【大宮】山越康平「責任を持って判断したプレーが必要になってくる」【練習コメント】

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、タグマ!に掲載されているJリーグクラブ記事を全文掲載いたします。


★無料記事:山越康平「責任を持って判断したプレーが必要になってくる」【練習コメント】OmiyaVision

ここまで無失点試合のない大宮。山越は状況に応じた判断の重要性を語った

■山越 康平
――松本戦の守備をあらためて振り返って感じたことは?
「松本戦だけではないと思うんですけど、いまはバランスが悪いと感じています。マンツーマン気味にやっているぶん、ズレが生じているので、マンツーマンにする部分ともっと考えてスペースを埋める守備の使い分けができていない。それが失点にもつながっているのかなと感じています」

――局面ごとの判断を下せていない部分がある?
「もちろん失点の部分では止めなきゃいけないんですけど、そこまで持ち込まれているシーンが多い。それ以前に防げる部分がもっとあると思うので、そういうところを高めていかないといけないと思います。いくら個人個人の能力が高くても、チームとしてまとまっていないと防げるものも防げなくなってしまうと感じています」

――松本戦の1失点目のように通常ならあり得ないスペースが生まれてしまっている?
「ああいう相手に有利な状況になってしまっているし、ボールを入れられたらフリーになってしまっている。それ以前に防げた部分はありました。あの場面なら敵陣からロングフィードを蹴られているので、そこにプレッシャーに行けば防げたはず。そういうところを一つひとつつぶしていかないといけないと感じています」

――課題解消のためにチーム内の話し合いは?
「ミーティングでも石井さんさんも言っていましたし、練習でもそういうところを意識してやっています。ただ、それ以上にもっとコミュニケーションを取っていかないといけない。周りのコーチングももっと必要ですし、自分のポジショニングも含めて、状況に応じて判断できるようにしないといけないと感じています」

――今節の相手・山口の印象は?
「上位にいるチームですし、試合を見た感じでも非常に良いサッカーをしている。強いチーム、バランスの取れたチームだと思います。松本対山口の試合を見ていたんですけど、結構、サイドから起点になっているところがありました。組織的にサッカーをしてくるので、こっちも組織的にやらないと守れるものも守れないと思います」

――センターバックとして意識したい部分は?
「行くところと行かないところの判断と、バランスを崩していいときとよくないときの判断は、常に声を掛けていきたいと個人的に思います。あとは最終的にゴール前なので、そこでしっかり体を張って、失点しないようにしていかなければいけないなと思っています」

――セットプレーの守備も意識していく?
「意識していますし、常に声を掛けたり、体をぶつけて自由にさせないというところが重要になってくると思います。あとは言われたことだけじゃなくて、自分のマークを捨ててでも(相手のプレーを)読んだりして、自分たちの判断で変えてもいい部分はあると思っています。責任を持って判断したプレーが必要になってくると感じています」

*****
OmiyaVision」のオススメ記事


マルセロ・トスカーノ「戦う姿勢、負けたくないという気持ちを前面に出したい」【練習コメント】

★無料記事:体力・技術、まだまだ健在【フォトレポート】




RANKING

タグマ! RANKING

    RECOMMEND

      Facebook