【栃木】栃木SC 第98回天皇杯2回戦 徳島ヴォルティス戦後の浜下瑛「アピールにはなったが勝たせるまではいけなかった」温井駿斗「いつもとは違うパスが出せた」仙石廉「ペナルティを与えていなければもっといいゲームができたと思う。悔やまれる」

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、タグマ!に掲載されているJリーグクラブ記事を全文掲載いたします。


【無料記事】【コメント6/6】栃木SC 第98回天皇杯2回戦 徳島ヴォルティス戦後の浜下瑛「アピールにはなったが勝たせるまではいけなかった」温井駿斗「いつもとは違うパスが出せた」仙石廉「ペナルティを与えていなければもっといいゲームができたと思う。悔やまれる」栃木フットボールマガジン

天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会2回戦

2018年6月6日19時キックオフ 鳴門大塚スポーツパーク
入場者数 1,309人(うち栃木サポーターはゴール裏に約30人)
天候 雨、弱
気温 21.2
湿度 86%
ピッチ 全面良芝、水含み

徳島ヴォルティス 1-0 栃木SC
(前半1-0、後半0-0)
得点者:5分 杉本太郎(栃木)

<スターティングメンバー>
GK 33 石川 慧
DF 19 服部 康平
DF 17 福岡 将太
DF 28 温井 駿斗
MF 29 川田 拳登
MF 21 牛之濵 拓
MF 4 仙石 廉
MF 24 和田 達也
MF 8 廣瀬 浩二
FW 16 榊 翔太
FW 13 上形 洋介
控え
GK 1 竹重 安希彦
DF 3 西河 翔吾
DF 27 久富 良輔
MF 2 西澤 代志也
MF 38 宮崎 泰右
MF 37 浜下 瑛
MF 10 杉本 真
横山雄次監督

46分 廣瀬→浜下
54分 上形→杉本
79分 榊→久富

■浜下瑛

――後半頭から入ってキレのあるドリブルを見せました。

「前半ボールを持つ時間が少なくて、仕掛けるシーンも少なかったので、試合を見ているときにボールを持ったら仕掛けようという気持ちでいました。実際に試合に出て、打開するまではいけたんですが、最後の決め切る、決めさせるパスとか、質を高めていけたらなと思いました」

――追いつけそうな時間がありました。

「精度が課題です」

――リーグ戦へ繋げるアピールにはなったのかなと。

「アピールにはなったと思いますが、チームを勝たせるまではいかなかったので、勝たせられる選手になりたいです」

――雨が降っていたことはプレーにどう影響しましたか。

「ドリブルがしにくいと思ったんですが、どちらかといえばドリブルしやすくていいピッチだなと思いました」

■温井駿斗

――個人的なプレーの感想はどうでしょう。

「いつもとメンバーが変わっていて、FWやサイドの選手に足元で受けるのがうまい選手が多いなかで、自分としては斜めに入れるようなパスを何本か入れることができて、いつもとは違うパスが出せたと思っています。クロスでも何本かチャンスを作れていたので良かったと思いますが、栃木のストロングであるセットプレーの本数が多かったのにもかかわらず、チャンスにも得点にもつながらなかったので一番の反省だと思います。リーグ戦に出るにはその部分の質についてどれだけアピールできるかだと思っているのでもう少し中の選手と合わせたり質を高めたりしないといけないと思います」

――ロングスローが雨で飛ばない、という苦しさがありました。

「そうですね。ボールを拭いても手元で滑るので飛ばないことはわかっていたんですが。前の岐阜戦のときも雨で濡れて飛ばなかったので、苦しいのはわかっていました。ちゃんと飛べばもっとチャンスになっていたと思いますが、天候は仕方がないので、逆にリスタートで早くプレーしたり、早めに投げたりするとか、そういうオプションももっと増やさないといけないと思います」

――CKFKの質についてはどう感じましたか。

「蹴る前に中の選手と話しをして蹴っていたんですが、それほど的外れなボールは蹴っていなかったし、ボールの弾道は悪くなかったと思うので、もう少し中の選手と合わせていけばチャンスにはなったと思います」

――後半は前線の選手がみんな小さくて、ペナルティに入っている選手4人が全員160㎝台というときもありました。ただ、クロスを放り込んでも難しかった。

「そうですね。前半にグラウンダーの早いクロスからカミ君(上形)がシュートまで行ったシーンがあったんですけど、ああいうシーンを後半ももっと作れればよかったと思います。もうちょっと工夫があっても良かったと思います」

■仙石廉

――後半はセットプレーを中心にチャンスを作りかけましたが、どういう感触でしたか?

「前半、少しボールが大きくなっていたので、修正して、後半は康平の頭を狙っていたんですが、合ったときもあったし、そこで決め切る力があればという感触でした。今の自分にできることは10本のCK10本合わせることなので、もっといいボールを蹴るしかないです」

――あとは立ち上がり、仙石選手がホールディングした、との判定でしたが。

「いやーそうですねえ、うん......。どうだったんだろうと思いましたが、PKという判定は判定だし、結果なので。マークの付き方ももっとできることはあったのかなと思いますし、ただ、ファウルをしようと思ったわけではないので、何とか取り返したいと思っていました」

――その失点シーン以降はチームでまとまったゲームを進めることはできたのかなと思います。

「誰一人自分勝手なプレーをしていなかったし、やるべきことを守れていたと思います。それだけに自分が最初にファウルしてPKを与えていなければもっといいゲームはできたと思います。悔やまれます」

――今季の公式戦初出場については。

「リーグ戦に出たいと思っているし、練習試合も休まずに全部出てきたので身体のコンディションに不安はありませんでした。自信をもってプレーできましたが、やっぱり最初のファウルですね」

*****
栃木フットボールマガジン」のオススメ記事

【コメント6/6】第98回天皇杯2回戦 徳島ヴォルティス対栃木SC 徳島ヴォルティス リカルド・ロドリゲス監督

【コメント6/6】栃木SC 第98回天皇杯2回戦 徳島ヴォルティス戦後の石川慧「開幕戦との明らかな違いを見せるために必要なものは勝つことだったので、正直この結果は悔しい」廣瀬浩二「徳島相手にチームが一つになりハードワークして守備ができていた」

RANKING

タグマ! RANKING

    RECOMMEND

      Facebook