【川崎】守田英正、100%を語る。

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、タグマ!に掲載されているJリーグクラブ記事を全文掲載いたします。


【#オフログ】守田英正、100%を語る。川崎フットボールアディクト


「大学ではキングぶってたんですが、こっちでは新米なので」と話す守田英正は「やれることは頑張ってやろうかと思ったんですが、あれが定着するとこれからやりづらくなりますね」と苦笑い。

守田が話しているのは、1月15日に田坂祐介が紹介した同部屋の選手を紹介するツィートについてだ。


どこからどう見ても100%
体を張った自己紹介自体は悪くない。またあの写真のおかげで、チームメイトとのコミュニケーションも進んだという。

「あまりコミュニケーションを取れてなかった選手とも、あれをきっかけに関われているので、良かったかなとは思います」

衝撃的な1枚だったこともあり、今年のファン感は守田については決定的との声もあるようだが、その時は同期の脇坂泰斗も道連れにと、目論んでいるらしい。ただ、冒頭にも記した通り、もともとのキャラは違うとのこと。新人の今は全力で取り組んで「徐々に修正していこうかな」と話していた。

なお、本題のサッカーについては「少しずつですが、だいぶ馴染めてきたのかなという感じはあります」と手応えを口にしている。技術はまだ足りていないとも話すが「ゲームの流れだったり自分の持ち味の守備の部分だったりというのはある程度アピール」ができているとのことで、「いいキャンプになっているのかなと思います」と話している。

(取材・文・写真/江藤高志)

*****
川崎フットボールアディクト」のオススメ記事


【レポート】綾町7日目「練習試合翌日だから軽めかというと、さにあらず」

【コメント】綾町6日目・練習試合 鵬翔高校戦「(大久保嘉人は)よく見てくれてるというのは感じますし、お互いにしっかり信頼関係ができているので」(小林悠)

RANKING

タグマ! RANKING

    RECOMMEND

      Facebook