【甲府】トレーニングマッチvsFC町田戦、結果と布陣(2月9日、45×4本、0-0、0-0、1-0、0-0)1-0【練習場から】

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、タグマ!に掲載されているJリーグクラブ記事を全文掲載いたします。


トレーニングマッチvsFC町田戦、結果と布陣(2月9日、45×4本、0-0、0-0、1-0、0-0)1-0【練習場から】山梨フットボール

【練習場から】

宮崎キャンプ最後のTMとなった町田戦は45分×4本で1-0。堀米勇輝の6戦連続ゴールはならなかったが、動きはよく、決定機に近い場面は多く作れた。

トレーニングマッチvsFC町田戦、結果と布陣(2月9日、45×4本、0-0、0-0、1-0、0-0)1-0  3本目'23リンス

町田戦1本目布陣(0-0)

町田戦1本目は山本英臣とビョン・ジュンボンがCBに入る4-1-4-1。

町田戦2本目途中布陣(0-0)。スタートは1本目と同じ。

1本目から先発した荒木翔は足元の技術の高さを発揮。しかし、考えること、やるべきこと満載のプレーで最後は疲弊。ポテンシャルは発揮、慣れ・経験は必要という感じか...。

2本目最終形。今津佑太が3バックの真ん中に入る(0-0)。

3本目先発布陣(1-0)'23分リンス。3本目もスタートは4-1-4-1。

3本目に森晃太のアシストを受けたリンスがゴール。あくまでもTMの結果だが、この日唯一のゴールで、清水キャンプからのTMは5勝1分となった。リンスは直前のPKを外していただけに「取り戻した」(リンス)ゴールとなった。

3本目は島川俊郎(前)がアンカー、今津佑太(後)がCBというセンターライン。2人とも丸刈りで被り過ぎ。皆既月食みたいなシーンが何度も訪れる。

後ろから見ても被る今津佑太(33番)と島川俊郎(20番)。

4本目途中布陣。先発は3本目と同じ(0-0)。

3本目、4本目でプレーした太田修介。裏への飛び出しからゴールを狙うもワンチャンスに決めるということには至らず。同期の荒木同様にここからコンビネーションや質を高めていけば競争の中に入ることはできる。


*****
山梨フットボール」のオススメ記事

2月5日トレーニングマッチvsFC岐阜戦 結果【無料記事 練習場から】

タケシ軍団との対戦、最後の思い出は"水撒き事件"--明日の岐阜戦が楽しみーー 堀米勇輝コメント【2月4日の練習場から】

RANKING

タグマ! RANKING

    RECOMMEND

      Facebook