11】栃木SC J2第41節松本山雅FC戦後の寺田紳一「最後の試合、チャンスをもらえるのならば楽しみながら勝てれば最高」服部康平「あの時間帯に技術的なミスが連続で出てしまった。そこも含めて力負けかなと思う」

RANKING

タグマ! RANKING

    RECOMMEND

      Facebook