【東京V】『その穴、埋めましょう』8月18日(土) J2第29節 大分トリニータ戦 18:00 味の素スタジアム

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、タグマ!に掲載されているJリーグクラブ記事を全文掲載いたします。


【無料記事】【トピックス】『その穴、埋めましょう』8月18日(土) J2第29節 大分トリニータ戦 18:00 味の素スタジアム(18.8.16)スタンド・バイ・グリーン

平智広はいつもの平常心で臨む。
平智広はいつもの平常心で臨む。

■意気込む選手が目白押し

上位との差を詰める、絶好のチャンスが到来だ。

前節、東京ヴェルディはモンテディオ山形に1‐2の惜敗。6位に順位を下げた。18日のJ2第29節、2位の大分トリニータ戦(18:00 味の素スタジアム)は重要な6ポイントマッチとなる。

U‐21日本代表に選出されアジア大会に出場中の渡辺皓太、14日、横浜F・マリノスへの移籍が発表された畠中槙之輔。チームの中枢を担ってきたプレーヤーを欠くことになるが、ロティーナ監督は「よいトレーニングを積み、準備ができている選手はいます」と意に介さない。

「その穴、埋めましょう」と語るのは平智広だ。誰かが穴埋めしなければと水を向けられ、生来の人のよさで言わされた感ありありではあったが、代役の筆頭候補なのは間違いない。「自分のほかにもそのつもりでいる選手はいますよ。ここで連敗はできませんから」と付け加えた。

若狭大志は「試合に出たら、おれがチームを勝ちに導きます。これ、書いといてくださいね」と豪語。いつ声が掛かってもオッケーという余裕に満ちた面構えである。

渡辺の抜けたインサイドハーフのポジションには、井上潮音、佐藤優平、李栄直と候補が目白押しだ。ロティーナ監督がどのような決断を下すのか注目される。

なお、V・ファーレン長崎から期限付き移籍で加入した香川勇気も登録を終え、出場可能となっている。

当日の天気予報は晴時々曇。チケットのご購入はヴェルディチケットまで。

《クラブウオッチ》
『明治安田生命DAY』として開催される大分戦。「およそ1200人の関係者が来場されるとのことで、全体では7000人に到達する可能性も」とクラブ関係者の鼻息は荒い。「バックスタンド側のコンコースに設置する『ヴェルディランドスプラッシュ!』はお子さんをはじめ、多くの方々に楽しんでいただける場としてご用意しました。涼をとれるのは約束しますが、びしょ濡れになりますからね。どうぞご注意を。この日はプレゼント企画が盛りだくさんなんです。東京都人権啓発活動ネットワーク協議会とコラボした特製ランドリーバッグ、クリアファイルにオリジナルペットボトルホルダーもあります。どうですか、これは。欲しいですよね!」と、無下には断れない勢いである。
また、『練馬区サンクスマッチ』として同区に在住、在勤、在学している小・中・高校生、65歳以上のシルバーの方をホーム自由席に無料招待(一般の方は優待価格1000円。要事前申込み)。夏季のホームゲーム3試合を対象に、中学生、高校生、大学生、専門学生はワンコインの500円で観戦できる(ホーム自由席)、『学生ワンコインチケット』も販売中だ。ご購入は専用ページまで。

[今季の1試合平均入場者数] 5,334人( 14/22位)
過去3シーズンの1試合平均入場者数
2015年 5,655人
2016年 5,402人
2017年 6,206人

●ランド地獄耳●
▼8月4日、J2第27節大宮アルディージャ戦、アラン・ピニェイロの先制ゴールのあとに見せたゆりかごパフォーマンスは、佐藤崇史エキップメントマネージャーの第一子誕生に捧げられたものだった。「試合前、イバが『点取ったらやるよ』と言ってくれていました」(佐藤エキップ)。「スタッフに向けてやるのは珍しいかもしれないですけど、そんなにしょっちゅうあることではないし、付き合いも長いんでね」(井林)。さすが、いいとこあるね、キャプテン。
▼アニメファンの二大巨頭、井林と李栄直。今クールの注目作は、井林が『BANANA FISH』(フジテレビ)で、李が『殺戮の天使』(TOKYO MX)。ぼちぼち物語の中盤を過ぎる時期ですね。伝えるのが遅くなってごめん。うっかりしてた。

【読者投稿コーナー】

★わたしだけは見ていた

「大宮戦のキックオフ直前、審判に呼び止められる上福元。写真のスタッフの手元にはビニールテープみたいな物があり、スパイクや足首のあたりに難癖をつけられたようでしたが、何があったんでしょうかね」(東京都 ヤベッチFC)


上福元直人に訊いた。「通常のソックスを切って、その下に五本指ソックスを履いているんですね。スパイクと同じ赤だから問題ないと解釈していたんですが、ソックスの赤が見えているのがダメだったらしく。ビニールテープを巻いて隠しました。いやー、知らなかったですよ。勉強になりました」。こんなときでも学ぶ姿勢を忘れない。

★思い出の一枚

「山形戦のあと、駅前の炉端焼きで呑んでいたら、お店の方から『あちらのお客さまからです』といきなり言われ、お酒を3本もいただいたんです。お礼の挨拶にいったら、なんと林陵平のお母さま。連れが11番のユニを着ていたからとのことでした。最後、お会計のときには『ゴールを決められなくて、ごめんなさいね』と言われ、とても感じのいい方で。どうもありがとうございました!」(東京都 立川市民T)


林陵平に訊いた。「はいはい、山形戦は家族で応援にきてくれてましたね。うちの親の周りではわりとそういうことがあるらしいです。おれと同じ背番号のサポーターを見かけると、『応援してくれてありがとう』という気持ちをどうしても伝えたいみたいで」。う~む、親子そろってナイスガイ(パーソン?)。

※読者投稿を募集中! 詳細はこちらまで。手軽にひょいと参加できるものがあったほうがいいとのご要望を受けまして、『ひと言コメント』のコーナーを設けます。最初のお題は「昇格争いのキープレーヤーは?」。締切りは9月4日(火)いっぱい。

*****
スタンド・バイ・グリーン」のオススメ記事


【新東京書簡】第四十四信『心の添え木がポッキリと』海江田(18.8.15)

【マッチレポート】J2-28[A] モンテディオ山形戦『最後にほどけてしまった』(18.8.12)


RANKING

タグマ! RANKING

    RECOMMEND

      Facebook