【町田】大谷尚輝「『入れなきゃ』という気持ちでシュートを打った」【カマタマーレ讃岐戦/選手コメント】

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、タグマ!に掲載されているJリーグクラブ記事を全文掲載いたします。


【★無料公開】大谷尚輝「『入れなきゃ』という気持ちでシュートを打った」【カマタマーレ讃岐戦/選手コメント】町田日和

■明治安田生命J2リーグ第14節・5月13日(日)16:00キックオフ
町田市立陸上競技場/2,414人
FC町田ゼルビア 3-0 カマタマーレ讃岐
【得点者】町田/29分 大谷尚輝、48分 吉濱遼平、79分 杉森考起

【マッチサマリー】

敵地に乗り込んできたカマタマーレ讃岐の"奇襲"にも動じず、町田が讃岐を3-0で下した。

「あまり見たことがない形」(相馬直樹監督)である[3-4-3]システムを採用した讃岐は、高い位置を取る3トップが町田の最終ラインの背後を突くことで町田のラインを下げさせて、中盤に生じるスペースを突く狙いだった。12分には中盤でボールを受けた渡邉大剛のスルーパスから木島徹也に決定機を作られたものの、木島のシュートがクロスバーを直撃し、事なきを得た。さらに直後の19分、左サイドから渡邉にクロスボールを入れられると、反対サイドからアレックスにヘディングシュートを食らったが、この場面は福井光輝のファインセーブでしのいだ。

前半の絶好機をしのいだ町田は29分にストロングポイントであるセットプレーから大谷尚輝が先制点を奪取。さらに1点リードで迎えた後半開始直後の48分にも中島裕希のクロスボールから吉濱遼平がヘディングシュートを決めて追加点を奪うことに成功した。

2点をリードさせた讃岐はビハインドを挽回しようと、選手交代で変化をつける。しかし、終盤の79分に途中出場の杉森考起が吉濱のパスを流し込み、3点目を奪い、勝負を決めた。

「前半の最初のほうに僕とアレックスで決定機を作れていたので、あの場面で決められていれば流れが違ったのかなと思う」

元町田戦士である木島がそう振り返ったように、決定機をしのいだあと、粘り強いハードワークバトルを制した町田が今季初の3連勝を達成した。


GNJ_1305.jpg

■大谷尚輝
ーーまずは先制点のシーンを振り返ってください。
「練習していた形でしたし、前の試合(横浜FC戦)でも折り返しのボールに対して、中に僕とリュウスケさん(酒井隆介)が入っていけなかった場面がありました。それで(鈴木)孝司さんからもそのスペースに入っていけばチャンスになるという話があったので、それをゴールに結びつけられて良かったです」

ーーシュートも難しかったのでは?
「シュートを打つ時はそうでもなかったのですが、映像を振り返ると、確かに難しいシュートだったかもしれません。チームメートにもそう言われました。シュートを打つ時は『入れなきゃ』という気持ちで打ちました」

ーー途中からポジションがCBに移りましたが、プレーを振り返っていかがですか?
「相手を潰す場面など、自分の良さでアピールすることはできたんじゃないかなと思います」

ーー悪天候の中、どんなことを大事にしてプレーしていましたか?
「昨季のここでの対戦も結構雨が降っている中での試合でしたから、球際の強さは大事になるかなと思っていました。僕のサイドはアレックスでしたが、バチバチとマッチアップできました。CBになってアプローチも行きやすかったですし、個人的にはCBでの強さも出せたと思います」

ーー相手は[3-4-3]のような形でしたが、実際に戦ってみていかがでしたか?
「3バックでくることは想定されることでした。相手が自分たちに合わせてきた、というメンタリティーで戦えたので、戸惑いなどは特になかったです」

*****
町田日和」のオススメ記事

中島裕希「まだ3分の1が終わっただけ。1試合1試合自分たちのサッカーをやっていきたい」+福井光輝+重松健太郎(讃岐)【カマタマーレ讃岐戦/選手コメント】

3POINT CHECK【カマタマーレ讃岐戦/マッチプレビュー】

RANKING

タグマ! RANKING

    RECOMMEND

      Facebook