[J論] - これを読めばJが見える

論コラム週替わりのテーマについて有識者が物申す!

テーマアギーレ監督更迭。果たしてその決断をどう見るべきなのか?

ugkawabatashimizuoosimahojoetonakanofujimotokawajikotanitetsutsuchiyakitakenasanoendomoritanaitowatanabefumofumogotosimozonogelmatsuoikedamaedaandoejimahiranoiwamotohigurashitakinishibesatotakuyoshidasuzukijunkamiyagototaoyamaozawasatomadokatanakayoshikirokukawakatamura55nakakuranonakagunzifujiimatsuojunmaeshimaonakakawanokumamotojronmatsumotoodayunoishiiatsushisatoisaotatsujyuni

川端暁彦

2015 02/11  10:20

この時期に契約できる監督は「売れ残り」。急いては事をし損じる。ここはリスク覚悟で「待ち」の一手では?

ハビエル・アギーレ監督が解任された。アジアカップの早期敗退を巡る引責ではなく、あくまで「八百長疑惑」による日本代表チームへの悪影響を懸念しての交代だった。果たしてこの決断はどう見るべきなのか。今週の『J論』では複数の識者があらためてこの問題に切り込む。今回は「候補目白押し(?)」の後任人事をめぐる問題について、川端暁彦が語る。



▼氾濫する「お断り」
 ハビエル・アギーレ監督が更迭されてから1週間余り。後任選びが一種のエンターテインメントと化すのは悪いことばかりではないが、しかしどうにも良い流れにあるようには見えない。

 ホドル、ラニエリ、プランデッリなどなど、海外メディアがフリーの監督をリストアップしているかの勢いで「日本代表監督、お断り」の話を伝え、それを日本の報道機関が流すというパターンでの報道が続いている。当たり前の話だが、欧州主要リーグのシーズン真っ盛りのこの時期に「監督探し」をしているチームは少数派。それゆえに、その稀少例であり、一応W杯の常連であり、国としての名前も知られている日本代表監督が「当て馬」になってしまっている感は否めない。

 名前の挙がっている監督のうち、日本サッカー協会がリアルにオファーしている指導者は皆無に近いだろうし、身分照会レベルのことすらやっているか怪しいものだ。「日本が代表監督を探している」という情報が、どうにもうまく使われてしまっている。それもこれも、この時期に監督を探すということがイレギュラーだからに他ならない。

▼「誰か」でいいのだろうか
 アギーレ監督の解任自体は一つの結論として「あり」だと思っていた。アジアカップで結果が出なかったことは厳然たる事実だし、その責任の一端は指揮官にもある(指揮官「だけ」にあるとは思わないが)。八百長疑惑の長期化がスポンサー離れを生むのだとしたら、それも含めたトップの決断を最終的には尊重したいとも思う。

 ただ、解任という結論ならば、アジアカップ直後に続投を明言し、その後に原博実専務理事や霜田正浩技術委員長にTVメディアを通じて解任直前まで監督擁護を語らせ続けたのはミスだったのではないか。もっとソフトランディングの解任はあり得たはずだ。まるで何の計画性もなく急に翻意し、突然決断したかのように見える一連の流れは、正直に言って不可解だった。

 こうして急に始まった(としか思えない)「監督探し」は、果たして奏功するのだろうか。

 もちろん「誰か」と契約に漕ぎ着けること自体はできるだろう。ただ、代表監督という椅子はそんなに軽いモノではない。そのことは今回あらためて痛感したはずだ。「誰か」でいいのかどうか。言葉は悪いし、例外もあるが、この時期に契約可能なコーチというのは、「監督市場の売れ残り」という側面もある。特に計画性もなく解任し、本当に2月頭から探し始めているのだとしたら、「できれば3月の親善試合に間に合わせてほしい」という大仁邦彌会長のリクエストは少々リスキーではないだろうか。

▼急がば回れ
 もちろん、「残り物に福がある」可能性は大いにあるし、イレギュラーな時期だからこそ競争率も低く、思わぬ実力者と契約できる可能性もある。そういう適材と出会えたならば契約すればいいと思うのだが、「始めに3月ありき」で成約を目指すのはリスクが大きいのではないか。「3月の成約を目指して日本サッカー協会は焦っている」と相手に見透かされては交渉力の低下にもつながる。今回の一件で思うところもあるだろう霜田委員長に「3月に間に合わなくても仕方ない」という余裕が与えられているのかどうか気掛かりだ。

 6月にはW杯1次予選も始まるので、3月までに契約を成立させたいという思いは理解できる。ただ、W杯1次予選が暫定監督での試合になってしまうリスクまで踏まえてなお、「焦って契約する」リスクのほうが大きいようにも思うのだ。6月になれば、「監督市場」もオープンになって選択肢もグッと増える。代表監督は焦って決めるような類のものではない。少なくとも現場には、「早く契約しなければ」という過分なプレッシャーが掛かっていないことを願いたい。

川端暁彦(かわばた あきひこ)

1979年、大分県生まれ。2002年から育成年代を 中心とした取材活動を始め、2004年10月に創刊したサッカー専門新聞『エル・ゴラッソ』の創刊事業に参画し、2010年からは3年にわたって編集長を 務めた。2013年8月からフリーランスとしての活動を再開。古巣の『エル・ゴ ラッソ』を始め、『スポーツナビ』『サッカーキング』『月刊ローソンチケット』『フットボールチャンネル』『サッカーマガジンZONE』 『Footballista』などに寄稿。近著『Jの新人』(東邦出版)。

テーマ: アギーレ監督更迭。果たしてその決断をどう見るべきなのか? に関するコラム
J論編集部

J論編集部

川端暁彦  その他のコラム

投票

納得(4票)

@tomofumikeda(IP:182.249.245.138)

仰る通り3月の予選に間に合わせるだけで監督を選ぶ必要性があるのか疑問です。監督によってスタッフ陣が代わるでしょうけど暫定監督で繋げる人材を選べばいいかと。
手倉森さんあたりが現状ベストなのかと思います。

2015年2月11日 11:38

匿名(IP:124.25.231.81)

編集長に賛同いたします。そしてアンダー世代の成績不振を受け育成大方針を再考していると伝えられていますが、代表監督選考はこの点とセットでおこなわれるのが望ましいのではないでしょうか。

2015年2月11日 12:43

匿名(IP:60.39.190.193)

大仁会長は「3月の親善試合は、監督代行で臨む可能性も残っているのでしょうか?」という質問に対して、「なんとしてもそれまでには間に合わせたいと思っていますが、間に合わせ人事はしたくないので、その可能性がゼロとは言えません」と返答しています。
「間に合わせ人事はしたくない」との発言があるのにも関わらず「急ぐな」というのは、協会側が焦っていることを示す情報がライターの方の間にあるということなのでしょうか。
この記事を読んでかえって不安を覚えました。

それから、競争がある場合、スピードも大切だと思います。
シーズン途中で監督を解任するクラブはもちろんあるでしょうし、ある程度実績のある監督なら他のクラブや代表からのオファーもあると思います。
協会側はできるだけ早く正式なオファーをする、そのうえで、監督サイドが時間を必要とするなら3月以降まで待つというくらいでいい気がします。

あと、現在フリーの監督が「残りもの」だとしても、
これから6月までにフリーになる監督は成績不振で解任された監督でしょうし、状況的にはどちらも同じだと思います。
現在クラブや代表の監督で、日本代表のために今の職を辞してくれる当てがある場合以外は、競争に負けるリスクの方が高いと思います。

2015年2月12日 01:07

匿名(IP:153.174.85.12)

「3月の代表戦(テストマッチ)に間に合わす」と言う大仁会長の発言に
それこそ中継するTV局やスポンサー、それらを取り仕切る代理店の意向が透けて見えるんですよねえ
解任の経緯も含めて急ぎ過ぎることに、何もメリットは無いことは協会自体も良く理解ってるだろうに
そんなに急いで決めなきゃいけないは何故か?何を焦っているのか?

2015年2月12日 20:51

異論(1票)

お花畑(IP:49.98.152.50)

方法論に異論があります
6月の監督市場がオープンしたとき監督の供給が増えるのはその通りですが、だからと言って日本が選べる立場にあるかは疑問です
監督が供給されている時期は監督の需要も増えている時期です
言い換えれば欧州等のクラブとの監督契約競争に勝たなければいけない時期です
現実問題、日本代表監督は経済面でもステータス面でも競争出来るだけのものはないと思います
であるならば欧州のシーズンが終わるまで間に監督を契約するほうが日本にとっては戦略的ではないでしょうか

2015年2月12日 23:25

論 アクセス ランキング

  1. 奇妙な試合に消えた浦和レッズ。その敗北が偶然の産物とは思えない 5580PV
  2. J1【浦和vs松本】松本山雅FC 試合後の選手コメント『体を張るということを90分通してやらないといけない』(田中隼磨)+前田・飯田 5343PV
  3. ハリルホジッチと右翼のフットボール 5280PV

論 最新ニュース