涙の後でもう一度。笑顔で終わった都立東久留米総合の高校サッカー

93回目を迎える伝統行事、高校サッカー選手権大会が12月30日より首都圏で開催される。今週の『J論』では、高校サッカーを取材してきた6人の筆者が、それぞれ少し視線と論点を変えながら「高校サッカーの風景」を描いていく。自らも高校サッカーの空気の中で育ち、惜しみない愛を注ぐ土屋雅史が取り上げるのは、すでに大会から姿を消している敗者たち。語るのは、都立東久留米総合高校が迎えた「本当のラストマッチ」について――。

RANKING

タグマ! RANKING

    RECOMMEND

      Facebook