16位、「攻める大宮」が直面した現実。失われた伝統と、新たなる武器と

2014年のJ1リーグも、いよいよ12月7日に最終節を迎えようとしている。今週はこのJ1最終節に焦点を絞り、各クラブの番記者にそれぞれの立場から語ってもらうこととした。優勝、残留などそれぞれ目指す場所は違えども、12月6日の15時30分から始まるゲームで、クラブの命運が分かれるのは同じ。まずは16位に沈み、降格の危機に瀕する大宮アルディージャについて、熱く厳しい目線でクラブを見守ってきた平野貴也が掘り下げる。

RANKING

タグマ! RANKING

    RECOMMEND

      Facebook