【東京V】【練習レポート】写真ギャラリー『TM アスルクラロ沼津戦』

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、タグマ!に掲載されているJリーグクラブ記事を全文掲載いたします。


【無料記事】【練習レポート】写真ギャラリー『TM アスルクラロ沼津戦』(18.5.29)スタンド・バイ・グリーン

J2第16節愛媛FC戦から一夜明けた27日、アスルクラロ沼津とのトレーニングマッチが行われた。ファインセーブを見せ、完封勝利に貢献した柴崎貴広。
J2第16節愛媛FC戦から一夜明けた27日、アスルクラロ沼津とのトレーニングマッチが行われた。ファインセーブを見せ、完封勝利に貢献した柴崎貴広。

中盤の底で橋本英郎が身体を張る。
中盤の底で橋本英郎が身体を張る。

林陵平は見事なヘディングシュートを叩き込んだ。もっと、おれにボールを集めんしゃい。
林陵平は見事なヘディングシュートを叩き込んだ。もっと、おれにボールを集めんしゃい。


相手と激しく競り合う森俊介。前半の決定機を逃したのが悔やまれる。
相手と激しく競り合う森俊介。前半の決定機を逃したのが悔やまれる。

ボールを持ち上がる平智広。いつ声がかかってもオッケーだ。
ボールを持ち上がる平智広。いつ声がかかってもオッケーだ。

この試合、田村直也は3バックの右に入った。
この試合、田村直也は3バックの右に入った。

菅嶋弘希がサイドから攻撃を仕掛ける。
菅嶋弘希がサイドから攻撃を仕掛ける。

前半で交代し、後半途中再びピッチに投入された梶川諒太。
前半で交代し、後半途中再びピッチに投入された梶川諒太。

佐藤優平は豊富なアイデアを駆使し、攻撃を牽引した。
佐藤優平は豊富なアイデアを駆使し、攻撃を牽引した。

徐々にトップフォームへと近づいている澤井直人。後半、決定的なシュートを外し、ウアーッと獣のような叫び声。
徐々にトップフォームへと近づいている澤井直人。後半、決定的なシュートを外し、ウアーッと獣のような叫び声。

カルロス・マルティネスの巧さが生きるゲームとはならなかった。
カルロス・マルティネスの巧さが生きるゲームとはならなかった。

再度チャンスをつかみたい高井和馬。このまま終われるわけがない。
再びチャンスをつかみたい高井和馬。このまま終われるわけがない。

東京Vユースのエース、森田晃樹は後半から出場。シャツを掴まれながらも力強く前進する。全体的には、いつもよりだいぶおとなしかった印象だ。持てる力の3割程度しか出していない。
東京Vユースのエース、森田晃樹(3年)は後半から出場。シャツを掴まれながらも力強く前進する。全体的には、いつもよりだいぶおとなしかった印象だ。持てる力の3割程度しか出していない。

後半途中、沖田政夫GKコーチの周りに背番号の大きな選手たちが集まる。
後半途中、沖田政夫GKコーチの周りに背番号の大きな選手たちが集まる。

そして出てきた、森田に続くユースの精鋭たち。村井清太(3年)はチャンスによく絡んだ。上出来。
そして出てきた、森田に続くユースの精鋭たち。村井清太(3年)はチャンスによく絡んだ。上出来。

センターバックの綱島悠斗(3年)。昨年と比べ、だいぶ身体の線が太くなった。いかり肩ね。そっちのほうが迫力があっていい。
センターバックの綱島悠斗(3年)。昨年と比べ、だいぶ身体の線が太くなった。いかり肩ね。そっちのほうが迫力があっていい。

193センチ。大器と噂の佐古真礼(1年)。名はマアヤと読む。
193センチ。大器と噂の佐古真礼(1年)。名はマアヤと読む。

【今日のいつか義兄弟】

前半の途中、アップを始めた佐藤優平と、
前半の途中、アップを始めた佐藤優平と、

ユースの森田晃樹。
ユースの森田晃樹。

並んでアップしているとき、周りからは「おまえら、よく似てるな。兄弟かよ」と盛んにイジられていたふたり。いや、長めの茶色がかった髪以外、全然似てないでしょと思われるだろうが、たしかに身にまとう空気感が似通っている。ちょいとチャラそうな風貌と、プレーにシャレっけがあるところも。

*****
スタンド・バイ・グリーン」のオススメ記事


【練習レポート】トレーニングマッチ vs アスルクラロ沼津『原則をどう運用するかは選手の権利』(18.5.29)

【トピックス】日テレ・ベレーザのピンチはチャンス(18.5.28)

RANKING

タグマ! RANKING

    RECOMMEND

      Facebook