【甲府】山梨県出身の大卒ルーキー・太田修介、今津佑太が開幕戦ベンチ入りの可能性濃厚【練習場から】

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、タグマ!に掲載されているJリーグクラブ記事を全文掲載いたします。


山梨県出身の大卒ルーキー・太田修介、今津佑太が開幕戦ベンチ入りの可能性濃厚【無料記事 練習場から】山梨フットボール

【無料記事 練習場から】

大宮戦前日の練習後、今津佑太(左)と太田修介(右)に「並んで写真を撮らせてほしい」と頼むと、ふざけて2人合作のハートマークまで作ってくれた。そして、上手いことエンブレムがハートの中に入った。

山梨県出身の大卒ルーキー・太田修介、今津佑太が開幕戦ベンチ入りの可能性濃厚

開幕のアウエー大宮戦前日の練習では攻撃のセットプレーの確認などが主に行われたが、守備に入った選手は7名。部分合流中の選手を含むそれ以外の選手は伊藤彰ヘッドコーチのもとでガッツリ練習をこなしていて、第2節のホーム東京V戦(3/3)、その4日後のルヴァンカップ第1節ホーム札幌戦(3/7)に向けて戦った。で、この7名がベンチ入りメンバーだと推測したがその中に大卒ルーキーの太田修介と今津佑太がいた。ベンチ入りの可能性ではあるが、話を聞くと太田は「ずっと目指していたところなんでベンチ入りがあるなら変に高ぶらずに冷静に入りたい。(出場のチャンスがあったら)自分の特徴を出して甲府のためにサッカーをすることだけを考えたい」とヴァンフォーレ愛に溢れるコメントをしてくれた。

今津は「ついこの間まで練習生という立場だったので、もしベンチ入りができるのならここから積み上げていきたいし、そうしないといけない。一喜一憂しないで地に足をつけてチームの勝利のために貢献することを考えます」とコメント。2人とも山梨県出身で実家から練習場に通っていることも同じ。太田はアカデミー育ち、今津はトラベッソ育ちとクラブは違えど山梨のサッカー界が生んだJリーガーで地元愛は強い。太田はヴァンフォーレ原理主義者といってもいいくらいの愛情を持っているし、今津も「活躍してトラベッソを宣伝しないといけないですね」と、育ったクラブに恩義を感じている。「ヴァンフォーレで活躍して、トラベッソに『今津フィールド』っていう人工芝のグラウンドをプレゼントする?」と聞くと、肩をすくめながら右手の親指と人差し指で丸を作って、「まだこれがないんで...」と苦笑いしていたが、今津フィールドをプレゼントするくらいの志で大きな選手になっていってほしい。

*****
山梨フットボール」のオススメ記事

「勇気を持って戦うことが大事。誰かが責任を果たさないとたちまち劣勢に追い込まれる」吉田達磨監督【練習場から】

「8年ぶりの実家暮らしは親との距離感が近くて中二病がぶり返したみたいになってます(笑)」今津佑太【練習場から】



RANKING

タグマ! RANKING

    RECOMMEND

      Facebook