[J論] - これを読めばJが見える

論ニュース日本サッカー関連ニュースを分かりやすく解説

【審判批評】鹿島アントラーズ×ガンバ大阪戦視察のプレミアリーグのRay OLIVER氏「主審も選手のレベルもプレミアと変わらない」

2016 07/10  12:35

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、タグマ!に掲載されているJリーグクラブ有料記事を全文掲載させていただいておりますこの企画。
今回は審判批評を中心としたWEBマガジン「石井紘人のFootball Referee Journal」から審判ブリーフィング「JFA審判委員会~Jリーグ2016シーズン前半戦を振り返って」に関する記事になります。



【無料記事】鹿島アントラーズ×ガンバ大阪戦視察のプレミアリーグのRay OLIVER氏「主審も選手のレベルもプレミアと変わらない」石井紘人のFootball Referee Journal
2016年07月08日更新

本日、JFA(日本サッカー協会)ハウスにて審判ブリーフィング「JFA審判委員会~Jリーグ2016シーズン前半戦を振り返って」が開催された。

20160708_151100-640x480.jpg

20160708_151330-640x480_2.jpg

20160708_151522-640x480_3.jpg

まず初めにデータを開示したうえでの説明が行われ、その後でファーストステージやJ2前半戦で起きた判定を上川徹JFA審判副委員長・トップレフェリーグループシニアマネジャーが映像を元に振り返った。その中では、審判団のミスジャッジについても言及し、さらには妥当な判定でもポジショニングに問題があれば指摘し、改善を約束した。ちなみに、先日の二つの【得点、または、決定的な得点の機会の阻止】について「正しい判定」との見解も示した。

続いてプレミアリーグやフットボールリーグなどの審判に関する独立組織「Professional Game Match Officials Limited (PGMOL)」に所属しているRay Oliver氏がイングランドのプロレフェリー活動内容とともに、イングランドサッカー協会、プレミアリーグ、フットボールリーグが出資して2001年に設立したPGMOLについて説明した。ブリーフィング後、Ray Oliver氏には「モウリーニョ監督の審判批判への対応は?」「Jリーグを観た感想は?」などを訊いた。今回のブリーフィングはボリューム盛りだくさんだったので、数回に分けて隔週レポートにてアップしたい。まずは今週分を遅らせた来週月曜日にJリーグ前半戦のジャッジについて更新します。



石井紘人のFootball Referee Journal」ではこのほかにも下記の記事などを掲載中です。


【無料記事/EURO2016ラウンド16審判批評ハイライト】ピエルルイジ・コッリーナのメッセージが伝わる
http://www.targma.jp/fbrj/2016/07/04/post6212/

【無料記事】ロアッソ熊本×セレッソ大阪戦でも『相手競技者を押さえる、引っぱる、または押す反則』のケース
http://www.targma.jp/fbrj/2016/07/04/post6210/

【中国の審判団のレベルとは?】U-23日本代表×U-23南アフリカ代表 フー・ミン審判批評
http://www.targma.jp/fbrj/2016/06/30/post6208/

J論 最新テーマ: シリーズ『Jアイドル』 に関するコラム

投票

審判ブリーフィングについて(0票)

Football Referee Journalについて(0票)

論 最新ニュース