29歳の誕生日を迎えた森本貴幸が、久保建英を気遣う【川崎】

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、タグマ!に掲載されているJリーグクラブ有料記事を全文掲載させていただいておりますこの企画。
今回は川崎フロンターレを中心としたWEBマガジン「川崎フットボールアディクト」から森本貴幸選手に関する記事になります。




【麻生レポート】29歳の誕生日を迎えた森本貴幸が、久保建英を気遣う川崎フットボールアディクト
2017年05月07日更新

IMG_53952w-640x456.jpg

5月7日に森本貴幸が29回目の誕生日を迎えた。

全体練習後の円陣では、笑い声が聞こえてきており、どんなスピーチを行ったのか気になったが、話を聞くと車屋紳太郎からのお祝いの言葉だったらしい。チームメイトが笑った理由についてはわからず。

森本にとって20代最後の年となるこの1年に関し抱負を聞くと「特に無いですね。いつもと変わらず、トレーニングして試合で結果を出せるようにやって行くだけです」と話していた。

なお、森本が持っていたJの最年少ゴール記録を更新した久保建英については「見てますけど、すごいと思います」と話しつつ「15歳で出られるのはすごいと思いますし、本当にケガなく頑張って欲しいと思います」と体を気遣っていた。その森本も15歳で結果を出しており、十分に凄い選手だと思うのだが、他人事のように久保の話をするところが森本らしかった。

いずれにせよ、グループリーグ突破をかけたACLイースタン戦に向け、明日の練習ではいいアピールをしてほしいところだ。

(取材・文・写真/江藤高志)


川崎フットボールアディクト」ではこのほかにも下記の記事などを掲載中です。


【麻生レポート】ジョッグするエウシーニョ

【レポート】J1 第10節 川崎vs新潟 負傷者が復帰する中、選手間の連携で3-0と快勝

RANKING

タグマ! RANKING

    RECOMMEND

      Facebook