[J論] - これを読めばJが見える

論 時事蹴論時事ネタ一発蹴り

kawabatashimizuoosimanakanokawajitsuchiyanaitowatanabegotosimozonogelandohiranotakisuzukijunkamiyasatomadokakatamura55nakakuraitagakinonakagunzifujiijronmatsumototakenakaishii

審判批評家・石井紘人

2016 07/02  22:53

【石井紘人の審判批評】『槙野智章の一発退場』から新ルールを解説する(福岡vs浦和)

J1セカンドステージ第1節、アビスパ福岡×浦和レッズ戦で掲出されたレッドカードに疑問の声があがっているようだ。


そのシーンとは前半22分、ディフェンスラインの裏に抜けたボールに金森健志と、ワンテンポ遅れて槙野智章が反応。槙野のコースの前に入り、トラップして加速しようとした金森の肩に、槙野が両手をかける。さらに、槙野の足はトリップするような恰好にもなり、金森を倒してしまう。池内明彦主審は、その接触をしっかりとした角度と距離から見極め、迷わずPKの笛を吹く。そして、槙野は【得点の機会阻止】で一発退場となる。この判定に対し、「あれ?新ルールでは、PA内での【得点の機会阻止】って警告になったのでは?」という声があがっている。

では、この判定をLaws of the game(サッカー競技規則)2016/2017と共に振り返ってみたい。


「得点、または、決定的な得点の機会の阻止」の考慮については「J3大阪ダービー、2枚のレッドカードをサッカー競技規則から考える」をご覧頂くとして、新ルールでは
「競技者が自分のペナルティーエリア内で相手競技者に対して反則を犯し、相手競技者の決定的な得点の機会を阻止し、主審がペナルティーキックを与えた場合、反則を犯した競技者は、次の場合を除き警告される」
とされた。

この「次の場合を除き警告される」を見落とした方が、「ペナルティーエリア内での得点の機会阻止は警告のみ」と勘違いしてしまったのだろう。だが実際には、


・相手競技者を押さえる、引っぱる、または押す反則の場合

・反則を犯した競技者がボールをプレーしようとしていない、または、その競技者がボールに挑む可能性がない

・反則がフィールド上のどこであってもレッドカードで罰せられるものであるとき(例えば、"著しく不正なプレー""乱暴な行為"など)

・得点の機会阻止につながるハンドリング"


は退場となる。槙野が退場になったのは、「相手競技者を押さえる、引っぱる、または押す反則」で「得点の機会阻止」をしたからである(そもそも槙野のファウルが得点の機会阻止が適用されるかはこちらを)。


新ルールを分かりやすく言うと、一生懸命プレーするなかで起きてしまったペナルティーエリア内での得点の機会阻止に該当するファウルは警告
というものだと思う。手を使ったファウルや著しく不正なプレーは一生懸命プレーする中での接触ではない。一方で、相手オフェンスのスルーパスに反応したGKが鼻先で交わされてしまい、相手競技者をひっかけてしまったようなファウルは、一生懸命プレーするなかでのファウルといえる(状況にもよるが)。


日本サッカー協会の小川佳実審判委員会委員長も「2016/2017 競技規則改正 記者説明会」にて
「(ペナルティーエリア内における決定的な得点の機会の阻止の変更で)GKはより積極的にボールにプレーできるようになります。今までは、GKは引っかけてしまって得点の機会阻止で退場になるリスクを考えなければいけなかった。ですが、今回のルール改正で、躊躇せずにボールにいけるようになります」
とアナウンスしていた。


新ルールを考えると、槙野が手でとめにいくのではなく、GK西川周作にプレーさせる判断をさせるべきだったと思う。
(了)


石井紘人 Hayato Ishii

ベストセラーとなった『足指をまげるだけで腰痛は治る!』(ぴあ)に続き、サッカーに特化し、『SOCCER KOZO』(ガイドワークス)編集部と作った『足ゆび力 つま先を使うだけで一生健康でいられる』が絶賛発売中。また、審判批評に特化したFootBall Referee Journalも運営。ご意見やご感想はツイッター:@FBRJ_JPまで。

審判批評家・石井紘人  その他のコラム

投票

納得(2票)

匿名(IP:182.250.250.235)

勝ったからよし◎

2016年7月 2日 23:28

Mickey(IP:188.143.232.27)

31rYirhs,Cou’3e overreacting like Mosin.The site will be better off without people body slamming each other in the comments every day. This includes the Yankees vs. True Southrons stuff on both sides. Most of that stuff is unnecessary and too strong even for our target audience. It needs to be taken down a notch or two.

2016年8月23日 09:13

異論(0票)

論 アクセス ランキング

論 最新ニュース