"山岸の奇跡"が浦和を奮い立たす。もはや肚はくくった。人事を尽くして奇跡を待つ

2014年のJ1リーグも、いよいよ12月7日に最終節を迎えようとしている。今週はこのJ1最終節に焦点を絞り、各クラブの番記者にそれぞれの立場から語ってもらうこととした。優勝、残留などそれぞれ目指す場所は違えども、12月6日の15時30分から始まるゲームで、クラブの命運が分かれるのは同じ。最終節を目前にして首位から陥落した浦和レッズはホームに名古屋を迎え撃つ。勝利してもなお届かないかもしれない。そんな絶望を前に何を思うのか。浦和レッズを追い続ける神谷正明が現在の心境に迫る。

RANKING

タグマ! RANKING

    RECOMMEND

      Facebook