【大宮】塩田仁史「ピッチ内でのコミュニケーションが密に取れている」【練習コメント】

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、タグマ!に掲載されているJリーグクラブ記事を全文掲載いたします。


★無料記事:塩田仁史「ピッチ内でのコミュニケーションが密に取れている」【練習コメント】OmiyaVision

守備を安定させ、時には我慢しながら勝利を狙う形になっている現在のチームにあって、守護神・塩田は粘り強く堅守を支える。そこにはチーム全員の献身に対する感謝の思いがある


■塩田 仁史
――讃岐戦の勝利を受けて、現状をどう捉えている?
「本当は圧倒して勝ちたいところもありますけど、現状を見ると讃岐戦のようにギリギリのところを持っていく試合が多くなるのかなと。讃岐戦では[4-4-2]同士だったので、ビルドアップでは意識してスライドしながら相手を1枚剥がせるようにやっていました。そこまでスムーズに運べて、中盤の真ん中でフリーマンができれば、背後にも飛び出せるし、バイタルにもボールを入れていける。そこはまず意識したところでしたね」


――甲府戦ではビルドアップで苦しんだが、違いは?
「良い形で外せなかったというのは正直あって、『どう出てくるのかな』というところで、意外とハイプレスで来られて外し切れなかった。あとは後ろからトントンとうまく外したときも、もう一つ次の選択があまり良くなくて、一発狙いが多かった。行けちゃうし、背後を取れそうとも思うから、一つのパスで狙うんですけど、それを取られて全体が遠くなっていてすぐにプレスを掛けられず、2次攻撃、3次攻撃ができないんですよね。狙っちゃいけないとは言わないけど、2回~3回と続いて、相手はあまり早く出てこなくて、ワイドをつかみ切れていなかったので、持たれることが多くてリズムができなかったのかなと。讃岐戦ではそのバランスをちょっと修正して、なるべく前でボールを保持したいというか、あまり早くなり過ぎないことは意識していました。さじ加減は難しいですね。行くところは行ったほうがいいし、ただ行かない選択をして後ろの押し上げを含めて前にコンパクトになれれば、サイドから入れてクリアされてもまた拾える状況を作れる。そのさじ加減ですね」


――どれだけバランスを取りながら戦えるかになっている?
「ここ数試合はある程度守備も安定してきた。一つは攻撃でいろいろ微調整しているので、以前みたいにオープンな打ち合いになることもないし、どちらかと言えばオーガナイズをしっかりした中でゲームを進めていて、失点せずに進めながら90分で1点、2点取りたいよねという我慢強さの中でやっています。派手でオープンな試合になると、ゴールチャンスも増えるし、逆にこっちのピンチも増えて、激しいゲームに見えますけど、いまは絶対に勝点を取っていきたい。正直、心の中ではもうちょっと前から行きたいけど、それを剥がされることを考えると...。だから前は我慢強く頑張ってくれています。いまのウチはボールを取る位置があまり高くない。前から行って取れれば、ショートカウンターとかで前の選手が取るチャンスもできてくるけど、そのぶん失点のリスクも増える。いまは安定して勝点を取りたいというところで、前の選手も我慢強くやってくれていると思います。前残りしていたらもっとゴールチャンスもあるかもしれないけど、しっかり帰ってきてくれる。ピッチ内でのコミュニケーションが密に取れているので、良い関係は作れているのかなというのもあります」


――残り試合は安定した試合運びからいかに勝利をもぎ取るか?
「いろいろなサッカーをやってきて、いまはパスをポンポン回して凌駕するというのも、タイミング次第というのがある。前半や後半の立ち上がりに点が入れば、そうなっていく。でも、いまは後半の最後のほうに点を取っているというところ。1試合1試合の流れがあるから、セットプレーで取れることもあるんですけど、いまはそういうところにあまり左右されないような、安定した戦いをしたいというところになっていますね。残り8試合、勝点を落としたくないし、最悪でも1、できれば3取りたい。福岡戦は絶対に3を取りたいし、自動昇格を目指すならなおさらですよね。讃岐戦の前にも話していたんですけど、やっぱり先に取られると引かれて厳しくなる。できるだけ無失点の時間を長く伸ばして、相手も出てこないといけなくなれば、点を取るチャンスはある。でも1点先に取られると引かれて難しくなってしまうので、そのあたりも意識しながらやっています」


――勝負どころではリスクを背負って勝点3に結びつけていく?
「その作業を我慢強くやっていくことが必要じゃないかなと思います。もちろん、その中にはボールを持つとか、サイドから人数を掛けてしっかり前にコンパクトにゲームを進めるとか、いろいろある。でも大まかに言えば無失点の時間を長くして、しっかり勝点を取っていくという方向かなと思います」

*****
OmiyaVision」のオススメ記事


スタンスは変わらない。我慢強く戦い、状況に応じたプレーで勝利を狙う【プレビュー/J2第35節・福岡戦】

石井正忠監督「『優勝するためには』というものを求めていきたい」【練習コメント】

RANKING

タグマ! RANKING

    RECOMMEND

      Facebook