大勝した試合で森岡薫は何故レフェリーのジャッジにイラっとしたのか!?【Fリーグ】

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、タグマ!に掲載されている有料記事を全文掲載させていただいておりますこの企画。
今回はフットサルを中心としたWEBマガジン「デジタルピヴォ!プラス」からの記事になります。



無料記事:大勝した試合で森岡薫は何故レフェリーのジャッジにイラっとしたのか!?[Fリーグ第3節](2017/6/24)デジタルピヴォ!プラス
2017年06月24日更新

aa1f8f4b600a298a293de817f22b7e2d-640x385.jpg
会見で岡山監督が試合の振り返りをしている中、何を思うのか、ガラス越しに外の景色に目をやる森岡キャプテン。



DUARIG Fリーグ2017/2018 第3節
ペスカドーラ町田 9-1 エスポラーダ北海道
2017年6月24日(土) 町田市立総合体育館 観客数:888人
[得点経過]
1-0 5分49秒 町田 11 室田祐希
2-0 9分13秒 町田 10 中井健介
3-0 12分40秒 町田 7 金井友紀
4-0 17分48秒 町田 99 森岡薫 
5-0 18分45秒 町田 2 日根野谷建
6-0 28分36秒 町田 10 中井健介
7-0 29分06秒 町田 18 西村祐飛
8-0 34分14秒 町田 18 西村祐飛
9-0 39分07秒 町田 10 中井健介 
9-1 39分20秒 北海道 9 十川祐樹



「平等にとってほしい」

町田が大差で勝ったゲームであり、森岡薫キャプテンが3試合連続ゴールを決めたゲームだったが、そのこともさることながら、僕には、森岡が試合中、何故、レフェリーのジャッジに何度もイラついたのか、そのことが気になった。一度などピッチを手のひらで強くたたいたことすらあった。そこで僕は会見でそのことを、いの一番に質問した。その結果、彼の口をついて出た、「平等にとってほしい」というコメントとその理由は実に興味深いものだった。

まとめ◆デジタルピヴォ! 山下



・試合を振り返って
岡山孝介監督
「前節、浦安戦で悪い終わり方をしてしまったんで(注:試合終了1秒前に同点ゴールを喫した試合)、えー、それをふっしょくする試合ができてよかったと思います。中身に関してもしっかりパスをつないでいけたし、切り替えからのカウンターの部分もそこまで受けることは少なかったと思うし。ま、思いどおりの展開で、試合を進めることができたんではないかと。ただ、今日いくら稼いだところで、また来週はゼロゼロからスタートするんで。しっかり気を引き締めて戦っていきたいと思います」

森岡薫キャプテン
「まあ、勝てたことはよかったですし、ま、そうですね、観に来た人たちは、特に町田ファンの皆さんにとってはおもしろい試合だったと思います。いろんな場面を観ることができたと思うし。いろんな選手のゴールを観ることができたと思うんで。そういう意味ではいい週末になったんじゃないかなと思います」



・質疑応答
日根野谷がいいパフォーマンスを見せてくれている

Pivo! レフェリーのジャッッジにいらついているシーンが何回かあったが、ジャッジに納得がいかなかったのか。

森岡 僕は試合が終わったあとレフェリーのこというのはあまり好きではないですけど。ただ、自分は体が強いとか、我慢できるとか、ディフェンスの当たりを、なんだろ、ファールに見せないようにできるってところが自分が損してるのかなって思わせることが結構あるので。ま、そういう意味では、平等にとってほしいっていうのは正直、ありました。いいも悪いも、レフェリーやってる人たちも人間なんで間違いは誰にもあると思うんですけど。ただ、引っ張られても取られない、ぶつかられても、後ろからタックルみたいにされても取られない、っていうのは、ま、正直、僕にとって、イラッとするシーンでもあると思うので。それからまたゲームがヒートしてしまって、コントロールできなくなってしまう前にコントロールしてほしいなというところは正直あります。ただ、先程いったように間違いは誰にもあるので。責めることはないですけど。ただ、もう少し平等に見てほしいなっていう。体が強いから弱いからとかじゃなくて、ファールはファールなんで。ルールはルールなんで。僕らもそのルールに従ってやってるつもりでいますし。そのルールに従って吹いてほしいなっていうのはちょっとあります。

Pivo! チーム4点目を自ら決めたが、今シーズン滝田がいないこともあって守備にも奮闘せざるを得ず前でプレーする時間帯が短いと話していた。しかし、今日のゴールはピヴォの位置で受けての反転シュート。森谷の復帰もあって守備に安定感が出て前で張ることができているのか。

森岡 そうですね、滝田がディフェンスの選手で。僕は後ろがしっかりしてると前で自由にやれるというのがあるので。そういう意味で今彼がいない状況でやってますけども、ま、それでも、森谷や日根野谷がここ最近いい、特に建(日根野谷)がいいパフォーマンスを見せてくれているっていうのはあるので、そういう意味では前でやれるっていう安心感というか、もちろん、イゴールがいるっていうのもあるんで。そういう意味では失点が少ない、というところがこのチームの持ち味かなと思っています。ただ、その、ボールを回していくうえで、ゲームをつくるうえで、何度か下がるシーンもあったと思うんですけど。ま、それは攻撃の選手だから、やるやらないっていうよりも、チームとして戦う意味では必要なのかなと思ってるので。ま、徐々に今後チームが森谷みたいにケガ人が戻ってくるっていうのもあって、僕が前でプレーすることも見られたのかなと思ってます。

Pivo! 西村選手がFリーグ初ゴールを決めた。このあと彼にインタビューをするつもりでいるが、監督として彼をどう評価しているのか教えてほしい。

岡山 そうですね。非常にバランスのとれた選手です。パス回しもできるし、ドリブルもできるし。ハードワークできるし。頭の回転が速い選手なんで。チームの潤滑油としてプレーしたり。後ろに入ってフィクソでもプレーできる選手なんで。非常にいい選手です。



デジタルピヴォ!プラス」ではこのほかにも下記の記事などを掲載中です。


無料記事:前半でゲームが崩れてしまった。[Fリーグ第3節](北海道・小野寺隆彦監督)(2017/6/24)

39歳・金山友紀の恐るべきゴールへのきゅう覚[Fリーグ](2017/6/22)

RANKING

タグマ! RANKING

    RECOMMEND

      Facebook