【水戸】「インパクト抜群のホーリーホックカレーが常磐大学コラボデーで限定販売!」

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、タグマ!に掲載されているJリーグクラブ記事を全文掲載いたします。


「インパクト抜群のホーリーホックカレーが常磐大学コラボデーで限定販売!」【HHレポート】※無料記事デイリーホーリーホック

【写真 米村優子】

鮮やかなホーリーブルー色のオリジナルカレーに長蛇の列

8月18日の千葉戦で常磐大学コラボデーが開催され、大学生と城里町が考案した葵咖喱(ホーリーホックカレー)が限定販売されました。

【写真 米村優子】

インパクト抜群の鮮やかなホーリーブルー色のルーに、サッカーボール型のご飯。ホーリーホックのエンブレムに刻まれた"龍"と勝利の願いを叶える"流"星を掛け、見た目の可愛さもアップさせた流れ星型をした人参をトッピング。
そしてホーリーホックの練習拠点「アツマーレ」がある城里産の玉ねぎ、舞茸、人参、アスパラ、梅ジャムを使用。名産のキングポークの挽肉、お米日本一コンテストで金賞に輝いたブランド米「ななかいの里」も盛り込んだ、コラボデー限定のオリジナルカレーです。
一見カレーとは思えない青色のルーに若干戸惑いながら一口食べると、味は意外とオーソドックスな甘口カレー。水戸にちなんだ梅ジャムも酸味と甘味が程よいアクセントとなり、ルーとの相性もGOOD。城里の恵みがたっぷり感じられた逸品でした。

【写真 米村優子】

このカレーを共同開発したのは、常磐大学と城里町開発公社。
両者は町の新名物「藤井川ダムカレー」を共に創り上げた経緯があり、今年で9年目を迎える常磐大学コラボデーに際し、「ダムカレーに匹敵するカレーを作ろう!」と約2ヶ月前から準備に取り掛かりました。
城里町開発公社側がターメリック抜きの白いカレーとサッカーボール型のご飯を考案すると、常磐大学経営学科のマーケティング演習を受講している生徒らが、ホーリーホックのチームカラーを再現しようと、マカロンなどに使用される食用色素粉を入れてルーを着色。トッピング内容、デザインも学生が考え、完成させました。
15時頃からスタジアムで販売が開始されると、列が途切れることなく限定50食が完売。
「見た目が真っ青でびっくりしたけれど、美味しかった」との声が寄せられ、評判も上々のようでした。

藤井川ダムカレーも同時販売されたことから、田向泰輝選手がホーリーホックカレーを通称「タムカレー」と命名!
【写真 米村優子】

今回、好評だったことを受け、アツマーレでのホーリーホック関連のイベントや来年の常磐大学コラボデーでの再販も検討しているとのこと。
常磐大学と城里町のホーリーホック愛がギュッと詰まったホーリーホックカレー。また味わえる日が来ることを期待しましょう!

ホーリーホックカレーを販売した常磐大学の経営学科、総合政策学科の学生らと城里町開発公社のスタッフら
【写真 米村優子】

(米村優子)

*****
デイリーホーリーホック」のオススメ記事

「千葉のお株を奪うハイプレスを生み出した攻撃的ポジションの選手の献身性」【コラム】

J2第29節ジェフユナイテッド千葉戦「俺たちは変わるんだ! 劇的勝利を生み出した『一新』への覚悟」【レビュー】

RANKING

タグマ! RANKING

    RECOMMEND

      Facebook