【Jリーグ】「(理事会メンバーの)全体像が非常に大事だと思います。一人のパーソンで何かできることは限りがあります。この18人が一体となってチームにならなければうまくいかない(村井チェアマン)」

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、タグマ!に掲載されているJリーグクラブ記事を全文掲載いたします。


「(理事会メンバーの)全体像が非常に大事だと思います。一人のパーソンで何かできることは限りがあります。この18人が一体となってチームにならなければうまくいかない(村井チェアマン)」~Jリーグ社員総会後の記者会見より(3)~『Jウォッチャー ~日本サッカー深読みマガジン~』

3月27日、JリーグはJFAハウスで2018年度第1回社員総会、および臨時理事会を行い、村井満チェアマンの3期目の体制が正式に発足した。

z
左から米田理事、原副理事長、村井チェアマン、木村専務理事

⇒Jリーグの理事一覧はこちら

Jリーグの理事は常勤・非常勤を含めて18人。空席となっていた専務理事にはJ2ファジアーノ岡山社長の木村正明氏が就任。また公認会計士の米田惠美氏が新たに理事(常勤)に就任し、留任した原博実副理事長と共にJリーグの業務を行っていくこととなる。

今回はJリーグ社員総会後の記者会見での出席者のコメントをお届けしています。

⇒(2)はこちら

~質疑応答~

Q:(木村専務理事へ)愛着あるクラブを離れる決断が伴ったものだと思いますが、専務理事選任を受けるにあたっての思いや、こんなことにやりがいに感じたこと、決断に至った理由を少し教えてください。

「私は岡山の街で生まれ育って、クラブを預からせていただいたわけですが、結局は自分たちが頑張ることも大事ですが、一方でリーグそのものが栄えることや栄することは、自分たちの頑張りと同じくらい大事だと感じていました。それが一つです。
もうひとつは、村井体制になってから私も同じタイミングで理事に就任しましたが、この4年間でこまでの土台の上に、今はDAZNが注目されていますが、DAZNだけでなくさらに大きな組織改革、人材育成といった、おそらく5年後、10年後あるいはそれ以降に効いてくるよう施策が、プロのビジネスパーソンとしてやってきた見方からしても実は展開されています。この流れをさらに続けていかなくてはならないし、もっともっとJリーグが巷の話題になるようになるためには、ひとクラブで携わる以上のことが必要になると思いました。それが決め手でした」

Q:(米田理事へ)ちょっと確認なんですが、木村専務理事は岡山を辞められましたが、米田理事は会計事務所があるかと思いますが、どういう形で常勤理事に就任することになったのでしょうか。
「会計事務所の方は基本的にクライアントの引継ぎを行っているので、業務が残る形は基本的にはありません。株式会社知恵屋については、代表がいるのでそちらに業務を引き継いでいます」

Q:(村井チェアマンへ)しばらく専務理事がいらっしゃらなくて探してらっしゃったかと思いますが、評判を聞きますとものすごく良い人選だという評判なんですが、例えば昨年専務理事がいらっしゃらなかった時に、去年は木村さんにお声をかけていなかったのでしょうか?
「先ほども申し上げましたが、全体像が非常に大事だと思います。一人のパーソンで何かできることは限りがあります。この18人が一体となってチームにならなければうまくいかないと思ったので、木村さん一人でもピースは欠けていますし、米田さん一人でもダメですし、ここにいる全員がすごく重要な構成要素でしたで、部分的にコンバートすることはできませんでした」

Q:(村井チェアマンへ)村井さんを頂点にいらして、原さんがフットボール全般を幅広く見られる。木村さんが実務の責任者になるイメージなのでしょうか。
「それぞれ主たる守備範囲で言うと、原さんはフットボールになりますし、 事業とか収益の確保とかは主として木村さんになります。私も、原も、木村も、結構それぞれ行くときは行ってしまうタイプなので、その3人をしっかり束ねて、官房長官として全体的な横串を通してプライオリティを決めたり投資の優先順位を決めたりするのは、主として米田の仕事になります。
また、社会との連携という点では、重要な理念の一丁目一番地でありながら、どうしても収益の方に軸が行きがちだったのですが、今回社会との連携、本当の意味での地域密着についても米田が担います。 緩やかにそれぞれの持ち分を持ちながらやっていきます。
ただ当然、チェアマン、副理事長、専務理事となるので、全体を見ながら、そこに横串を指していきます」

(4)へ続く

*****
『Jウォッチャー ~日本サッカー深読みマガジン~』」のオススメ記事


為末理事「『スポーツのために何ができるか』ではなく、『スポーツを使って社会に何ができるか』」藤沢理事「『忖度をしない』理事の一人としてお役に立てたら」~Jリーグ社員総会後の記者会見より(2)~

「フットボールのレベルアップ、地域密着のレベルアップを原点に立ち返りながらも、さらに邁進していきたい(村井チェアマン)」~Jリーグ社員総会後の記者会見より(1)~

RANKING

タグマ! RANKING

    RECOMMEND

      Facebook