【FC東京】「バランスを崩してでも前に行く」徳永悠平、味スタ最後の戦いに怒涛のシュート宣言

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、タグマ!に掲載されているJリーグクラブ記事を全文掲載いたします。
今シーズンいっぱいでFC東京を去ることとなった徳永悠平選手に関する記事になります。


「バランスを崩してでも前に行く」徳永悠平、味スタ最後の戦いに怒涛のシュート宣言トーキョーワッショイ!プレミアム

V・ファーレン長崎への移籍のために、今シーズン最終戦かぎりで青赤のユニフォームを脱ぐ徳永悠平。前節vs.サンフレッチェ広島戦の出場を回避してコンディションも整い、東京の選手として迎える味スタ最後の試合に向けて気持ちを高めている。なんとゴール宣言、シュート撃つ宣言が飛び出した。
「気持ちの入ったプレーをしたい」という徳永に「東京のファンは対人の守備がむちゃくちゃ強いという印象を持っていると思うんですけれども、ここを見てほしいと思うものはありますか」と訊ねたときのことだ。

「そうですね、ポジション的にはまずしっかり守備をする。相手の攻撃陣を抑えることをしっかりやって、チャンスがあれば前に行って。ゴールを獲れればいいですけど、積極的にシュートを撃てるようなポジションまで行ければと思います」

今シーズンの徳永は室屋成と右サイドバックのポジションを競っていたが、3バックに移行後は右ストッパーに定着した。上下動は室屋に任せ、右サイドの守備に比重を割くかまえだったが、そのイメージを覆す発言だ。言われてみれば前々節のvs.サガン鳥栖戦でも徳永は右サイドを駆け上がり攻撃に参加していた。勝ちたい気持ちが抑えきれなくなってきているのかもしれない。

「天皇杯を獲った大熊東京のときなどに、そういうシーンを観た気がするのですが、ああいうシュートをバンバン撃つ攻撃的なところを見せたいのですか?」
こう問うと、徳永は肯定的な答えを返してきた。
「もちろんチームが勝つためにやるんですけど、やっぱりチャンスのときは、いつもよりバランスを崩してでも前に行きたい。サポーターのみなさんに喜んでもらえるようなプレーを出せるように。ナオさん(石川直宏)といっしょに試合をする最後の機会なので、そういうシーンをつくれればと、ちょっと意識しながらやっていければと思います」

「安定感の徳永」と評される彼がディフェンダーの本分を見失うはずがない。あくまで攻撃参加の機会が生まれたときに、ということだが、それでも「バランスを崩してでも」という言葉が出てきたあたりに、徳永のはやる気持ちがにじみ出ている。「最後にいい試合をしたい。勝って終わりたい」と、勝利への渇望を隠さなかった。

セレモニーの挨拶ばかりが気になってプレーに集中できないのは嫌だから、ペーパーを用意しておくと徳永は言う。その堅実さもまた徳永らしい。
「しっかり伝えたほうがいいかなと思って。泣かないと思いますが、まあ見ておいてください」
いや、泣くのを予告したらサプライズにならないと思うが──そのツッコミをするまでもなく、小平のクラブハウスに笑いが巻き起こる。

たしかな足跡を残し、地元クラブへと移籍するかたちでの退団は、多くのFC東京ファン、サポーターが納得して送り出すものだ。涙は似つかわしくないかもしれないが、徳永自身もファンもメディアも、あかるく笑いながらこぼれてしまう涙を止められない可能性はある。
ともかくも徳永には思いきったプレーをしてほしい。われわれが彼に望むのはそれだけだ。


*****
トーキョーワッショイ!プレミアム」のオススメ記事

吉田和拓、青木友佑、佐藤一樹監督のコメントとその解説【U-18第16節第2報】

日程に苦しんだFC東京U-23、「ここ数試合でいちばんよくない内容」(中村監督)の完敗【J3第33節】


RANKING

タグマ! RANKING

    RECOMMEND

      Facebook