捲土重来。"チームになった"遅咲きの桜が、3位・福岡に挑む雪辱の舞台

Jリーグの各カテゴリーは、レギュラーシーズンを終えて、ポストシーズンに突入。最後の勝者になろうとしのぎを削っている。シーズンの命運を決する"最後の戦い"に焦点を当てたポストシーズンマッチレビュー。第4回は大熊清新監督の下、J1昇格プレーオフ決勝進出を果たしたC大阪にフォーカスし、大熊監督がもたらした変化と決勝の勝算についてC大阪の番記者・小田尚史氏が迫った。

RANKING

タグマ! RANKING

    RECOMMEND

      Facebook