この時期に契約できる監督は「売れ残り」。急いては事をし損じる。ここはリスク覚悟で「待ち」の一手では?

ハビエル・アギーレ監督が解任された。アジアカップの早期敗退を巡る引責ではなく、あくまで「八百長疑惑」による日本代表チームへの悪影響を懸念しての交代だった。果たしてこの決断はどう見るべきなのか。今週の『J論』では複数の識者があらためてこの問題に切り込む。今回は「候補目白押し(?)」の後任人事をめぐる問題について、川端暁彦が語る。

RANKING

タグマ! RANKING

    RECOMMEND

      Facebook