[J論] - これを読めばJが見える

論コラム週替わりのテーマについて有識者が物申す!

テーマJ2リーグ2014終盤戦。ラストスパートへ、それぞれの選択

ugkawabatashimizuoosimahojoetonakanofujimotokawajikotanitetsutsuchiyakitakenasanoendomoritanaitowatanabefumofumogotosimozonogelmatsuoikedamaedaandoejimahiranoiwamotohigurashitakinishibesatotakuyoshidasuzukijunkamiyagototaoyamaozawasatomadokatanakayoshikirokukawakatamura55nakakuranonakagunzifujiimatsuojunmaeshimaonakakawanokumamotojronmatsumotoodayunoishiiatsushisatoisaotatsu

水戸のガッツマン・佐藤拓也

2014 10/03  10:37

"輝かしくない"水戸ホーリーホックが、3年連続黒字となった「3つのきっかけ」

2014年のJ2リーグは全体の4分の3余りを消化。いよいよラストスパートが問われる季節になってきた。「最初からスパート」状態だった湘南が早くも昇格を決める一方で、2位以下は予断を許さない状況が続いており、下位の攻防も熾烈だ。そこで「J論」では、J2の幾つかのクラブにフォーカス。そのラストスパートに注目する。最後となる第5弾は、あえて成績面では振るわない水戸に登場してもらった。クラブを取材して10年になる佐藤拓也が、成績低迷にもかかわらず経営改善を為し遂げたクラブの転機を語る。



▼「水戸をJリーグに上げたのは失敗だった」
 今年で水戸ホーリーホックはクラブ創立20周年を迎えた。ただ、これだけ輝かしい出来事のない20年も珍しい。

 水戸を取材してきた中で忘れられない言葉がある。それは7、8年前、Jリーグ幹部を取材した時のこと。取材の終わりに自分が水戸を取材していることを伝えると、その幹部は少し考え込んで、「水戸をJリーグに上げたのは失敗だったね」と真面目な表情で口にしたのである。決して水戸を非難しようとしたわけではなく、あくまでそれは心からの声のように聞こえた。

 確かに「失敗」だったと言わざるを得ない。

 Jリーグに昇格した00年当時、水戸はホームタウンにJリーグ基準のスタジアムを持っていない状態だった。さらに経営においても責任企業が支えているわけではなく、初代社長の故・石山徹氏の個人の財産で支えられて運営されている状態だった。明確な基準で審査されてライセンスが発行される今ならば、間違いなくJリーグに上がることはなかっただろう。しかし、当時は「Jリーグの仲間を増やしていこう」という風潮があった。周囲から後押しされてJリーグ参入を認められることとなったのだが、それからが苦しみの連続だった。

「市民クラブ」と謳いながらも水戸市に活動拠点を持たないため、ホームタウンと密接な関係を築くことができず、スタンドは毎試合閑古鳥が鳴く始末。それゆえにスポンサーも増えず、さらに08年には宮田裕司社長(当時)の飲酒運転が発覚したことによってスポンサー離れも進み、経営難に拍車がかかった。かつてともに経営に苦しみ、リーグ下位に低迷していたヴァンフォーレ甲府やサガン鳥栖といったチームが経営を立て直して羽ばたいていった一方、水戸はいつまでも「失敗」の烙印を消せないまま、希望を抱けない状況が続いていた。

▼訪れたターニングポイント
「転機が訪れたのは11年」。そう話すのは08年途中から社長へ就任した沼田邦郎氏だ。09年にケーズデンキスタジアム水戸の改修が終了し、ホームタウンに待望のスタジアムが完成したことにより風向きが変わる予兆を感じながらも、それまでの赤字経営のツケは大きく、経営改善には至らず、11年の新体制記者会見の前に「経営危機」の会見を行う「最悪のスタート」(沼田社長)を切った。

 しかし、そこから見せた変化は劇的だった。それには「3つのきっかけがあった」と沼田社長は振り返る。

 一つ目は柱谷哲二監督の就任である。かつて日本代表のキャプテンとしてチームを引っ張り、「闘将」のニックネームで親しまれた知名度抜群の監督がやってきたことにより、県内で大きな注目を集めることができた。

 同年5月の高橋靖市長の就任も、確かな追い風となった。水戸がJリーグに昇格した際、水戸市はホームタウンとして認める代わり、ホーリーホックに「資金的援助を一切認めない」という覚書の提出を求めた。その後もそうした関係が続いていたが、高橋市長は就任する時に「水戸市を盛り上げるためにホーリーホックを利用しない手はない」と考え、覚書をなかったものとしてホーリーホックをバックアップする方針を固め、同年には出資を決定するなど、サポート体制を整えた。

 そして三つ目は、東日本大震災だった。大きな被害を受けた影響によって茨城県内の経済は滞り、さらにスポンサー離れも懸念された。しかし、未曾有の事態の中だからこそ、クラブが大切にしたのは「市民クラブ」としての原点。それが起死回生につながったのだ。クラブスタッフが支援物資を届けるために県内を奔走し、選手たちは志願してボランティア活動を行うなど地域のために尽力した。「地域のために」という理念を体現したことで一気に地域との距離が縮まった。

「経営改善計画を立てて、新たなスタートを切ろうとしたところで東日本大震災が起きた。これはもうダメかと思いました。どうしようと考えていたが、とにかく地域復興のために活動しようと。我々のことよりも地域に貢献することだけを考えて活動しました。それによって地域密着が加速したような感じがします。柱谷哲二が来た。そして、高橋靖市長が就任して、はじめて水戸市から出資をいただくこととなった。ポイントは2011年。いろんなことが、ドドドッと動き出した」と沼田社長は述懐する。

▼変わるための次なる一歩
 絶体絶命のピンチが一気にチャンスと変わった。

 震災後、スポンサーは離れるどころか、むしろ増えていき、経営は改善されて借入金を期限内に返済することができたのである。11年から3期連続して黒字を達成。経営面の立て直しにも成功している。

「クラブとしては2012年からが本当のスタートだと思っています」。沼田社長は力強い口調で言い切っている。

 震災以降、ホームタウン活動は年間600回近く行っており、さらにホームゲーム前には必ず選手たちが水戸駅前でチラシを配布し、来場を呼び掛けている。柱谷監督は継続的に子どもたちを対象にしたサッカー教室を開催するなど、そうした地道な活動が地域との絆を育み、「市民クラブ」としての存在感を示すようになってきている。それは今季の観客数が証明している。順位は振るわず下位に低迷。さらにJ1クラブライセンスを取得できないためJ1昇格の可能性がない中での戦いに関わらず、昨季よりも観客数が伸びているのだ。それは地域に受け入れられるようになった何よりの証拠と言えるだろう。

 今年3月、Jリーグの村井満チェアマンが水戸を視察に訪れた際、こう感想を述べた。

「水戸はピッチの内外でJリーグのモデルとしたいクラブ。すごくいいクラブだと思います」

 創設から20年。地域と密着した関係を築き、健全経営を続ける現在の水戸を見て、「Jリーグに上げたのは失敗だった」と言う者はいないだろう。「ライセンス問題」など多くの問題が立ちはだかっている現実もあるが、これまで何度も危機的状況を乗り越えてきた水戸に怖いものなど何もない。20年かけて培ってきた地域との絆を大切にしながら一歩一歩、前へと進んでいく。


佐藤 拓也(さとう・たくや)

2003年に横浜FCのオフィシャルライターとして活動をスタート。水戸は04年の『エル・ゴラッソ』創刊とともに取材を開始。横浜から週に2、3回通い続ける日々を送っていたが、09年末に茨城に移住。水戸中心に取材を行う覚悟を決めた。そして12年3月に有料webサイト「デイリーホーリーホック」を立ち上げ、クラブの情報を毎日発信している。著書は『FC町田ゼルビアの美学』『被災地からのリスタート コバルトーレ女川の夢』(いずれも出版芸術社)。

テーマ: J2リーグ2014終盤戦。ラストスパートへ、それぞれの選択 に関するコラム
J論編集部

J論編集部

水戸のガッツマン・佐藤拓也  その他のコラム

投票

納得(6票)

匿名(IP:210.227.195.209)

自分も11年の後半から見に行くようになったな
柱谷もあるが隆行が来てくれたことが大きいかな
今年は家族で初のシーチケとアウェイ遠征、記念Tシャツなどをゴロゴロ購入
少しは貢献してるかな

2014年10月 3日 20:16

奥久慈ホーリー(IP:58.98.147.1)

ホーリーホックは自分の生活の一部です!

2014年10月 3日 22:38

中村鉄也(IP:126.123.120.170)

 自分が水戸のことを気になりだしたのは、今はなきJsサッカーにて西が丘で行われた納涼漢祭りが記事になったころからですね。サポーターの熱気は素晴らしかったけど、まさか行政とはそんな冷徹な関係だったなんてねえ・・・・。
 それでも20年クラブが続いていることは、立派な勲章だしライセンス問題も早くクリアして、J1での「茨城ダービー」の実現をこの先に期待したいです。

2014年10月 5日 21:45

匿名(IP:49.98.131.80)

私も2012年から試合に足を運ぶようになりました!水戸はフロントが頑張ってるのが目に見えてわかるから、自分も友達や家族を繰り返し繰り返し試合に誘ってます!!
私たちには諦めず、水戸とともに共に頑張る覚悟があります!

2014年10月 9日 09:52

匿名(IP:123.198.47.131)

2002年日韓ワールドカップで盛り上がる中、笠松運動公園はいつも3,000人前後の入場者で、平日の雨の日は998人の日があった。自分が見に行かないと1,000人を割ってしまう。。。
前田監督はつまらない試合の連続だった。勝つため?の戦略もあれでは観客を喜ばすことはできない。
木山は良かった。監督としては最高ではないか。(今後も含めて)
選手の入れ替えが激しいのも特徴の一つ。10人前後が入れ替わるので背番号入りのグッズを購入できず、いつも12番を選ぶ(笑)
最初水戸で育った選手が他で活躍する姿を見かけると嫌だったが、今では水戸のお蔭だろうと言えるようになったような気がする。
今回の高崎もそうだ。
結果、良くなったり悪くなったりを繰り返して、少しずつ良くなっている。確実に着実に浸透してきている。特に水戸市民には確実に浸透してきている。水戸市にプロの球団があることは誇りだ。
今後は、知っているが行ったことがない水戸市民を1回スタジアムへ足を運ぶ機会を作りたい。
一人では行けない。やはり誘って増やすしかない。
過去の失敗で、せっかく大勢の来場者を迎えたイベント的な試合でことごとく負けてきた。
アウェイの来場者をあてにするので、どうしても強いチームの時に開催する。
たとえば、K’Sのこけら落としは最悪のタイミングだった。昇格させた試合を選んでしまった。
初めて来場する人には勝利をプレゼントすべきだ。
最後に、
今回、鈴木と契約を更新しなかっただけでなく、千葉に移籍されたのもまずい。鈴木で500人以上減っただろう。コーチ(選手兼任でも良い)になってほしいものだった。
本間は引退後も残ってほしいのはサポーター全員の願いだ。

2015年2月16日 20:24

白狼(IP:1.115.196.71)

自分は水戸出身です。自宅は柏にありますが、単身赴任で兵庫県に住んでいます。子供達は柏下部組織にお世話になりましたが、正直、水戸が勝つととても嬉しいし、弱小と言われようが関係ありません。自分の故郷にJリーグ市民クラブがあるって、本当に誇らしいことです。

2015年7月16日 20:20

異論(0票)

論 アクセス ランキング

  1. 奇妙な試合に消えた浦和レッズ。その敗北が偶然の産物とは思えない 5580PV
  2. J1【浦和vs松本】松本山雅FC 試合後の選手コメント『体を張るということを90分通してやらないといけない』(田中隼磨)+前田・飯田 5343PV
  3. ハリルホジッチと右翼のフットボール 5280PV

論 最新ニュース