【町田】井上裕大/「開幕が近づくにつれて、気持ちが高まっている」【2018Jリーグキックオフカンファレンス】

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、タグマ!に掲載されているJリーグクラブ記事を全文掲載いたします。


【★無料公開】井上裕大/「開幕が近づくにつれて、気持ちが高まっている」【2018Jリーグキックオフカンファレンス】町田日和

2月15日、東京都内で2018Jリーグキックオフカンファレンスが開催された。キックオフカンファレンスにはFC町田ゼルビアから相馬直樹監督、井上裕大が参加し、クラブプレゼンテーションに臨んでいる。クラブプレゼンテーションの前にはフォトセッション会場で、『ダービーマッチフォトセッション』も実施。町田は大宮アルディージャ、ジェフユナイテッド千葉、東京ヴェルディ、横浜FCとともに『首都圏バトル5』を展開するため、井上らが壇上でフォトセッションに応じている。その後、各ブースではクラブごとのプレゼンテーションが展開された。今回はカンファレンスに参加した井上のミニコメントを掲載する。

■井上 裕大
ーーキックオフカンファレンスに参加した経験は?
「このカンファレンスの場には大分時代に一度来たことがあります。やはり慣れないものですね」

ーー日に日にJ2開幕が近づいているという実感があると思います。
「開幕が近づくにつれて、トレーニングが始まった当初に比べれば気持ちが高まっている部分はあります」

ーー昨日は川崎フロンターレとのトレーニングマッチでした。チームとしての手ごたえは?
「あのクオリティーのチームはJ2にはなかなかいないですし、昨日のように自分たちからアクションをしかければJ2でもやれる自信はつかめました。その一方でもっとできたと思います。たしかにフロンターレ戦でやられる場面はありましたが、どのチームと対戦してもやられることはあります。そこをみんなで粘れて無失点で終えたことは良かったことですが、得点を取って勝つとなると、まだ課題が多いと思います。ウチは守備から攻撃に出るチームスタイルだと思うので、まず一つベースとしてアクションを起こして無失点で試合を終われたことはポジティブな材料だと思います。一番大事なことは自信を持ってプレーをすることなので、自信を持って力を合わせて戦えればと思います」

ーー開幕戦である京都の印象は?
「昨年のチームに関しては、前線には背の高い選手がドッシリと構えていて、サイドにはスピードのある選手がいます。自分たちの嫌なところを突いてくるチームという印象です。選手個々やチームが自信を持って、最初から目の色を変えて戦えるかどうか。それが鍵を握っていると思います」

*****
町田日和」のオススメ記事

J1基準の体感と果敢なチャレンジ。つかみ取った価値ある1勝【トレーニングマッチ・川崎フロンターレ戦/マッチレビュー】

全選手パフォーマンスチェック2018【宮崎キャンプ総括】

RANKING

タグマ! RANKING

    RECOMMEND

      Facebook