[J論] - これを読めばJが見える

論ニュース日本サッカー関連ニュースを分かりやすく解説

【審判批評】熊本vsC大阪で起きた『相手競技者を押さえる、引っぱる、または押す反則』を解説する

2016 07/06  09:04

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、タグマ!に掲載されているJリーグクラブ有料記事を全文掲載させていただいておりますこの企画。
今回は審判批評を中心としたWEBマガジン「石井紘人のFootball Referee Journal」からロアッソ熊本×セレッソ大阪戦に関する記事になります。



【無料記事】ロアッソ熊本×セレッソ大阪戦でも『相手競技者を押さえる、引っぱる、または押す反則』のケース石井紘人のFootball Referee Journal
2016年07月04日更新



昨日行われたJ2第21節ロアッソ熊本×セレッソ大阪戦でも、新ルールに該当するシーンが起きた。25分、左サイドでボールを受けたリカルド・サントスが、アプローチに来た薗田淳と上手く入れ替わり、PA内に進入。たまらず園田は、腕を出して止める。当然、窪田陽輔主審はPKの笛を吹く。

そして、『相手競技者を押さえる、引っぱる、または押す反則』だったため、PA内の【得点の機会阻止】でもレッドカードを掲出する。しっかりと競技規則の改正が適用された。



詳しくは『槙野智章の一発退場』から新ルールを解説する(福岡vs浦和)をご覧下さい。



石井紘人のFootball Referee Journal」ではこのほかにも下記の記事などを掲載中です。


【無料記事/EURO2016ラウンド16審判批評ハイライト】ピエルルイジ・コッリーナのメッセージが伝わる
http://www.targma.jp/fbrj/2016/07/04/post6212/

【中国の審判団のレベルとは?】U-23日本代表×U-23南アフリカ代表 フー・ミン審判批評
http://www.targma.jp/fbrj/2016/06/30/post6208/

【審判批評ルール解説】南アフリカ戦でU-23日本代表の亀川がとられたハンドリングとは?
http://www.targma.jp/fbrj/2016/06/30/post6206/

J論 最新テーマ: 【J開幕特集・改革元年前夜】 に関するコラム

投票

ロアッソ熊本×セレッソ大阪戦について(1票)

KP(IP:126.247.86.25)

まあ妥当だと思います。
倒され方が上手かったのは確かだけど
リカルドの体が前に来てますし

2016年7月 6日 09:31

Football Referee Journalについて(0票)

論 最新ニュース